仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)投資初心者におすすめの始め方や指針

 
校長
校長

当サイトは、仮想通貨(暗号資産)投資の初心者が目的に合った運用するための投資戦略や指針も含めてお伝えしているメディアです。

また、ブロックチェーンプロジェクトと投資家を繋げるメディアでもあり、有望ブロックチェーンの特徴や仕組みも解説しています。

ビットコインやアルトコイン投資で財を成すための判断材料や投資指針として役立てて下さい♪

 

仮想通貨(ビットコイン)投資を始める前に知っておきたい2つのおすすめ指針・仕組み・今後の将来性

個々の置かれている状況下で仮想通貨投資を行う前に相場という厳しい世界に足を踏み入れる時に、常に念頭に置きたい初心者に必須の2つの指針があります。それが…

  1. 小さな保有量で大きな動きを捉える
  2. 大きな保有量で小さな動きを捉える

つまり、人には向き不向きがあり「自身の性格や願望・投資目的・指針に合致した運用方法を選ばないと自滅する厳しい世界」ということです。

チャートの向こう側には常に人がいてお互いの心理を加味する冷静さも大切です。資金管理ができない段階で①②の逆パターンを行うと、以下の様な高いリスクを伴うことになります。

  • 小さな保有量で小さな動きを捉える→トータルで勝てない
  • 大きな保有量で大きな動きを捉える→損失のほうが大きくなり取り返すまでの労力が増える

上記の失敗を起こさないためにも、下記にて紹介する「仮想通貨(暗号資産)投資の始め方とロードマップ」も参考に、日々アンテナを張り自分自身をアップデートする向上心を持って取り組むようにしましょう!

 

仮想通貨(暗号資産)投資を始める前に知っておきたいブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンとは「複数の情報がひと繋ぎで連結されたチェーン」のことを指しています。全ての口座や取引履歴が全世界すべての人が閲覧でき改ざんやデータ破壊も困難な画期的な仕組みです。

このブロックチェーンは、複数の情報を同時に得られる「分散型台帳」という仕組みを採用しており、21世紀を代表する技術・会計システムでありセキュリティ耐性も高いです。

世界に存在するシステムは管理者が存在する中央集権の仕組みが採用されています。ブロックチェーンは分散型自立システムだから管理者不在で中央集権よりも精度の高い取引ができるため多くの企業に注目されている技術なのです。

校長
校長
日本を代表する企業のソニーの元代表を筆頭とする国内のブロックチェーンプロジェクトも有ります。

アルトコインとは」で紹介する「JasmyCoin(ジャスミーコイン)」と呼ばれるプロジェクトで、世界中の取引所に上場を果たし国内取引所にも上場を果たしています。

 

仮想通貨の代名詞ビットコイン(Bitcoin)とは?今後の将来性を解説!

 

暗号資産の代名詞でもあるビットコイン(Bitcoin)とは、法定通貨とは異なる「途上国や先進国の格差をなくし世界中人々が平等に信頼して使える事を目指している仮想空間の通貨」です。

校長
校長
仮想通貨の代名詞でもあるビットコインは、日本一の株式銘柄「トヨタ」の3.7倍となる122兆円規模の時価総額を誇る主要銘柄であり、アルトコインと比較しても信頼性が高いです。

米国ではビットコイン先物連動型のETFが証券取引所に上場を果たし、より信頼性が高く安全な場所で仮想通貨購入できる仕組みが出来上がってきています。

あなた日常的に使っているAppleやGoogleの株式購入するのと同様に、ビットコインを証券取引所で購入できます。またトヨタやソニーなどの日本を代表する企業もブロックチェーン技術

「ビットコインは怪しい…」と思うなら「ブロックチェーンの仕組み」から非中央集権の自律システムのロジックがあなたの生活にどのように活かせるか考えてみると面白いです。

教頭
教頭

例えるなら、銀行や組織の従業員は不要だから固定費が削減され、ゲーマーはお金を貰いながらスキルを磨き、企業はセキュリティに掛けるコストも不要になる…

人がより自分らしく生きられる世界を創ることができる技術であり、人間の社畜化を防ぎ自律した組織やコミュニティを選んで属することができる。

これら全てがすでに現実化できることで、世の中の根本的な仕組みを覆す力があるからこそ各国はデジタル法定通貨の整備を急ピッチで進められていると言えますね。

校長
校長

中米のエルサルバドルでは、価値が不安定だった自国通貨の「コロン」を2001年に捨て米ドルを法定通貨にしましたがビットコインも2021年9月7日から法定通貨として認められています。

インフラや大衆の理解が追いついていない事も含めてまだまだ整備が必要な領域ではありますが、20年後には標準化されている仕組みでワンダフルです♪

 

【参考コンテンツ】仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の特徴や仕組み|始め方や取引所の選び方!
仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の特徴や仕組み|始め方や取引所の選び方!ビットコイン(Bitcoin)仮想通貨の価格高騰を受け、日本円建てのBTCでは高値で600万円に超え活気に満ち溢れています。 20...

 

仮想通貨(暗号資産)投資の始め方とロードマップ

仮想通貨投資のロードマップ

仮想通貨(暗号資産)を始める前に知っておきたいロードマップが上記にまとめている流れです。ステージ1から5までの構成になっています。

自分で経験しながら体得していく流れになっており、現実から非日常の未来を切り開き富を築くまでの流れを作ることができます。

小銭から札束が飛び交う世界へとレベルを上げていき、あなたの資産運用の一つの選択肢として活用してみて下さい。

 

マイニング(Mining)とは

マイニング(Mining)とは、日本語略で「採掘」と呼ばれる仮想通貨取引のデータを承認する作業のことを指しています。

作業はクラウド状やPCなどのコンピューターが処理し、作業報酬(マイニング報酬)として承認作業を行った仮想通貨銘柄で支払われます。

マイニングは電気代の安い地域で行われており、ロシア・中国・アメリカなど安価な電力で稼働できる地域で稼働しています。日本でも自宅PCでマイニングも可能です。

教頭
教頭
しかし「ビットコイン半減期」の影響により現状は、自宅PCでのマイニングでは採算が合わないことがほとんどです。クラウドマイニングやマイニングシティなどのプロジェクトに参加してみる現地視察もできるため面白いです。

 

仮想通貨の現物投資取引やステーキングとは

取引名称特徴
現物取引
  • 所持している資産のみで売買できる取引
  • 値上がり益のみを狙う買い方
ステーキング
  • 保有しているだけで報酬が得られる仕組み
  • 配当受取日まで資産をロックされる

 

上記にもまとめていますが、現物取引とは「所持している資産で売買できる取引」のことを指します。また、ステーキングとは現物資産保有することで報酬が得られる仕組みです。

両者ともに自己資本比率がモノを言う世界であり、少額資産で大きく稼ぐためのキッカケとなるスタンダードな取引方法となっています。

現物取引は長期投資で保有することが前提になるため、価格変動にリスクのみで保有できるため誰でもこのステージまでは進むことができます。

教頭
教頭
仮想通貨投資における現物取引は、資産の一部を長期保有(ガチホ)で所有し暴騰タイミング等で利益確定するなどのやり方が一般的です。

 

アルトコイン・レバレッジトークンとは

アルトコイン名称
(シンボル)
特徴
イーサリアム・Ethereum
(ETH)
  • 半減期なし
  • スマートコントラクト(自動契約技術)
  • PoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)
  • 分散型アプリケーション開発(DApps機能)
ソラナ・Solana
(SOL)
  • 高速処理と安価な処理コスト
  • 分散型アプリケーション開発(DApps機能)
  • レイヤー1で完結できるシステム
  • 相互運用性能
アバランチ・Avalanche
(AVAX)
  • Ethereumとの相互性がある
  • DeFi似特化したパブリックブロックチェーン
  • Ethereumの300倍程度の高い処理能力
エイダコイン・Cardano
(ADA)
  • スマートコントラクト(自動契約技術)
  • BLISS署名
  • コンセンサスアルゴリズム
スワイプ・Swipe
(SXP)
  • 銀行口座から仮想通貨購入・決済可能なトークン
  • 仮想通貨ウォレット
  • VISAカードのプラットフォーム
ポルカドット・Polkadot
(DOT)
  • WEB3.0実現を目的にしたプロジェクト
  • 分散型アプリケーション開発(DApps機能)
  • 相互運用性能
  • パラチェーンによるスケーラビリティ問題解決
ジャスミーコイン・JasmyCoin
(JASMY)
  • IoTプラットフォーム
  • 自身の個人情報の分散管理機能
  • 個人情報の適切な受渡し
シンボル・Symbol
(XYM)
  • ハイブリッド型ブロックチェーン
  • エンタープライズ向けの機能満載
  • セキュリティ耐性が強く処理能力が高い
  • 複数レイヤーのマルチシグネチャ

 

上記にもまとめているのは有望なアルトコインの一部です。アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨のことを指し世界で数万プロジェクトがあると言われています。

アルトコインの中でも現状価値の低いトークン(銘柄)のことを「草コイン」と呼び、将来的に価値を見越した長期投資の対象として投資するケースが多いです。

ビットコインよりも後にできたプロジェクトばかりのため、価格が価値に見合っていないプロジェクトも多く現物投資だけでも多くに利益を望める投資方法でもあり人気です。

校長
校長

アルトコインはとても大きな可能性を秘めており、ポートフェリオの一部を現物で有望銘柄に充てると面白いです。

短期売買で稼ぎながら長期でも手堅く稼ぐ礎を築いていきましょう!

爆発力の高い草コイン探し方や有望アルトコインの分散投資のやり方」についてはこちらを参考にして下さい。

教頭
教頭

レバレッジトークン」とは、レバレッジ機能を標準的に備えた現物仮想通貨の別名です。

海外取引所で多く取引されている銘柄で、標準で2~5倍程度のレバレッジが備わっており、精算リスクのない取引を行えるのが最大の特徴です。

 

仮想通貨ビットコインFXとは

取引名称特徴
現物取引
  • 所持している資産のみで売買できる取引
  • 値上がり益のみを狙う買い方
  • 売りポジション(空売り)はできない
レバレッジ(先物)取引
  • 担保として預けた資産を証拠金として何十倍もの信用取引ができる
  • ロスカット(証拠金精算)のリスクがある
  • 買い(ロング)・売り(ショート)ポジションの保有が可能
  • スワップ金利が貰える

 

高いボラティリティが特徴の仮想通貨の醍醐味を使って効率的に稼ぐ手法が「FXと呼ばれる証拠金取引」です。

国内取引所では2倍のレバレッジ規制が掛かっており、それ以上の倍率を求める場合やアルトコイン銘柄におけるレバレッジ取引をしたい場合には海外取引所が主流となっています。

レバレッジを使うことで高いリスクを兼ね備えるため「ビットコイン投資の資金管理手法5選」も参考に、運用すると破産することなく運用できるかと思います。

 

 

仮想通貨のイールドファーミングとは

取引名称特徴
ステーキング
  • 保有しているだけで報酬が得られる仕組み
  • 配当受取日まで資産をロックされる
ファーミング
  • DeやDeFi取引所に仮想通貨を預けて新しいトークンを獲得する仕組み
  • 価格変動リスクに晒す代わりに新たなトークンを稼げる
  • DEX取引所を使いこなす知識と経験が必須
  • 高配当の商品が多い

 

上記にもまとめていますが、イールドファーミングとは「所持している現物仮想通貨をDEXやDeFi取引所に流動性提供する見返りに新しいトークンを配当として獲得できる仕組み」です。

高配当のプロダクト(商品)が多く、ソフトウェアウォレットを使いこなせれば複利運用で稼ぐことができるためDeFi界隈でブームになっています。

しかしながら、初心者には難易度が高く仮想通貨のロストを引き起こすきっかけになるケースも多発しておりしっかりとした知見と経験を積んでから利用するようにしましょう!

 

 

仮想通貨(暗号資産)の国内と海外取引所の違い

取引所の場所特徴
国内
  • 金融庁に登録された取引所で取引できる
  • 日本国内のレバレッジ規制に従い2倍の倍率まで証拠金取引可
  • 10~20種類のアルトコイン取引ができる
海外
  • 国外の金融機関に登録された取引所で取引できる
  • 登録地域の規制に従い100倍以上の証拠金取引ができる
  • 数百~数千銘柄のアルトコイン投資ができる
  • 高い流動性の取引所で約定力の高いシステムを利用できる
  • リアルタイムの建玉情報や動向などのデーターを無料で閲覧できる
  • 高配当のステーキングプロダクトなどが豊富

仮想通貨(暗号資産)取引所は「国内」と「海外」の両方とも存在しています。国内外の明確な相違点として「アルトコインの取り扱い銘柄数の圧倒的な違い」や「レバレッジ倍率の高さ」などが挙げられます。

日本国内でも昨今はアルトコイン銘柄も豊富に取り扱いされ始め、日本人投資家の誰でも簡単にアルトコインやビットコイン投資を始められる環境が整ってきました。

海外取引所は、日本国内のレバレッジ規制に縛られないためより高い資金効率で取引ができます。また、高配当のステーキングプロダクトも豊富で稼ぐチャンスが驚愕するほど広がります!

校長
校長

国内金融庁の許認可を得ている機関を使って取引する安心感は国内取引所の最大の利用メリットでもありますが、販売所で購入することは避けて下さい。

強烈に高い手数料で仮想通貨を購入することになるため、十分注意が必要です。また、国外の取引所を利用する時はリスクを充分に確認した上で取引するようにしましょう!

 

仮想通貨投資のロードマップに沿ったおすすめの取引所

 

校長
校長
通常、利用目的に合わせて取引所を使い分けて資産運用することになります。ビットコインFXでは更に選択肢が増えるため、上から順に取引先を選別して行こう!

 

まとめ

 

当サイトでは、仮想通貨投資初心者が上級者になるまでに必要な「ノウハウやブロックチェーンプロジェクトの解説・取引所の使い方」など幅広く取り扱いしています。

テクニカル分析や今後の将来性なども含めてお伝えしていくのでご自身の資産運用に役立てていただければ幸いです。

ブロックチェーンには世界を変える力があり、仮想通貨には世界中の人々が平等に資産を築き自分らしい生活を創ることができる画期的な技術であり仕組みです。

日本に生まれているだけで勝ち組のあなたが、さらなる高みを目指して仮想通貨取引で財を成し幸せに生活できる日が訪れることを心から祈っています。

さあ!あなたの仮想通貨投資という可能性に満ちた扉を今すぐ開こう!

 

仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)投資初心者におすすめの始め方や指針」のTOPに戻る!

 

仮想通貨ニュースなどの新着コンテンツ

仮想通貨ビットコインFXの空売り(ショート)とは?仕組み・やり方・手数料!仮想通貨取引における証拠金取引(FX)では、預けている証拠金を担保にして「レバレッジ」を掛けた保有資産以上の信用取引が行えます。 ...
仮想通貨ビットコインの先物取引とは?仕組み・やり方・日本人向けの取引所ビットコインFXの醍醐味を丸ごと堪能できる「仮想通貨先物取引」は世界中で多くの億り人を輩出している商品でもあり突き抜けた成功を手に入れる...
Solana(ソラナ・SOL)仮想通貨の仕組みや取引所!ステーキングや今後の将来性ソラナ(Solana)プロジェクトは「イーサリアムキラー」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを備えた分散型パブリックブロックチェーンプラ...
MEXC Global取引所Launchpad(ローンチパッド)|MX保有でトークンセール参加草コイン発掘能力の高い「MEXC Global取引所」では、トークンセールスに似たお得に上場トークン購入できるシステムが導入されています...

新着コンテンツをもっと見る