仮想(暗号)通貨ニュース

仮想暗号通貨Bitcoin(ビットコイン)半減期とは?過去から未来の予定日一覧

仮想通貨(暗号通貨)であるBitcoinの価値でも有る「値上がり」や「値下がり」大きく関係するイベントが差し迫っています。

マイニング事業者(マイナー)は特に「採掘で得られる報酬が半減する」ので事業が成り立たなくなるという可能性もあり、どのような価格推移で暗号通貨が成長を遂げていくのか注目が集まっているのです!

今回は、21世紀史上類を見ない成長を遂げている次回で4回目の「暗号通貨(Bitcoin)のブロック半減期が与える市場価値への影響」について考察も交えてお伝えしていきます。

2020年5月の3回目の半減期が終了し、コロナで世界経済が苦境にある中で「新しいものが」どのように真価を認められていくか?を目撃する証人の一人にあなたもなるのですよ♪

 

2020年9月10日 19時~2020年9月25日 19時迄 BYBITキャンペーン実施中! BYBIT取引所の5BTC+ボーナス引換券プレゼントキャンペーン開催中♪
  1. BYIT取引所登録
  2. 得点センターページで「参加コード:5BTCDRAW(大文字)」入力
  3. 「引き換え」ボタンをクリック
  4. BYBIT取引所で1回以上の取引
世界一キャンペーン豊富でチャートも使いやすく約定力も高い取引所ですよ♪  

【解りやすく!】仮想通貨(暗号通貨)半減期とは?

暗号通貨の半減期とは「新しいコインの発行率を減らす」ことを指します。

そして合計で32回の半減期が発生するように決まっており、以降はビットコイン半減期はなくなり最大発行枚数の2100万枚が発行されることになるのです。

正確には210,000ブロック進む毎に「半減期」が来るようになっています。

仮想通貨の最大発行枚数はビットコインであれば「2100万BTC」と決まっていて、実質的に無限に発行することができる法定通貨とは違う異なる性質があり「需要と供給のバランスの取り方も異なっている」のです。

仮想通貨の性質は「地金」からヒントを得ており、絶対数が決まっているから価値がある通貨なのです。

地金連動の仮想通貨も実在しています
金相場連動仮想通貨!テザーゴールド(Tether Gold/XAUT)の買い方や取引所!コロナショックによる経済停滞が続く中、ひときは上昇を続けている資産の「金」が安定した保有価値が有ることから現物資産として広く再認識されて...
金相場連動の仮想通貨PAXG/パクソスゴールド(Paxos Gold)の特徴と取引所米ドル連動の「Paxos Standard(パクソススタンダード)」の発行しているパクソスが提供している金相場に連動したステーブルコイン...

 

半減期を取り入れることで暗号通貨のインフレによる価値の下落を防止する事ができる新しい通貨ということです♪

 

暗号通貨の半減期とマイナーとの相関関係

仮想通貨の成り立ちの裏側では「マイナー」と呼ばれるブロックチェーンの採掘により「ブロックチェーンの発見・検証」によって新しいコインが生む存在にブロックの採掘に対する報酬を支払っています。

半減期によりブロック報酬が半減することにより採算の合わないマイナーは「マイニング事業から撤退」する業者が増加してきます。

するとマイナーの数が激減するので必然的に「採掘難易度が下がり」止まることができたマイナーのマイニング収益は増加するため暗号通貨は予定通りの成長を遂げることができるという計画なのです。

「既存マイナー」への採掘報酬が激減するというダメージもありますが「供給量を減らすことで需要が高まり暗号通貨の価値を上昇させる」イベントになっているのです!

 

仮想通貨(暗号通貨)半減期の価格

では早速半減期も乗り越えながら爆発的な成長を遂げてきた暗号通貨のマイニング報酬の推移やBitcoinなどを見ていきましょう♪

 

Bitcoin(ビットコイン)仮想通貨半減期マイニング報酬推移

半減期 ブロック数 ブロック報酬(BTC)
0 0 50
1 210,000 25
2 420,000 12.5
3 630,000 6.25
4 840,000 3.125
5 1,050,000 1.5625

マイナーへのブロック報酬が半減するということは、ビットコインの価格が最低でも倍にならないと採算が合わなくなるという意味でもあり、下手すれば暗号通貨という名の文字通り「暗号のみの紙くず」になる可能性も秘めているのです。

 

Bitcoin(ビットコイン)仮想通貨半減期の日程市場価格

半減期 日程 直近価格(ドル)
0
1 2012.11.28 12.50
2 2016.7.9 652.78
3 2020.5.12 8722.77
4 2024年 推定90,000
5 2028年 推定1,000,000

世界中が法定通貨の暗号化を図ろうとしている流れからも、ここで暗号通貨が消えてなくなるということは考えにくく、同程度の資産価値の上昇を遂げていくというのが理にかなった考え方と言えるのです。

「4回目の半減期となる2024年の頃には100万ドルには達するのではないではないか」と言う現実も有り得る話なのです。

暗号通貨投資のファーストステップはこちら
bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録・新規取引の使い方日本で一番仮想通貨の取引量が多く使いやすい取引所でもあるbitFlyer(ビットフライヤー)は初心者の方も簡単に利用できながら仮想通貨 ...

 

3回目のBitcoin(ビットコイン)半減期の市場反響と口コミ

 

今回のbtcみたいに半減期後に下げずに上がり続けてるというイレギュラーが

 

ビットコインの法則半減期の翌年は1桁増える

 

大本命ビットコイン

 

半減期という久々の疑いようの無いファンダ

 

仮想通貨界隈で勉強になった最大の言葉

 

ドルコスト法で毎日ビットコイン1万円購入

 

まだまだとんでもない世界の資金流入を確信してる

 

 

まとめ

 

今回は「暗号通貨の半減期が市場に与える影響」についてお伝えしてきました。

ここまでお伝えしていた通り、暗号通貨は法定通貨とは異なる「異質の通貨」であり、発行枚数にも限度があるので物理的限界のない法定通貨とは違う成長過程があることが把握できたかと思います。

そして半減期が地上に与える影響は、良くも悪くも次の時代の「成功者」を生み出すきっかけでもあり暗号通貨と言う新しい価値が世に受け入れられる瞬間でもあります。

私たちは実際にこの目で「暗号通貨の成長過程」の目撃者となり「令和・億万長者」を多数輩出するであろう瞬間に生きているのです!

この瞬間をただ傍観して「これまで通りの生活を続ける」か「現実に適応する」かを幸いにも選択することができるのです。

あなたはどちらを選びますか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です