ICO・IEO仮想通貨

仮想通貨ガクトコインとは?スピンドル暴落した理由や大損文春報道まとめ

仮想通貨のスピンドルはタレントでもあり実業家としても活躍している私も大ファンの「GACKT(ガクト) 」さんがプロジェクトメンバーに入っていることもうあり投資家以外からも大きく注目を集めていました。

今回は週刊文集で報じられた疑惑からも謎の多い「ガクトコインと呼ばれる仮想通貨スピンドル(SPD)とは?」や「ガクトコイン(スピンドル)が暴落して大損してしまった理由」や「ガクトコイン(スピンドル)の現在」などについてお伝えしていきたいと思います。

何が起こるかわからない ICO 案件で220億円の資金調達に成功しているスピンドルについての知見の参考にしてください♪

 

ガクトコインの仮想通貨スピンドル(SPD)とは?

「ガクトコイン」と呼ばれている仮想通貨のスピンドル(SPD)プロジェクトは、SPAアプリを使用して、世界中の仮想通貨ヘッジファンドに投資できる「ZETA」プラットフォームの開発が目的となっていました。

「ガクトコイン」と呼ばれる理由は「スピンドル プロジェクト」にGACKT さんがプロジェクトメンバーとして携わっているからというシンプルな理由です。

投資と資産管理を通じてより多くの人々が豊かな生活を享受できるようにし、中央集権的な権限に基づく従来の搾取的な社会構造から自由になることを目指しているガクトさんらしいビジョンのある仮想通貨でもあります。

 

ガクトコイン(スピンドル)の特徴

通貨名称 SPINDLE(スピンドル)
通貨単位 SPD
プラットフォーム Ethereum(イーサリアム)
タイプ ECR20
ソースコード
ホワイトペーパー
創設者情報
ICOステータス 開始日時:2018年5月9日 終了日:2018年5月19日

 

ガクトコイン(スピンドル)の ICO 価格と現在価格・チャート

上記チャートは、2018年5月31日から2020年4月4日までのスピンドル相場のチャートとなります。

2018年5月31日に最高値となる「0.04047041ドル」を付け、2020年4月4日現在の価格は「0.00005618ドル」となり一番取引量が多い仮想通貨取引所が「YoBit.net」となっています。

2018年の5月30日から5月31日にかけて最高値となる価格となっていましたがそこからは下降の一途をたどっているのが現状となっています。

ICO 価格
現在価格 $ 0.00005632
¥0.006126 JPY (-14.38%)
(2020年4月4日現在)
最高値 $ 0.04047041
時価総額ランキング 1264位(2020年4月4日現在)
時価総額 ¥20,959,547 JPY(2020年4月4日現在)
発行上限 10,000,000,000 SPD
発行枚数 3,421,564,890 SPD(2020年4月4日現在)

 

【仮想通貨授業】ICO・IEOの仕組みとは?購入方法やおすすめ取引所仮想通貨やブロックブロックチェーンに関連している話題は今は本当に多いですよね! IEOやIPOは投資が成功するとん大きな利益をもた...

 

ガクトコイン(スピンドル)の取り扱い仮想通貨取引所のヨービット(YoBit)の解説

名称 YoBit(ヨービット)
仮想通貨の種類 1350種類
通貨ペア 6,126通貨ペア
取引手数料 0.2%
日本語対応
スマホアプリ

ヨービット(YoBit)取引所では仮想通貨をかけるゲーム「DICE」や融資仲介サービスの「InvestBox」や無料でコインを獲得することができる「FreeCoins」などの世界中の仮想通貨取引所と比較しても珍しいサービスを提供している仮想通貨取引所でもあります。

世界有数の取り扱い仮想通貨数を誇りIEO 案件なども多く醸造させている仮想通貨取引所でもあるので仮想通貨取引を行っている初心者から上級者の方までおすすめすることができる仮想通貨取引所となっています。

 

ガクトコイン(スピンドル)について週刊文春が報じた疑惑

 

週刊文春が報じた GACKT さん絵のスピンドルの違法な営業を行っているというふうに報じられていたそうです。

実際に 私もYouTube で聞いてみて、GACKT さんがアセットコインについての価値をどれだけ日本人の方が見出せるかということに触れてはいましたが、プロジェクトメンバーとしての一つの意見として話をしているだけという印象なので「GACKT さんに問題はない」と思います。

ガクトコイン(スピンドル)に関しての GACKT さんの立ち位置としては「アジア戦略アドバイザー」という立場でスピンドルのプロジェクトメンバーとして関わっております。

ですが、実質的には的なインフルエンサーでもありグローバルな実業家でもあるのでメインの広告塔として携わっていたと言うのが現実のようです。

「GACKT さんはあくまでもスピンドルの広告塔として役割を果たしていた」ということですね。

それよりもICO 自体が崩れやすい性質がありどのような方向に進むかもわからずリスクが高いものであることは承知の事実ではあります。

【2020年有望目利き一覧】取引所で今後爆上げ期待のおすすめ草コイン草コインの種類は世界で1500種類以上あると言われていますが毎日増え続けているのでどんなコインが出てきているのか把握しきれませんよね。 ...

 

ガクトコイン(スピンドル)が暴落大損した理由と売れない理由

 

スピンドルが売れない理由として「Yahoo ニュース」でも取り上げられていた内容が GACKT さんがはい使用参入にあたってくんだと見られる利用者は以前に行政処分をされていたことが判明し、事業者側に問題があるという風に触れられています。

この一連の流れからして運営会社である事業者が知名度のある GACKT さんの名前を利用して投資家からスピンドルの資金を調達しようとしていたという見方が正しいのではないか?と思われます。

そして何よりも気になる点が運営元となる法人事業者が暗号通貨交換事業者の一覧にも、登録準備リストにも入っておらず、挙句の果てに「スピンドル」自体の商標登録の申請も行われていないという事実です。

これらのことを総合的に考慮すると、GACKT さんは逆に被害者と言っても良いレベルで騙された可能性もあると思われます。

そして「スピンドル」が売れない理由、暴落した理由の根源にはこれらの一連の問題が関連しているのではないかと推測されます。

 

まとめ

 

今回は「ガクトコインと呼ばれるスピンドルとは?」や「ガクトコインが暴落して大損してしまった理由」「GACKT コイン(スピンドル)のチャートや現在価格」などについてお伝えしてきました。

運営者である私自身が GACKT さんの大ファンであるということが前提にありますが、暗号資産のことで GACKT さんに対して様々な疑惑などが浮上していますが「ガクトコインスピンドルが暴落大損した理由と売れない理由」でも紹介している通り「ガクトさんへの疑惑の根源は GACKT さんではないところにある」言う風に解釈しています。

ICO 案件ではどうしても性質上不安定なものでありビジョンやアイディアがなどが良くても暗号資産をメジャー通貨にするためには並大抵の責任感や信頼感がないと運営し続けることはできません。

逆を言うと、プロジェクトメンバー一丸となってどういう事態が起こっても絶対に逃げ出さずやりきるという意志があれば大化けする世界でもあります。

これが当時の面白いところではあるのですが、奥深い世界でもあることは事実です。

これらのことを考慮して今後の ICO投資 IEO投資に役立ててみてくださいね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です