ICO・IEO仮想通貨

仮想通貨授業|ICO・IEOの仕組みとは?購入方法やおすすめ取引所と攻略法

管理人
取引所[先物]流動性
(取引高)
[現物]取扱銘柄数/
[先物]マーケット数
取引手数料
Binance1位386/2340.02%~0.04%
Bybit12位330/185-0.025%~0.075%
MEXC Global8位1488/940.20%
Huobi Global20位622/1110.02%~0.04%
Gate.io25位1555/42-0.025%~0.03%
BTCC5位-/510.030%~0.060%
bitFlyer-9/-0.01%~0.15%
※CMCランクに基づいた当サイトのおすすめ取引所ランキング(※2022.11.28値)

仮想通貨やブロックブロックチェーンに関連している話題は今は本当に多いですよね!

IEOIPOは投資が成功すると大きな利益をもたらしてくれるので投資家は見過ごせない良い案件を常に探しています。

ICOやIEO仮想通貨は詐欺案件も多く、資金調達だけしてトンズラしてしまう様な詐欺プロジェクトも多く存在しているのも残念がら現実の話です。

有力な投資先は魅力的ですが詐欺に引っかかるのは嫌ですよね。

そこで今回は、草コインや詐欺コインも多いアルトコインの「ICO・IEO仮想通貨とは?」や「ICO・IEO仮想通貨の仕組みやメリット・デメリット」「ICO・IEO仮想通貨の購入方法・売買方法」などをお伝えしていきたいと思います!

利益保護優先で新たな投資対象となる仮想通貨コインやトークンなどの発見に役立ててくださいね!

 

ICO仮想通貨とは?

ICOとは「Initial Coin Offering (イニシャル・コイン・オファリング)」の略で仮想通貨を発行して資金調達を行う方法のことです。

新規公開株の「IPO」と似ていますが、簡単に作ることが出来るICO仮想通貨では資金調達は誰でも行える点がメリットでありデメリットでもあります。

ICOは別名「クラウドセール」や「プレセール」「トークンセール」などと呼ばれることもあり、これらのセールを利用して購入するのが一般的となっています。

 

ICO仮想通貨の仕組み

ICO仮想通貨に投資してもらい、ICO通貨を発行することで資金調達を行う仕組みです。

従来の株式発行や債権の発行、銀行からの借り入れとは違う資金調達の方法となり市場でも話題になっています。

「ICOクラウドセール」では「ソフトキャップ」と呼ばれる最低限の資金と調達量を達することができない場合は中止となるルールや「ハードキャップ」と呼ばれる調達金額上限に達するとそれ以上の通貨購入が出来ないなどの決まりもあります。

資金調達を行ったプロジェクトは、資金調達した資金をもとに仮想通貨のサービス開発を行い取引所で上場させることで更に、取引量を増やし仮想通貨の価値を上げていくことになるのです。

投資家にも保有者にも付加価値のある通貨にしていかないと草コインとなってしまうので、株式の上場と同様で上場するまでに大半のコインやトークンは消えてなくなってしまう現実があります。

 

ICO仮想通貨のメリットとデメリット

 

ICOのメリットは、仮想通貨を利用して賛同してもらえる世界中の投資家から資金調達を行うことが出来ることが最大のメリットです!

投資家にとっても価値が上がれば大きな利益となるリターンとなるのでメリットは大きいです。

大きなメリットとの引き換えのデメリットとしては、取引所上場までの道のりは極めて難しい状況で、広告宣伝で失敗するとスタート地点となる知名度を獲得することができず投入している開発資金なども一瞬にしてなくなる事も多くあります。

資金調達を行っても開発が行われなかったりトークやコインが発行されないなどの詐欺案件も多いので、最近ではICO規制も厳しくなってきているのが実情です。

 

IEO仮想通貨とは?

IEOとは「Initial Exchange Offering(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)」の略で、仮想通貨取引所から直接コインやトークンを購入することができる方法のことです。

「IEO」も「ICO」と同様で、資金調達が目的で仮想通貨を発行して資金調達を行っています。

IEOは「Binance(バイナンス)」や「Bittrex(ビットトレックス)」などの大手仮想通貨取引所を介してトークンやコインを購入するので投資家としては安心度が高いプロジェクトなのでおすすめです!

 

IEO仮想通貨の仕組み

IEO仮想通貨は、取引所を介して仮想通貨のコインやトークンを販売するのでプロジェクトの告知なども取引所に行ってもらえるので、開催情報など目立ちやすく資金調達の可能性が高いことも魅力の1つです!

取引所での開催には信頼を担保するために各取引所の審査を通過する必要があります。

信頼性のない仮想通貨を販売して取引所の信頼を落とされてしまってはいけませんので、信頼性を決定づけた審査を通過した段階で投資することができるため出資詐欺等のリスクも軽減されるのです。

取引所で購入することができるので、BitcoinやEthereumなどのメジャー通貨と売買することも可能な点も流通を促進する上での大きな利点となります!

 

IEO仮想通貨のメリットとデメリット

IEOは取引所が告知してくれるので広く情報伝達しやすく、コネも情報もない投資先を探している一般のユーザーも購入する事が出来るので難易度が低く、プロジェクトを実行することが出来る点はIEO仮想通貨の最大のメリットと言えます!

「IEO仮想通貨」も「ICO仮想通貨」と同様で取引所で販売されているからという理由で、価値が上がると言うものではありません。

取引所も流通性のない仮想通貨をいつまでも取り扱い買う事はありませんし、やがて取り扱いできなくなる可能性もある点や草コインになる可能性も大きい点においてはデメリットになります。

2022年!爆発力の高い草コイン探し方と取引所!有望アルトコインの分散投資草コインの種類は世界で1500種類以上あると言われていますが毎日増え続けているのでどんなコインが出てきているのか把握しきれませんよね。 ...

 

IEO仮想通貨とICO仮想通貨との違い

「ICO」と「IEO」の大きな違いは、上記でも解説していますが「取引所でコインやトークンの購入をすることができるかどうか?」という点が1番大きな違いです。

「ICO」では多くの資産を持ち大成功している経営者や投資家のグループ内や「仮想通貨やICO」について調査し常にアンテナを張っている人にしか手に入れることができない話が多いです。

SNSやネット上で良く流れているICO案件は、詐欺案件も多いので残念ながら注意が必要です!

有力者との人脈などもない時は、取引所などでIEO案件の情報をキャッチしてホワイトペーパーやソースからプロジェクト大義名分まで見極めて投資していくと言うスタイルが現実的な投資先探しとなります。

アルトコイン投資とは?草コインの特徴や高騰暴落の理由・今後の将来性!アルトコインは仮想通貨億り人の代名詞とも言えるって投資対象で、10万円が1000万円になることも現実に有る夢の様な銘柄です。 恐ろ...

 

ICO・IEO仮想通貨を売買できる仮想通貨販売所

MXC仮想通貨取引所

取引所名 MXC
取り扱い通貨数 242種類
取引手数料 0.2%
サポート
日本語対応
MEXC仮想通貨取引所口座開設登録!日本人の使い方や入出金方法・口コミ評判仮想通貨は少額投資で始められてIEO取引所の一つでもあり世界最速上場スピードの「MEXC仮想通貨取引所」なら1発億り人などの夢のある投資...

 

Binance(バイナンス)仮想通貨取引所

取引所名 バイナンス(Binance)
取り扱い通貨数 181種類
取引手数料 0.1%
サポート
日本語対応
バイナンス(Binance)取引所の始め方|FXのやり方・入出金方法・口コミ評判バイナンス(binance)取引所は安全性が高く使いやすくだけではなく、アルトコイン投資やステーキングも可能なプラットフォームとして日本...

 

Bittrex(ビットトレックス)仮想通貨取引所

取引所名 ビットトレックス グローバル(BITTREX GLOBAL)
取り扱い通貨数 240種類
取引手数料 0.25%
サポート
日本語対応
ビットトレックス/bittrex取引所口座開設登録!売買・入出送金方法・使い方ビットトレックスグローバル(bittrex global)は、豊富なアルトコイン投資が可能でバイナンスなど日本人に馴染み深いプラットフォ...

 

まとめ

 

今回は「ICO仮想通貨やIEO仮想通貨の特徴や違い、メリットやデメリット」等についてお伝えしてきました。

ICO・IEO仮想通貨は投資対象としてとても魅力的ですが、反面大きなリスクを抱えているプロジェクトでもあります!

大切な投資資金が簡単に紙くずとなってしまうリスクのある案件でもあるので、しっかりと見定め取引するに値するトークンやコインであることを確信した上で投資するようにしましょう。

実際にBinanceなどで取引に参加してみて、仮想通貨上場後の大きな投資リターンを得られるように役立ててくださいね!

 

ABOUT ME
記事URLをコピーしました