仮想通貨(ビットコイン)FX

仮想通貨ビットコインFXの空売り(ショート)とは?仕組み・やり方・手数料!

 

仮想通貨取引における証拠金取引(FX)では、預けている証拠金を担保にして「レバレッジ」を掛けた保有資産以上の信用取引が行えます。

仮想通貨FXのレバレッジ取引では売りから入る空売り(ショート)と呼ばれる取引ができ、収益化におけるチャンスの増加やリスクヘッジとしても活用できます。

今回は、少ない金額で大きな金額の取引を実現できる「仮想通貨ビットコインFXの空売りの仕組みややり方」から「手数料・比率の調べ方やショートのコツも含めてお伝えします。

ボラティリティの高い仮想通貨市場における暴落は日常的に発生しており、新規取引で売り注文から入るやり方をマスターして資金効率を上げて資産運用に役立てて下さい♪

 

【決定版!】おすすめの取引所比較

取引所名 流動性 取扱銘柄数 取引手数料 CMCスコア
Binance 1位 395 0.02%~0.04% 9.9
Bybit 18位 227 -0.025%~0.075% 6.5
MEXC 17位 1421 0.20% 6.5
FXGT 132 1.4pip~4.5pip
Gate.io 8位 1423 -0.025%~0.03% 7.1
bitFlyer 13位 15 0.01%~0.15% 6.8

仮想通貨ビットコインFXの売りから入るショート(空売り)とは?儲かる仕組みを解説!

仮想通貨FX(ビットコインFX)の空売りの仕組みは、取引する暗号資産交換所に証拠金として預け入れしている資産を担保としてBTCを借りて売りポジションを建て利益を上げる契約のことを指しています。

空売り(ショート)の仕組み」が分かりにくい…というユーザーには、シンプルに買い(ロング)の場合の逆だと考えていただければ理解しやすいかと思います。

  1. 取引所で預けしれしている証拠金相当のビットコインを借りる
  2. 借りたビットコインを空売り(ショート)する
  3. ビットコインを買い戻す(利益確定)する
  4. (空売りしたときの価格)-(利益確定したときの価格)=空売りの利益

証拠金が絡むため難しく見えますが、単純に「売る前の価格」と「売った後の価格」の差益が利益となるシンプルな契約の取引になります!

下落相場では、価格上昇する力よりも下落する力のほうが長く続くことから「空売り(ショート)ポジションを建てて取引」することで選択肢が増え状況に応じた対策が打ちやすくなります。

教頭
教頭

中長期で見て明らかに下落基調の相場(弱気相場)では特に有効に作用し、資産への英循環も期待できます。

証拠金を下回るとロスカットされるリスクもレバレッジを調整することでコントロールできるため使い手次第で善にも悪にもなる取引と言えます。

校長
校長

証拠金取引ではレバレッジを掛けられるため倍率に応じた「利益・損失」の両方とも得ることになる点が現物取引との決定的な違いになります。

レバレッジを使った空売りの例を2パターン紹介しておきます。

  1. レバレッジ20倍のショート・・・所有資産の20倍の保有量で取引し利益も損失も保有資産の20倍を獲得
  1. レバレッジ1倍のショート・・・所有資産内の保有量の取引をし利益も損失も保有資産額の1倍の利益・損失も獲得(証拠金内取引のため追証なし)

※追証については後述解説します

校長
校長

つまり、レバレッジは「諸刃の剣」でその力はプラスにもマイナスにも作用します。そのため、少ない資金で大きな利益を獲得できます。

また、ビットコインを含めてアルトコインなどの仮想通貨もレバレッジ取引(FX)を行えます。詳しい取引のやり方についても以下にて解説していきますますが、まずはメリットやデメリットをまとめているので確認しておきましょう!

 

空売り(ショート)のメリットやデメリット・リスク

メリット
  • 全ての下落相場や局面で利益化できる
  • 少ない資産でも証拠金取引(FX)で大きな利益を見込める
  • 現物仮想通貨のリスクヘッジとして適正水準に価格が落ち着くまでヘッジできる
デメリット・リスク
  • 予想に反して急上昇した場合に損失を被る
  • レバレッジ取引をしたら取引した数量に対する手数料が発生する(※100万円分の取引をしたらその金額の手数料が発生)
  • 予想に反して逆行したらロスカットや追証リスクがある

 

上記にもまとめていますが、仮想通貨FX(ビットコインFX)の空売り(ショート)取引における最大のメリットが「下落相場でも利益化可能」で、価格変動時の「リスクヘッジもできることです。

また、デメリットにおいては「逆行した場合に損失を被ったりレバレッジを掛けすぎるとロスカット」などの強制精算リスクなどの責任も負います。

下落相場では暴落という上昇よりも短期間で稼ぐポイントが日常的に発生しており、理論上活用次第では無限の可能性を秘めている取引方法となっています。

 

仮想通貨ビットコインFXのショート(空売り)取引時の追証やロスカットルール・発生する手数料

仮想通貨ビットコインFXのロスカットとは?

仮想通貨FX(ビットコインFX)取引のおけるロスカットとは、証拠金維持率が100%を下回った時点で適用されるルールです。

証拠金維持率が105%を下回るとマージンコールと言われる、強制精算リスクの通知が送付されます。この時点で精算を回避するための担保追加を実行せず相場が逆行を継続した場合、強制精算が作動します。(※厳密には、レバレッジ倍率に応じてマージンコールは比率は変わります。)

また、クロスマージンと呼ばれる「現物や先物などアカウント内の全ての資産を証拠金にする」パターンと、分離マージンと呼ばれる「証拠金ウォレット限定の資産の証拠金」による取引の2パターンを選択肢て選べます。

校長
校長
また、国内外問わず共通しているロスカット時のルールとして、未約定注文も全てキャンセルされる点も事前に把握しておこう!
教頭
教頭

取引所としては「クロスマージン」で全保有資産を証拠金にした取引を望んで入と思いますが「分離マージン」を選択して「現物口座」「証拠金口座」を切り分けて運用するように心がけて下さい。

もしロスカットの場面に遭遇した場合でも分離マージン設定にしておくことで、口座内の現物資産などの他口座まで資産をリスクに晒される心配がなくなります。

「もし万が一、マージンコールが掛かっても分離マージンを選択しておくとリスク限定運用できる」から安心できますよ!

 

【初心者のレバレッジ授業】ロスカットを防ぐ証拠金維持率の目安
【初心者のレバレッジ授業】ロスカットを防ぐ証拠金維持率の目安FX取引におけるレバレッジは資金の少ない投資家にとっては、テコの原理となり準備した資金の何倍もの大きなポジションでの取引ができるようにな...

 

仮想通貨ビットコインFXの追証とは?

 

仮想通貨FXのみならず証拠金取引を行う上で必須の知識の一つの追証とは「追加証拠金」のことを指しており証拠金が不足した際の差し入れる資金のことを指しています。

価格変動により相場が取引方向とは逆に動き、損失が発生し証拠金の担保力の低下により追加徴収を収めることでポジション維持できることをお知らせしてくれます。

もし追加証拠金を支払わない場合には、強制清算の対象となります。精算後も、資産残高を超えない範囲で処理されるため借金になることはないので安心して下さい。

 

仮想通貨ビットコインFXのショート(空売り)時に発生する手数料

 

仮想通貨FX(ビットコインFX)の空売り(ショート)取引問わず、ロング(買い注文)の際にも適用される手数料は、取引数量に相当する手数料が課されます。

仮に、取引手数料が0.20%の取引所を例に出すと以下のような手数料が徴収されます。

  • 10万円のBTC取引=10万円×0.20%の手数料が注文&約定時に加算(注文資産額×0.20%・決済資産額×0.20%円の手数料が加算)
  • 500万円のBTC取引=500万円×0.20%の手数料が注文&約定時に加算(注文資産額×0.20%・決済資産額×0.20%)

つまり仮想通貨FXではレバレッジを掛けて取引を行いますが、取引時の資産額に応じた手数料が加算される点は事前認識しておかないと予期せぬ損失と誤認してしまいます。

 

仮想通貨ビットコインFXに使える空売り(ショート)比率情報の調べ方

比率情報提供先 URL
Coinglass www.coinglass.com
ビットコインLSチェッカー bullbearanalyzer.com
Tradingview tradingview.com

 

上記にもまとめていますが、仮想通貨FXではロング・ショート比率情報を確認することができます。代表的なものがLSチェッカーTradingviewCoinglassです。

直近のポジション数の動向などのテクニカル分析の一環として活用することができます。相場というカオスの中から一定の秩序を見出すのがテクニカル分析です。

ロング・ショート比率情報を活用して空売りで稼ぐキッカケを掴んで下さい!

 

仮想通貨ビットコインFX初心者向けのショート(空売り)におすすめの取引所

仮想通貨FXショート取引所|MEXC Global

ロスカット 分離マージン 追証 手数料
0.20%
レバレッジ倍率 取引銘柄数 日本語対応 クレカ入金
1~125倍 32
MEXCがおすすめの6つの理由!
  1. 価格が「.50」までしか指定できないため約定滑りが理論的に発生しにくい!
  2. 1秒間に140万ユニットのマッチングエンジンを採用し約定しやすい!
  3. 高い流動性のプラットフォームを採用している
  4. MXトークン保有で手数料が更に安くなる
  5. セキュリティレベルが高く多言語対応で日本語にも完全対応している
  6. サポート体制が整っておりユーザーからの評価も極めて高い90%超え!

 

MEXC仮想通貨取引所口座開設登録!日本人の使い方や入出金方法・口コミ評判
MEXC仮想通貨取引所口座開設登録!日本人の使い方や入出金方法・口コミ評判仮想通貨は少額投資で始められてIEO取引所の一つでもあり世界最速上場スピードの「MEXC仮想通貨取引所」なら1発億り人などの夢のある投資...

 

仮想通貨ビットコインFXの空売り(ショート)のやり方

  1. 「資産」→「振込」を押下
  2. 「スポット」から「先物」を指定
  3. 証拠金取引の口座に資産移動させる「トークン」を選択
  4. 証拠金取引口座に移動させる資産数量を指定
  5. 「今すぐ振替」を押下
  1. 「デリバティブ」→「先物取引」を押下
  2. 売買注文画面上の「ショート〇〇x」からレバレッジを選択
  3. 新規の売り注文の場合「オープン」を選択(利益確定注文はクローズ指定)
  4. 注文方法を「リミット価格(指値)」を選択
  5. 空売りする価格を指定
  6. 空売りする数量を指定(つまみを左右に調整)
  7. 「ストップリミットを設定」にチェック
  8. 「テイクプロフィット」に利益確定価格を入力
  9. 「スロップロス価格」に相場が逆行した際の損切価格を入力
  10. 「売却/ショート〇〇x」で空売りと利確・損切の注文が全て完了
教頭
教頭

MEXC取引所ではショート・ロング注文時に損切から利確まで設定できるため、エントリー時のトレードルールに従った取引を実行できます。

また、注文時の価格が「.50」か「.00」までの価格しか注文できないため「.49」などの価格指定ができません。

そのため「約定しやすいのが特徴」で、ビットコインFXの初心者トレーダーから上級者までグローバル市場のシステムを採用しており主要取引所と同じ高い流動性で取引できるため不安なくFX取引に専念できます。

 

仮想通貨FXショート取引所|Bybit(バイビット)

ロスカット 分離マージン 追証 手数料
-0.025%~0.075%
レバレッジ倍率 取引銘柄数 日本語対応 クレカ入金
1~100倍 48

 

 

Bybit(バイビット)取引所の使い方!口座開設ボーナスや手数料・口コミ評判!
Bybit(バイビット)取引所の使い方!口座開設ボーナスや手数料・口コミ評判!BitMEXの日本人利用が不可になって仮想通貨のハイレバレッジ取引所として人気が高く圧倒的な流動性の高さを誇っているのがBYBIT(バイ...

 

仮想通貨FXショート取引所|Binance(バイナンス)

ロスカット 分離マージン 追証 手数料
0.02%~0.04%
レバレッジ倍率 取引銘柄数 日本語対応 クレカ入金
1~125倍 176

 

 

バイナンス(Binance)取引所の始め方|FXのやり方・入出金方法・口コミ評判
バイナンス(Binance)取引所の始め方|FXのやり方・入出金方法・口コミ評判バイナンス(binance)取引所は安全性が高く使いやすくだけではなく、アルトコイン投資やステーキングも可能なプラットフォームとして日本...

 

仮想通貨ビットコインFXのショート(空売り)焼かれないためのやり方とコツ

 

ビットコインFXの空売り(ショート)で焼かれて死亡しないためのやり方として「テクニカル分析によるコツ」と「資金管理手法によるコツ」の2パターンが代表的です。

テクニカル分析によるリスク回避のコツ

MACDやストキャスRSIなどのテクニカル分析によるエントリータイミングに関するやり方は多々ありますが、一番シンプルで初心者にも分かりやすいやり方が以下の選択肢です。

  • 長期移動平均線にローソク足が実体抜けした場面での戻り売り
  • トレンドラインの下抜け後の戻り売り
  • OI(オープンインタレスト・建玉数)が減少するタイミング
  • ロング・ショート比率」が「買いから」「売り」に変わるタイミング

 

資金管理手法によるリスク回避のコツ

資金管理手法によるリスク管理のコツもシンプルで明確なルールです。資金管理ルールに従って運用するだけなので取り入れすく必要不可欠の選択肢です。

  • 口座残高の2%を1回の取引する総量と定める
  • 1回の取引における損切レベルを資産2%に設定
  • 1回の取引で最高でも4%を限度とした取引額に抑える

1回の取引額の%が口座の破産率を左右します。

口座残高の2%ルールを採用することで、ほぼ窮地に立たされることなく仮想通貨FX取引に専念できるため増加率も高くなります。(※4連敗の損失よりも4連勝の損失のほうが高い)

教頭
教頭
口座資産の20%を超える証拠金取引は、神頼みの世界のリスクであり危険を顧みない無謀な選択肢です。必ず2%ルールを採用して運用するようにして下さい!

 

仮想通貨FXのショート(空売り)|よくあるQ&A

 

空売りに適した銘柄はありますか?

空売りに適した銘柄はどの銘柄でも同様のチャンスが有るため一概に言い切れません。ただ、保有価値が低くなる場面や銘柄などは都度あるかもしれません。

また、空売りに適した銘柄選びという観点においてはBTCなどの主要コインのほうがボラティリティが低く、アルトコインのほうが変動が激しく損失を被るリスクも増えます。

  • 変動の大きさ重視・・・アルトコイン
  • 主軸・・・ビットコイン

ご自身の願望よりも安全策で取引をするのが最も良い取引に繋げることができます。しっかりと準備をして取引を行うように心がけて下さい。

空売りに適したタイミングはありますか?

空売りに適したタイミングは、仮想通貨市場が全面安になる様な局面で市場に不安が広がっている場面ではリスクを軽減して取り組むことができます。

仮想通貨ビットコインFXのショート(空売り)焼かれないためのやり方とコツ」も参考に検討してみて下さい。

 

まとめ

 

今回は、資産を大きく増やす上で外せない選択肢の「仮想通貨FX(ビットコインFX)の空売り(ショート)のやり方や仕組みなどについてお伝えしてきました。

空売りはマーケット自体の過熱感を見る指標となるボラティリティなども参考になる指標となりますが、テクニカル分析で言えば買われ過ぎのサインは明らかにわかりものです。

空売り(ショート)を活用することで、極論レバレッジ1倍であれば現物と同リスクで運用可能で証拠金内取引のためロスカットも通常は考えられないため安全です。

「仮想通貨FXは危険!」という人もいますが、それは資金管理と知識・経験の問題がほぼ100%であり改善する手立ては存在します。

相場の動きに素直についていき、間違ったやり方をして焼かれたときは反省して二度と同じ間違いをしないと誓えるならあなたは未来に仮想通貨で成功することでしょう。

あなたは、あなた自身で敷いたルールを守ることができますか?資金管理を徹底してリスク限定した取引を愚直に取り組めますか?あなたの先には、可能性の扉が開いていますよ♪

 

仮想通貨ビットコインFXの空売り(ショート)とは?仕組み・やり方・手数料!」の再チェックはこちらから!

 

少額資金の副業トレードで毎月1~5万円を稼ぐことを目的とした情報をお届け!

初心者トレーダーで仮想通貨取引に興味がある方や、勝率が低く利益を出すことが出来ていない投資家向けのLINEアカウントです。

凄くシンプルな内容ですが、資金をコツコツ積み上げていく感覚を養っていく事ができる内容も含めてお伝えしてきます。

過酷な相場世界で、不利なトレードを減らし勝率の高い取引のみを繰り返すことができるキッカケにして下さい♪