最新の仮想通貨暴落!チャートから見るビットコインが下落した理由や原因

管理人
取引所[先物]流動性
(取引高)
[現物]取扱銘柄数/
[先物]マーケット数
取引手数料
Binance1位386/2340.02%~0.04%
Bybit12位330/185-0.025%~0.075%
MEXC Global8位1488/940.20%
Huobi Global20位622/1110.02%~0.04%
Gate.io25位1555/42-0.025%~0.03%
BTCC5位-/510.030%~0.060%
bitFlyer-9/-0.01%~0.15%
※CMCランクに基づいた当サイトのおすすめ取引所ランキング(※2022.11.28値)

仮想通貨の成長で欠かすことのできない暴落は、永久に上げ続けることはないという相場の原則上免れないサイクルです。

マーケットは結局、需要が供給を上回れば価格は上がります。この基本原則に基づいて誰もが見ているはずの「〇〇〇」から今回の暴落について見ていきましょう!

今回のロスカットは、12時間で約900億円の精算がなされたそうです。利益率の高い流動性サイクルが発生する予兆を見つけて稼ぐきっかけにしてくださいね♪

 

仮想通貨ビットコイン暴落の原や理由|2021/12/3~12/4

今回は先日(2021年12月3日~4日)にかけて発生した下落が起こった理由や原因をチャートから探っていきます。

  1. サポートライン
  2. サポートラインからの反発
  3. 再浮上するもチャネル上限を超えられず
  4. 出来高が伴わない上昇につき弱い需要と強い供給により下落へ

今回の暴落のきっかけになった流れを上記にもまとめていますが、サポートラインで反発し上昇基調に見えた矢先にチャネル上限を超えられない動きが見られました。

「出来高が伴わない上昇は偽りの上昇」であり、これから下落することを示唆しています。

結局は弱々しい買い需要と強い売り供給という組み合わせがマーケットを激しく押し下げる原動力となり今回の暴落に繋がったという形と言えそうです。

中には、底値で反転を期待して新安値更新して新しい売りの波とロスカットの嵐が加わり今回の大規模ロスカットが執行された展開となっています。

校長
校長
12時間の合計でロスカットされた精算数は399,000人で、全取引所合計の16228BTC(日本円にして約900億円)に達しています。

教頭
教頭

また、今回の暴落が発生るする前の段階で、ダッピングの話題が取り上げられていました。

この話題については、チャートから見ても不当に操作されているものではなく、ショートのためにデリバティブ取引所へと資金が流入しショートポジションの仕掛けを行っていたと言えるでしょう。

現状は、各取引所におけるレバレッジ比率が上昇していることから損失を出したトレーダーが奪還のためにハイレバで動いている兆候があります。

シンプルなことですが、まだ終わっていない下落基調の相場のためチャートだけではなく出来高も確認しながら取引してみましょう!

 

ABOUT ME

新着コンテンツ

記事URLをコピーしました