仮想(暗号)通貨相場

【初めての値動き講座】仮想通貨はなぜ価値が下がり値上がりするのか理由

仮想通貨に興味を持ったばかりの人はなぜビットコインなどの仮想通貨が値上がりしたり値下がりしたりするのかわからないですよね。

2019年の6月にはビットコイン価格は1,400,000円を突破し2020年の3月現在ではコロナウイルスの影響もあり560,000円にまで下落しています。

このような仮想通貨価格の上げ下げ等は新規参入にあたり仕組みなどを詳しく理解しておくべき事項なのでしっかり把握しておきたいところです!

そこで今回は、仮想通貨とは切っても切れない関係の「ブロックチェーンの仕組み」から「なぜ仮想通貨が値上がりするのか?値下がりするのか?の理由」「価格変動の仕組みや理由」等についてお伝えしていきます。

仮想通貨の価格変動要因を理解しておくことで、どのようなタイミングでの投資を行えば良いのかが分かるので参考にしてくださいね。

 

ブロックチェーン技術の仕組みをわかりやすく

仮想通貨の価格変動要因を理解する上でなくてはならないものがブロックチェーン技術です。

ブロックチェーンのことをわかりやすく説明すると、公開台帳(取引された商品の売買の金額や賃金等を記録している帳簿のこと)で分散して管理されていると言うのが最大の特徴です。

もう少しわかりやすく説明すると、すべての取引履歴が公開されているので透明性を確保しながらセキュリティーが極めて高いと言う特性を持っているのです。

 

ブロックチェーンのメリット

ブロック遅延は国家や中央銀行等の管理者を持たないので手数料や管理料等の維持管理費用がかかりません。

要するに仮想通貨の銀行が存在しないので、従来の金融システムに内在していたデータ管理にかかるコストなど様々なリスクやデメリットを解決することができる可能性があり様々な場面で応用されていっているのです。

今後の金融システム自体が大きく変革しようとしているタイミングでもあるので仮想通貨は絶対に目が離せない市場と言えますよ♪

 

ブロックチェーンのデメリット

ブロック遅延の最大のデメリットは、間違いを修復したりやり直したりすることができないと言うことです。

要するに間違えて支払いや振り込みなどをすると二度と帰ってくる事は無いと言うことです。

その他メンテナンスコストが高かったりユーザが主権者であったりすることも、言い換えれば悪意のある利用者とも共存していく必要があると言う事でもあります。

ただし、ブロックチェーンではデータベース内に「矛盾しているデータを追加することができず」常に所有者と結びつきながら「利用者全員が最も正しい」と合意しないと利用できない事で整合性を担保する仕組みになっています。

極めて改ざんが困難なデータベースであり利用するにあたり誰も信用しなくても安全に利用することができるなどの特性があるのです。

 

仮想通貨の変動理由と仕組み

 

仮想通貨の価格は株価や為替等と同じように価格変動を起こします。

価格変動の理由はシンプルに「仮想通貨の需要が少なければ価値が下がり」「仮想通貨の需要が高まれば価値は上がります」

まさに需要と供給が仮想通貨の価値を決めているのです。

 

仮想通貨の上がり下がりの値動きがなぜ激しいのか理由

仮想通貨が激しい値動きをする理由の1つになっているのが、成熟しきっていない仮想通貨市場であるということが要因の一つでもあります。

そして、新規参入者ので入りが激しくその分市場が混乱しやすい性質もあり価格不安などで簡単にオーバーシュート等を引き起こしてしまいう可能性すらあるのです。

その他にもクジラと呼ばれる仮想通貨大量保有者による市場操作もあります。

大量保有者が一度に保有通貨を売却すると仮想通貨相場を下落させる力があるため、市場急落による失望売りを誘発させた後に再度買い戻して相場を押し上げるなどの操作を行っているのです!

市場操作に関しては、株や為替相場でも同様に時間投資家などが市場操作する力を持っていますので同じ様な現象が起こしてしまうのです!

ビットコインなどの仮想通貨は特に価格変動が大きく起こりやすくときにはオーバーシュートと呼ばれる行き過ぎた価格変動もあります。

 

仮想通貨の将来性に関して

仮想通貨市場はまだまだ成熟しきっていないので今後ますます発展していく事は間違いないことかと思います。

なぜならブロックチェーン技術は今では広く世界で有効性が認められ多くの企業でも取り入れ始めています。

【ブロックチェーン企業】トヨタブロックチェーンラボが技術の実装を!トヨタ自動車株式会社とトヨタフィナンシャルサービス株式会社はバーチャル組織のトヨタブロックチェーンラボを立ち上げたとの事です。 ト...

ブロックチェーン技術が今後ますます発展し私たちの生活を大きく変えてくれる未来はすでに始まっています。

その足がかりとなっている仮想通貨市場は今後大きな将来性を見込めるものだと確信しています。

仮想通貨で怪しい!って言われていますが、一昔前ではインターネットが怪しい!て言われていましたよね?

そんな怪しいと思われていたインターネットは今では私たちの生活ではなくてはならないものとなり一人一人がスマホを持っている時代になっています。

新しいものは受け入れられるまでに時間がかかるものなので、今は仮想通貨の相場の変動で一喜一憂することなく、自分が保有することができる範囲内での投資をしていくことがあなたの将来への期待値が高まる行動となります。

 

仮想通貨の必要性について

法定通貨がなくなる事はほぼありえないことではありますが、昨今ではコロナウィルス騒動などもあり自国通貨への信用低下などの影響により相対的に仮想通貨への信用にリスクヘッジとして移っている背景もあります。

通貨とは信用性で成り立っています。

仮想通貨も法定通貨同様に利用されて初めて価値が出てくるものであり仮想通貨は多くの人が利用することで初めて価値が出てきます。

いずれにしても投資家による仮想通貨への資金流入等は今後も継続的に行われていきます。

そして現時点あなた自身が必要性を感じなくても必要性を感じ実際に対価の支払いとして利用している人もいるのです。

ここで大事な事は自分が見ている世界だけが全てでは無い、と言うことです。

大きな視野で世界を見る習慣をつけるようにしましょうね!

 

まとめ

 

今回は「ブロックチェーン技術の仕組み」や「仮想通貨の変動理由」等についてお伝えしてきました。

仮想通貨はこれまでの所得格差をなくしてくれる大きな可能性がある通貨でありながら今後拡大が大きく見込まれる市場でもあります。

このチャンスが大きい市場に足を踏み入れかどうかの決定権は全てあなたが握っています。

チャンスを知ったまま気づかないふりを続けるか足を踏み入れてみるか慎重に検討して動いてみましょうね!

ただし仮想通貨市場は今後数年で大きく変わってくるものと思われます。

とてつもなく大きいビックウェーブに乗れる期間も限られているのでしっかりものにしてくださいね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です