ウォレット登録方法

【海外FXの入出金授業】銀行送金・bitwallet・仮想通貨の方法

日本国内のFX会社を利用したトレードでは「クイック入金」などをを使った即時反映サービスでスムーズに進みますが利益を上げたい時は物足りないですよね!

海外FX口座でレバレッジ制限無しのトレードをするにあたり、入出金という海外送金と言う手順が必要になることもあり慣れないので不安になっちゃいますよね。

最近では、ビットコインなどの「仮想通貨を使った入出金方法」「クレジットカードやデビットカード等を使った入金方法」「電子決済サービスなどを使った入出金方法」など多様な選択肢がたくさんあってどれを使えば良いのか迷ってしまいます。

今回は、海外FX口座を使った入出金方法で種類や選択肢が豊富で迷いがちな「海外FXの入出金方法の選び方」「海外FXにおける入出金のルール」等についてお伝えしていきたいと思います。

あなたにピッタリな入出金方法を見つけてスムーズにトレードすることができる環境をいち早く作ってくださいね!

 

2020年9月10日 19時~2020年9月25日 19時迄 BYBITキャンペーン実施中! BYBIT取引所の5BTC+ボーナス引換券プレゼントキャンペーン開催中♪
  1. BYIT取引所登録
  2. 得点センターページで「参加コード:5BTCDRAW(大文字)」入力
  3. 「引き換え」ボタンをクリック
  4. BYBIT取引所で1回以上の取引
世界一キャンペーン豊富でチャートも使いやすく約定力も高い取引所ですよ♪  

海外FX口座における基本的な入出金の3つのルール

【ルール1】入金額同額までは同一入金元に同一手段で出金しなければらない

海外FX口座では、入金額と同額までは同一入金元の同一手段で出金しなければならないというルールがあります。

例:クレジットカードで10万円入金 → 同一金額(10万円)まではクレジットカードで出金(返金処理)

※クレジットカード出金では、あくまで「入金キャンセル」での処理となるため同額までの出金以上行うことは不可能です。

電子決済サービスにおいても同様に「入金金額と出金金額は同一である必要」があり、どこの海外FX口座を利用しようと思っても同様のルールが敷かれています。

このルールはあくまでも「資金洗浄のマネーロンダリングにならないためのルール」であるのでどこFX口座を利用するにあたっても同様のルールとして従う必要があるのです。

海外FX口座を利用する上では「入金額と同額までは同一手段で出金しなければならない」と言うルールに従ってトレードすることになることを念頭に置いておきましょう!

 

【ルール2】出金優先手順のルールにより優先順位が決まっている

海外FX口座では利用者全員をマネーロンダリングやテロへの資金供給などの当事者にならないために、出金に対して優先候補と順序を決めています。

  • クレジットカード・デビットカード
  • ビットウォレット・仮想通貨・ビットコイン・スティックペイ
  • 銀行口座への電子送金

 

資金の入金元への出金または返金処理をすると言うのが最も安全な対策となるからです。

クレジットカードによる返金は難しい場合もあるので、

「クレジットカードで電子決済サービスに入金」
          ↓

「電子決済サービスを中心に海外FX口座入出金」

 

を行うと言うスタイルになります。

を行うと言うスタイルになります。

海外FX口座開設にあたり電子決済サービスや仮想通貨は必ずセットで必要となってきますので、おすすめのウォレットも併せてご紹介しておきますね。

仮想通貨のおすすめ口座

 

【保存版】ビットトレックス(BITTREX)口座開設登録・ログイン方法ビットレックス(bittrex)のアカウント登録は利便性やセキュリティー等の観点からも1連の流れを把握してから登録したいですよね。 ...

 

海外FXでおすすめのオンラインウォレット

 

【課外】ビットウォレット(bitwallet)口座開設と本人確認方法海外FXで取引するにあたり資金の入出金等のやりとりを行う日本語対応のサービスがあれば安心して利用できます。 最近では、入出金で毎回...

<ビットウォレット公式サイト> https://bitwallet.com/ja/

 

【ルール3】利益分の出金は銀行送金で出金する

入金分以上の金額の利益に関しては銀行送金と言う選択肢で出金することになります。

【ルール1】「入金額と同額までは同一手段で出金しなければならない」と言うルールに基づき、入金した金額と同額までは入金元へ出金することができますが、それ以上の利益分に関しては銀行送金での出金と言う選択肢になるのです。

ビットコインなどの仮想通貨や、ビットウォレットなどの電子決済サービスがあれば銀行送金以外の選択肢にもなります。

海外FXで稼いでいる人の多くは、出金する手段として「仮想通貨のビットコイン」「ビットウォレット(bitwallet)」で入出金を行っているケースが多いです!

 

海外送金で損しない為に被仕向送金手数料が無料の銀行口座を利用する

 

被仕向送金手数料とは?

「被仕向送金手数料」とは、銀行口座宛に外貨送金や円建て送金があった場合に受け取る側で支払うことになる手数料のことを指します。

通常大手銀行ではこの手数料が2,000円程度毎回かかってきます。利益が出るたびにこの手数料の支払いするのはデメリットしかありません。

従って、被仕向送金手数料が無料の新生銀行ソニー銀行のいずれかを利用することをお勧めします。

せっかく海外FXで利益を出したのに、着金までの不要な手数料を抑えることが出来る環境を整えておくことが大事なので事前に口座開設しておきましょう!

 

海外FX口座の金融庁規制による入出金方法の制限

 

以前は多くの海外FX会社も、日本国内からの銀行送金による入金を採用し利用することができていました。

最近ではレバレッジ制限がない海外FX会社のニーズが高まり、日本国内のFX会社による金融庁への規制要求等も受ける中で金融庁からの指導がありました。

海外FX会社に対して日本の銀行口座開設を出来ないようにしているのです。

結果的に、日本国内送金による入金と言うものを採用している海外FX会社が少ないのです。

現在利用することができている海外FX会社であっても今後利用することができなくなる可能性があるので注意が必要です!

無登録の海外FX業を利用した国内の多くのユーザーが出金できないなどのトラブルが報告されており、レバレッジ規制のない海外は危険と判断している事もあります。

あくまでもルールに従って進めなければならないことではあるので、これらのことを前提に利用するようにしましょう!

 

海外FX口座を使った入金方法の種類

 

  • 日本の銀行口座から海外FX口座へと入金する「海外送金」
  • 日本の銀行口座から日本国内の海外FX口座へ入金する「国内送金」
  • クレジットカードやデビットカード等で入金する「クレジットカード入金」
  • 電子決済サービス(ビットウォレット等)から入金する「ウォレット入金」
  • 仮想通貨ウォレットから入金する「ビットコイン入金」

 

海外FX口座への入金手順

海外FX口座へログインし指定の入金手段を選択して入金を行います。

国内送金による入金を採用している海外FX会社はほぼありませんので「クレジットカード入金」や「Eウォレット入金・ビットコイン入金」となってきます。

入金方法で1番気をつけておきたいことが、海外送金のケースですべての支払いは必ず「海外FX会社の口座同一名義人の口座」から「FX会社の口座番号も含めて入金する」ようにしましょう。

FX会社が入金確認作業をスムーズに進めることと、送金記録と確認用でこちらの手元に置いていく必要もあるからです。

これらの点を十分に留意し、口座名義人と違う人物の口座名義で入金したりすることがないように十分に気をつけておく必要があります。

 

海外FX口座を使った出金方法の種類

 

  • 海外FX口座から日本の銀行口座へ出金する「海外送金」
  • 海外FX口座(国内の銀行口座)から日本銀行口座出金する「国内送金」
  • クレジットカードやデビットカードで入金分を返金処理する「キャンセル処理」
  • 電子決済サービス(ビットウォレット等)に出金する「ウォレット出金」
  • 仮想通貨に出金する「ビットコイン出金」

 

海外FX口座からの出金手順

「クレジットカード出金」や「ウォレット出金」は入金方法と同様であれば簡単に出金することができます。

入金金額以上の利益分の出金に関しては、海外送金やウォレット出金・ビットコイン出金をすることになります。

海外送金による出金を選択する時には、銀行口座情報などを入力する必要があるのであらかじめ指定する銀行口座のスイフトコードなどの必要項目を把握しておくようにしておきましょう!

  • お名前(フルネーム)
  • 住所
  • 銀行口座番号
  • 銀行名
  • SWIFTコード
  • 銀行所在地
  • 支店名
  • 支店コード
  • 出金額

海外FX口座への入出金で1番オススメなのは「仮想通貨での入出金であるビットコインによる入出金」となります。

「ビットウォレットなどのウォレット出金」でも海外送金を使わずに利益分の出金も行うことができるのでお勧めの出金方法となります。

 

出金に関しての注意点

出金に関して海外FX口座で取引口座が有効化されている必要があります。

このためには、取引にも必要となる身分証明書(顔写真付きマイナンバーカード 、パスポート、運転免許証)や住所確認書類(公共料金の請求書、電話/インターネット/テレビの請求書や銀行の明細書))を提出して認証してもらっておく必要があります。

※海外FX口座開設と同時に認証作業も進めておくことを忘れないようにしておいて下さい。

保有ポジションがある場合の出金に関して

FX会社によって若干変わることもありますが、基本的には保有ポジションがあっても出金することは可能です。

但し、出金時点での余剰証拠金額が全ての支払い手数料を含め、出金手続きにおいて定められている金額以上である事は前提条件となります。

取引口座に十分な余剰証拠金がない時は、出金額を下げるなどの対応で出勤することになるので事前に把握しておきましょう!

 

海外FXから入出金を行う際の手数料

 

海外FX口座への入出金にかかってくる手数料は海外FX会社が負担してくれるケースが多いです。

銀行送金等にかかってくる手数料は当然本人負担となりますし、場合によっては電子決済サービスへの出金に関しても手数料がかかってくるケースもありますので利用するFX会社で確認していく必要があります。

 

まとめ

 

今回は「海外FX口座を使った入出金方法の選び方」や「海外FXにおける入出金のルール」等についてお伝えしてきました。

実際に海外FXを利用するにあたり仮想通貨の口座開設や電子決済サービスのアカウント開設そして諸々の口座認証等準備に多少手がかかることが多いです。

レバレッジ制限のない海外FXで取引すると言う大きなメリットを享受するための事前準備となりますのでまず第一に進めておくようにしましょう!

海外FX口座を利用するにあたり入金のしやすさや出金のしやすさなどは利用環境において最も大事な要因でもあります。

試行錯誤しながらあなた自身に合った入出金方法を見つけて快適な海外FX口座を利用したトレードをしてくださいね!

あなたのトレード生活のきっかけになれたのであれば幸いです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です