PancakeSwap(パンケーキスワップ)仮想通貨取引所とは|使い方や運用の始め方

BTCやアルトコインが過去最高値を更新し、調整に入る段階でDiFi界隈も活況になる事が推測され、その代表格になるDEX取引所の一つがPancakeSwap(パンケーキスワップ)です。

ブロックチェーン規格が「BSC」ということもあり、拡張性も高くUNISWAPよりも手数料が安いこともありアグリゲーターの中でもユーザー獲得に成功している取引所です。

今回は、非中央集権取引所の「PancakeSwap(パンケーキスワップ)の特徴や仕組み」から「使い方やファーミングの始め方・利用者口コミも含めてお伝えしていきます。

管理者無しで稼働するスマートコントラクトの仕組みを上手く活用したシステムでセキュリティーレベルも高いから活用して稼いでくださいね♪

 

取引所名世界ランキングコイン数手数料
BINANCE13900.02%~0.04%
BYBIT211-0.025%~0.075%
OKEX32410.02%~0.05%
FTX42360.02%~0.07%
MXC146220.20%
DigiFinex162290.2%
HOTBIT6013910.05%~0.1%
BITTREX723790.25%

もくじ

PancakeSwap(パンケーキスワップ)仮想通貨取引所とは|特徴や仕組み

名称PancakeSwap(パンケーキスワップ)
設立2020年9月
取引の種類現物取引・ステーキング・ファーミング
創設者匿名コミュニティ
手数料0.2%
ブロックチェーン規格BSC
日本語対応
サポート
スマホアプリ
公式サイトhttps://pancakeswap.finance/

PancakeSwap(パンケーキスワップ)取引所の特徴は、スマートコントタクトで稼働する非中央集権(DEX)のBEP-20トークン交換のためのプラットフォームです。

自動マーケットメイカー(AMM)を使用したプラットフォーム上で暗号資産(仮想通貨)取引がオーダーブックなしでできる取引所です。

仮想通貨(暗号資産)をプール提供する代わりに、流動性提供者(LPトークン)を受け取り、ガバナンストークンのCAKEトークンを報酬として得られる仕組み(イールドファーミング)を採用しています。

獲得したCAKEトークンをステーキングすることも可能で、トレード収入以外の複利運用できる暗号資産投資として注目を集めているアグリゲーターの一つとなっています。

LPトークンの提供時には、BUSD/BNBなどの提供するトークンペアを1:1の割合で流動性提供することでLPトークン獲得できます。(※流動性提供のやり方で別途解説しています)

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、ステーキングやファーミングなど自動馬場行きのように報酬を生み出してくれる仕組みとなっており世界中の投資家に注目されています。

 

教頭
教頭

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、DEX取引所だから「メタマスク(MataMask)」や「バイナンススマートチェーン(BSC)」「セーフパル(SafePal)」があればKYCなしで利用できます。

シンプルなインターフェイスを採用しており、複数言語対応し日本語対応もしているためUNISWAP同様に利用者も急増しています。

 

 

【PancakeSwap取引に必須のツール】バイナンススマートチェーン(BSC)の使い方|イールドファーミングの始め方
バイナンススマートチェーン(BSC)の使い方|イールドファーミングの始め方バイナンススマートチェーン/Binance Smart Chain(BSC)は、DeFi界隈で人気のイーサリアム仮想マシーン(EVM)と...

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は怪しい?|信頼性・安全性・危険性・セキュリティ

PancakeSwap(パンケーキスワップ)取引所は、一見シンプルでポップなデザインとなっているため怪しい気がするユーザーも多くいますが全然怪しくは有りません。

DEX取引所であるため、シンプルでサポート不要の環境を提供する必要があるためシンプルで使いやすいインターフェイスを採用していますがDEXのためセキュリティにも強いです。

創設者が匿名コミュニティですが、利用者も多くガバナンストークンのCAKEも高騰を続けている観点からも信頼性や危険性なく利用できるでしょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の独自トークンは、中央集権取引所の最大手「バイナンス取引所」にも上場していることもあり信頼性の高いプロジェクトと判断できます。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は日本金融庁の認可取引所ではないため、日本の規制に準じた取引所ではありません。投資であるため、利用は自己責任の上で利用するようにしましょう。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)仮想通貨取引所|始め方・使い方

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方は、以下のようになります。

  1. Connect・・・BSCやメタマスクと接続
  2. Exchange・・・仮想通貨の両替
  3. Liquidity・・・流動性提供
  4. LP Migration・・・アップグレードによるLPトークン移行
  5. VI Liquidity(old)・・・旧流動性提供
  6. Farm・・・ファーミング(農場)
  7. Pools・・・プール(シロッププール)
  8. Prediction・・・市場予測(バイナリーオプション)
  9. Lottery・・・抽選応募
  10. Collectibles・・・パンケーキグッツ
  11. Team Battle・・・ほかチームと競争してCAKEや収集家m脳なNFTを獲得
  12. Team & Profile・・・チーム設定やタスク
  13. Info・・・アカウント概要やウォレット分析
  14. IFO・・・トークンセールへの参加
  15. EN・・・「JA」へ言語変更

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、上記の15の項目から構成されています。初期設定として⑮で日本語に言語変換してから利用するようにしましょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用する上で必須となるツールとなる「メタマスク(MetaMask)」や「バイナンススマートチェーン(BSC)」「セーフパル(SafePal)」などの事前準備が必要です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、バイナンススマートチェーン(BSC)規格を採用しているDEX取引所であるため、おすすめはBSCとなっています。

 

教頭
教頭

バイナンススマートチェーン(BSC)の利用には、BINANCEアカウントが必須となっているため事前に手数料キャッシュバックキャンペーン窓口から登録しておきましょう。

>>BINANCE公式サイト|取引手数料キャッシュバックの特別口座開設

 

バイナンス(Binance)取引所口座開設登録|日本人向けの使い方や入出金方法
バイナンス(Binance)取引所口座開設登録|日本人向けの使い方や入出金方法バイナンス(binance)取引所は安全性が高く使いやすくだけではなく、アルトコイン投資やステーキングも可能なプラットフォームとして日本...

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|メタマスクやBSC(バイナンススマートチェーン)・SafePalウォレット接続方法

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で利用できるスマートコントラクトウォレットは以下のとおりです。

様々なスマートコントラクトウォレットに対応していますが、通常BSCやSafePal・メタマスクを使って取引しているユーザーが多いです。

接続方法は以下のとおりです。

  1. 「Connect」を押下
  2. 利用するネットワークを選択
  3. PancakeSwap(パンケーキスワップ)との接続完了

スマートコントラクトウォレットの準備さえできていれば、すぐに始めることができます。まずはウォレット準備が先決です。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)取引所|仮想通貨の買い方や売り方(換金方法)

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)では、自動マーケットメイカーのため中央集権取引所で準備されているオーダーブック(取引板)が存在しません。

最良のレートでワンクリック即時換金できるため慣れてしまえば簡単です。この機にチャレンジしてみましょう!

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|仮想通貨の買い方

PancakeSwap(パンケーキスワップ)における仮想通貨買い方は、予め準備している仮想通貨(暗号資産)から別のトークンへと交換する方法になります。

BSCネットワークを利用しているため、通常はBNBからCAKEを購入~という流れに進んでいきます。取引の流れは次の通りです。

日本語に言語変更してから利用する方が分かりやすいので変更してから始めましょう。

  1. 「Trade」→「Exchange」を押下
  2. 「スワップ」を選択
  3. 「交換元」に事前準備している仮想通貨選択し購入数量を指定
  4. 「交換先」に購入したい仮想通貨を選択
  5. 「SWAP(換金)を押下」
  6. 仮想通貨の購入完了

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|仮想通貨の売り方

PancakeSwap(パンケーキスワップ)における仮想通貨売り方は、以下の流れで行います。

  1. 「Trade」→「Exchange」を押下
  2. 「スワップ」を選択
  3. 「交換元」に売却したい仮想通貨選択し売却数量を指定する
  4. 「交換先」に購入したい仮想通貨を選択
  5. 「SWAP(換金)を押下」
  6. 仮想通貨の売却完了

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|流動性提供しLPトークンを入手するやり方

PancakeSwap(パンケーキスワップ)における流動性提供の前に「Farm」にて提供する流動性通貨ペアを決めておく必要があります。(例:BUSD-BNB LPなど)

  1. 「Farm」を押下
  2. 「ライブ」を選択し「SORT BY(並び替え)」で「HOTやAPR」などの表示順を変える
  3. 「CAKE-BNB」や「BUSD-BNB」などの流動性提供するプロダクトを選定する
  4. 流動性提供するプロダクト(例:BUSD-BNB)の資産をウォレットに1:1の割合で保有する
教頭
教頭

上記でも解説していますが「BUSD-BNB LP」の通貨ペアで流動性提供したい場合は、両通貨共に「1:1」の割合で「BUSD」と「BNB」を保有しておく必要があります。

具体的には「BNBを1万円分保有」「BUSDを1万円分保有」するという形で、等しい金額を各通貨における数量で保有する必要があります。

予めウォレット内に提供する通貨ペアを用意しておく必要があるので、上記でも解説している「PancakeSwap(パンケーキスワップ)|仮想通貨の買い方」を参考に換金しておきましょう。

それでは早速、PancakeSwap(パンケーキスワップ)における流動性提供の手順を解説していきたいと思います。

  1. 「Trade」→「Exchange」から「流動性」→「流動性の追加」を押下
  2. 流動性提供する通貨ペアの1つ目を選択し数量指定する
  3. 流動性提供する通貨ペアの2つ目を選択する
  4. 「Approve 〇〇○」→「Supply」で「指定ペッグ」のLPトークンの入手完了

 

教頭
教頭

上記の流れで、ファーミングを開始するための下準備となる「LPトークンの入手」が完了しましたがまだファーミングを開始したわけではありません。

次は、実際にLPトークンをファーミングプロダクトに入金して収穫を待つ段階へと進めていきます。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|複利運用のイールドファーミングの始め方

PancakeSwap(パンケーキスワップ)におけるファーミングは前途でも解説してきた一連の流れが下準備となります。

ここからは、上記でいう「⑤「Farm」で指定ペッグのプロダクトにLPトークンを入金しファーミング開始」からの解説となります。

  1. 「Farm」→ファーミングしたいペッグプロダクトを選択する
  2. 「Enable(有効)」を押下
  3. トランザクションとガス代の確認をし「OK」を押下
  4. 「Stake LP」を押下
  5. StakeするLPトークン数量を指定し「Confirm」を押下
  6. トランザクションとガス代を確認し「OK」を押下
  7. 指定ペッグのファーミング開始

 

PancakeSwap Harvest(パンケーキスワップ ハーベスト)|流動性マイニングで得た報酬の収穫方法とタイミング

流動性マイニングで得た報酬の収穫は「収穫」から報酬回収できます。収穫にもガス代が発生するため収穫タイミングは、ガス代に負けないパンが焼き上がった段階となります。

収穫は一定期間パンケーキを焼いてからハーベストし、CAKEをステーキングして更に稼げる流れにするのが一般的なやり方となります。

流動性提供している通貨ペアの価格変動リスクが高いペッグでは、長期保有したり損失を被る可能性も高くなるためチャート確認をしてから購入することをおすすめします。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|LPトークンの解除方法

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で、流動性提供しているLPトークンを解除したい時のやり方は「ー」→「ステーキング解除」に進めて「最大」を押下し確定すると解除できます。

「ー」を押下してステーキング解除すると、収穫も一緒に行えるので、収穫のタイミングでアンステークする場合には「ー」から解除しましょう!

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|流動性の解除方法

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で提供している流動性の解除手順は以下の流れで行なえます。

  1. 「Liquidity」→「Your Liquidity」を押下
  2. 「Remove」を押下
  3. 提供している流動性提供の解除完了

 

教頭
教頭

上記の流れで、入手していたLPトークンがガス代を差し引いた数量相当分の通貨ペアがウォレットに返ってくるので確認しておきましょう。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|安全に運用したい時のおすすめの通貨ペア

リスクが低い通貨ペア標準リスクの通貨ペアリスクが高い通貨ペア
USDT-BUSDETH-BNBHYFI-BNB
BUSD-BNBYFI-BNBKUN-QSD
USDT-BNBCOMP-BNBMATH-BUSD
USDC-BUSDADA-BNBEASY-BNB
DAI-BNBCAKE-BNBPNT-PBTC
UST-BUSDMAMZN-UST・MGOOGL-UST・MNFLX-UST・MTSLA-USTHOO-BUSD

上記にもまとめていますが、自分自身が取れるリスクを考慮した通貨ペア選びが大事になります。おすすめはドルベックや主要暗号通貨とBNBペア」が安全度が高いです。

通貨ペアによっては保有リスクも変わり収穫(ハーベスト)の際の報酬も変わってくるため、取れるリスクやファーミングタイミングなどによって選別して利用しましょう。

仮想通貨(暗号資産)自体がボラティリティが高く、マイナーコインになると市場参入者が少ないため更に高いボラティリティが高くなるため高い価格変動リスクに晒される事になります。

具体的には「SORT BY(並び替え)」から「APR」を選択すると想定年利の高いプロダクトから順に表示される想定運用実績が高くなる反面、資産自体の高い価格変動リスクに晒されるということです。

年利100%以上のプロダクトも多数存在し、高いものでは年利1000%なども存在していますが日々変動する利率ではあるためリスクは高くなると考えて下さい。

校長
校長

年率50%以下のプロダクトが比較的安定しているため、最初はリスクオフ(安全資産)で取り掛かるようにして下さい。

また「Info」→「Pairs」からトップペアの確認や通貨ペア毎の流動性から取引ボリューム、年間の流動性なども確認できるから参考にしてみると良い。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方|シロッププール(Pool)ステーキング・Lottery・NFT・Info・IFO

PancakeSwap(パンケーキスワップ)Pools(プール)|複利ステーキング方法

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のイールドファーミング」で獲得したCAKEをステーキングして更に稼げる場所が「Pools」です。

Poolsを使ったステーキングのやり方は以下の通りです。

  1. ステーキングプロダクトの選別
  2. 有効を押下
  3. ステーキングを押下
  4. ステーキング数量を指定し開始
  5. 「ー」でステーキング解除

利用手順としては上記の通り簡単流れで行えます。

用意されているプロダクト複利運用の中には「Auto CAKE(自動再ステーキング)」というステーキングで得た資金を自動で再ステーキングできる商品もあります。

「Auto CAKE」は手軽に複利運用できるようになるため、ステーキングのあとに再ステーキングする手間なく運用できながら「Manual CAKE」よりも年率も高いから良いです。

 

教頭
教頭

ステーキング商品の見方として「獲得HYFI 年率70.30%」というプロダクトを例に解説すると、CAKEをステーキングして年利70.30%でHYFIトークンを貰うという形になります。

「Auto CAKE」や「Manual CAKE」は「CAKE」をステーキングして「CAKE」で受け取るという形になります。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|Lottery(抽選)のやり方

一致数当選者賞金金額(CAKE)
401,550
33620
253310
バーン620

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のLottry(抽選)は宝くじと同様で、10CAKEトークンで1枚の抽選チケットを購入を当選券を当てる運試しの賭けになります。

数字の一致する位置の数によって得られる報酬が代わり「2つ」合致するだけでも報酬が得られます。

常時開催されているわけではないため、開催時にチャレンジしてみる楽しみもあります。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|NFTアイテム一覧のCollectibles

「Collectibles」では、PancakeSwap(パンケーキスワップ)のNFTアイテムが表示されています。現時点では購入はできませんが、他のNFTマーケットではPancakeSwapのアイテム購入も可能です。

NFTマーケットが拡大している中、投資対象としてアイテム購入している層も多く、高値で取引されているため今後も付加価値が尽きやすいと言われているようです。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|Info

Infoでは、PancakeSwap内のトークンやペアを探したり、チャート確認やアカウント内の保有トークンの確認なども可能です。

トップペアの確認もできるため、流動性提供する際の参考に指標として利用すると良いです。

ファーミングする際には、通貨ペアの流動性やボリュームを取引同様に確認してから預けるようにしないと刈り取りタイミングで始めると損失を招きやすいので注意が必要です。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|IFO(Initial Farm Offering)

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のIFOは、プロフィールをアクティブ化しLPトークンを獲得することでIFOセールトークンの購入ができます。(トークンセールスに参加できます。)

BSC上のトークンプロジェクトの資金調達に利用されるため、ハイリスクハイリターンの上場前トークンを購入することができるようになります。

Pancake IFOでは「CAKE-BNB-LP(CAKE-BNBのLPトークン)」で資金調達を行うため参加したい場合には「CAKE-BNB」の流動性提供をお行いIFOセールストークンを購入しましょう。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|SNSやネット上の口コミや評判

 

pancakeswap ETHより手数料安いから良いです

 

 

ファーミング系は最初の価格下落の死の谷を乗り越えられるかにかかっている

 

 

パンケーキスワップ年利100%とか魅力的だけど数ヶ月で5~10倍になるコインはいくらでもある

 

 

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|よくあるQ&A

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のPrediction(市場予想)とは?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のPrediction(市場予測・バイナリーオプション)は、BNBUSDTのバイナリーオプションです。

予想開示時よりも高くなるか低くなるかを予想して、的中すれば勝ちとなり賞金獲得できます。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)にメタマスクで接続できない時は?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)における接続トラブルの際は、スマホやPCなど端末を変えて再度試してみると改善するケースもあります。

PCからの接続トラブルの場合は、キャッシュクリアも試して接続し直すと改善するケースもあります。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)|まとめ

 

今回は、イールドファーミングん代名詞とも言える「PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方や始め方」から「口コミ評判」も含めてお伝えしてきました。

自動複利機能も追加され活用し安くなっているため、従来よりも高い収益率で複利運用できます。

気をつけておきたい点が、報酬獲得にもガス代がかかってくるため収穫タイミングなどは無計画に行わずに収穫しておきましょう。

自動複利機能を使って収穫されたCAKEトークンの2%が利用料として自動で差し引かれる仕組みになっているので注意が必要です。

デフレメカニズムも機能しているのでCAKEトークン自体にも注目されているため今後も使えるアグリゲーターと言えます♪

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)仮想通貨取引所の使い方や始め方」を再確認する!

 

少額資金の副業トレードで毎月1~5万円を稼ぐことを目的とした情報をお届け!

初心者トレーダーで仮想通貨取引に興味がある方や、勝率が低く利益を出すことが出来ていない投資家向けのLINEアカウントです。

凄くシンプルな内容ですが、資金をコツコツ積み上げていく感覚を養っていく事ができる内容も含めてお伝えしてきます。

過酷な相場世界で、不利なトレードを減らし勝率の高い取引のみを繰り返すことができるキッカケにして下さい♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です