外国為替相場

【初心者のレバレッジ授業】ロスカットを防ぐ証拠金維持率の目安

FX取引におけるレバレッジは資金の少ない投資家にとっては、テコの原理となり準備した資金の何倍もの大きなポジションでの取引ができるようになりますよね!

レバレッジを効かせることで大きな利益確定できる時に心躍り「ドキドキしたり」ロスカットの不安で「ハラハラしたり」しますよね!

レバレッジを効かせることには、メリットもデメリットもありますが「自分自身はどのレベルのレバレッジを効かせれば良いのか?」という選択肢に迷ってしまうものです。

今回は、FX取引の中で資金を溶かさないために大切な「レバレッジやロスカット・マージンコールとは」「レバレッジと証拠金維持率の運用目安」「ロスカットを防ぐレバレッジの効かせ方」「海外FXの追証なしのゼロカットについて」等についてお伝えしていきますね!

 

FX取引におけるレバレッジとは?

「レバレッジ」とは「少額の資金で取引を始めたい方にも大きな利益を得ることができる取引方法」です。

金融庁が定めている、日本国内FX業者のレバレッジは最大25倍までとなります。

但し、海外FX業者では最大レバレッジが1000倍以上まで対応いている業者が存在し、ご自身の特性に合った取引口座を選ぶ必要があります。

レバレッジ取引においては資金効率の高い取引ができ大きな利益確保も狙えますが、為替変動により大きな損失を被る可能性もあるリスクについてはあらかじめ十分に念頭に置いておく必要があります。

 

FX取引のロスカットとマージンコールとは

「ロスカット」とは、FX取引において含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる「強制決済(強制退場・損失確定)」されることをいいます。

取引を強制的に終了させてこれ以上の損失を抑えてくれるものになります。

「マージンコール」とは、取引中に一定以上の損失を出すと証拠金の維持率低下を警告してくれるサービスとなります。

「マージンコール」や「ロスカット」があることで、利用者が預入している証拠金以上の損失を出さないようにすることができます。

 

FX取引における証拠金維持率

「証拠金維持率」とは「ポジションの必要証拠金に対する口座の残高(資金額)との比率(割合)」のことです。

証拠金維持率(%)=純資産(有効証拠金)÷必要証拠金× 100(%)

~詳しい計算式はこちら~

(口座資金±含み損益)÷(レート×保有通貨÷レバレッジ)×100=証拠金維持率(%)

証拠金比率を一定に保つことでロスカットや追証を避けることができながら、レバレッジを効かせてながらリスクを抑えて取引することができます!

「国内のFX業者ではロスカットになる証拠金維持率は50%から100%」となり「海外FX業者ではロスカットになる証拠金維持率が20%程度」となっています。

海外FX業者を利用するとロスカットされにくい特徴はありますが、証拠金維持率は高いほど安全にはなります。

余裕を持ってあらゆる状況に対処出来るようにルールを作り、どんな局面においても自分たちで決めたルールの証拠金維持率を下回らないように運用していきましょう。

 

レバレッジ取引における初心者の証拠金維持率の目安

レバレッジの大小で利益も損失も大きく変化しハイリスクハイリターンになります。

取引額の約5%前後にあたる証拠金が必要となり、必要証拠金に対しての資金的余裕があるのか把握できる証拠金維持率を確認しながら取引する必要があります。

レバレッジの大小が善し悪しではなく証拠金維持率の水準を余裕を持った200%から300%を目安に保つことが、当サイトを海外FXの専門学校が推奨する証拠金維持率となります。

リスクは必ずしも悪ではありませんがFX取引において最も大切な事は1回1回の取引での損失はあっても、

次回の取引をすることができないようになるような大きな損失を出さないことが何よりも大事なことだからです。

追加証拠金発生のリスクを起こさないように相場の反転を見越した利益確定をするように逆指値を入れるようにしておきましょう!

 

海外FXのゼロカットとは 追証なしとは

「追証なしゼロカット」とは「FX業者が利用者に対して追加で導入してもらいたい証拠金」のことを意味します。

日本国内のFX業者であれば証拠金維持率を下回った場合ロスカットをするFX業者がほとんどですが、海外のFX業者では口座残高以上の損失が発生したとしても追証なしのゼロカットになるのです。

日本でもこの追証なしのゼロカット制度を義務付ければよいのですが、FX業者が損失の補填をしなければならないので義務付けれれてはいません。

海外のFX業者は、追証なしのゼロカットにより云わばカードローンと同じ位置づけの追証金となるトレーダー損失に対して補填してくれるので必要以上の借金やリスクを背負う必要がないものすごいメリットのあるサービスを提供してくれているのです!

 

日本国内での金融庁による追証禁止について

日本国内のFX業者では、口座残高以上の損失発生した場合には利用者は追証する必要があります。

なぜなら、金融商品取引法の条文に損失補填の禁止の記載があり第三者となるFX業者が顧客の損失を補填する事を禁止しているからです。

海外のFX業者を利用する何よりのメリットが、この追証なしのゼロカットシステムがあるです!

 

まとめ

 

今回は、FX取引での「証拠金維持率の目安」や「ロスカットを防ぐレバレッジの効かせ方」などについてお伝えしてきました。

為替相場ではコロナショップや災害企業の業績や経済指標などの様々な要因が複雑に絡み合い突然の価格変動を起こすかわかりません。

レバレッジを聞かせることで少ない資金で多くのポジションを持つことができますが、ポジションを持ちすぎると言う危険性もあります。

証拠金維持率が下がりすぎないように気をつけながらポジションを持つようにしましょう!

追証なしのゼロカットである海外FX業者を利用してもロスカットを回避する運用の仕方は大切なので念頭に置いてトレードしてくださいね!

 

POSTED COMMENT

  1. […] 【初心者のレバレッジ授業】ロスカットを防ぐ証拠金維持率の目安FX取引におけるレバレッジは資金の少ない投資家にとっては、テコの原理となり準備した資金の何倍もの大きなポジシ […]

  2. […] 【初心者のレバレッジ授業】ロスカットを防ぐ証拠金維持率の目安FX取引におけるレバレッジは資金の少ない投資家にとっては、テコの原理となり準備した資金の何倍もの大きなポジシ […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です