暗号資産(仮想通貨)について

LEO(Unus Sed Leo/レオ)仮想通貨の取扱取引所や今後の将来性とチャート価格

取引所の独自トークンの「BNB(Binance)・OKB(OKEX)・HT(Huobi)・LEO(Bitfinex)」は大きな値上がりをしている銘柄です。

取引所トークンは、各取引所で保有しておくことで得られる「手数料が安くなる」絶対的メリットも有り一定量ホールドしている人も多く馴染み深いユーザーも多いですよね!

今回は、順調に成長している独自トークンの「LEO(Unus Sed Leo/レオ)仮想通貨の特徴」や「取引所での購入方法から今後の将来性」までお伝えしていきます。

新しいサービスを提供する時に投資家の興味に火をつけやすい取引所トークンの勝機を見定めてみてくださいね♪

 

取引所名世界ランキングコイン数手数料
BINANCE13240.02%~0.04%
BYBIT28-0.025%~0.075%
OKEX32410.02%~0.05%
FTX62800.02%~0.07%
MXC146220.20%
Bilaxy448090.15%
HOTBIT6412150.05%~0.1%
BITTREX753570.25%

LEO(Unus Sed Leo/レオ)仮想通貨仮想通貨とは?特徴まとめ

名称Unus Sed Leo
通貨単位LEO
仮想通貨ランキング17位(2020.7月現在)
プラットフォームleo.bitfinex.com
タイプ
発行日2014年6月
発行上限数1億2900万枚(LEO)
ホワイトペーパー
開発組織
  • Unus Sed Leo Limited
特徴
  • ユーティリティトークン
  • 様々な用途で利用できる
  • BTC.ETH.USD.USDT.EOSとの取引ペアに用いることができる

LEO(Unus Sed Leo/レオ)とは、Bitfinex取引所の独自トークンでBitfinexの手数料支払いだけではなくBitfinexの運営元の「Ethfinex取引所」でも利用可能です。

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)では、10億円相当のテザー(USDT)調達に成功したことでも話題になりました。

LEOの特徴として、ロックアップなしで米国内または米国人に対して提供または販売ができない事になっていますが取引所を通すことで売買可能となっています。

ユーティリティートークンだから活用性が高いだけではなく、前月の売Bitfinexの売上の最低27%を買い戻し、その一部をバーンして価格上昇させていっています。

  1. 毎月の連結売上の27%を市場から買い戻し
  2. 発行から18ヶ月以内にLEOトークンをバーンしていく
  3. ハッキング損失の取り戻し分80%のBTCをLEOでバーンする

LEO自体は2019年上場の通貨であるため、歴史は浅いですが供給状況からバーン状況なども透明性が有り投資家にも人気のトークンとして成長しています♪

取引所の独自トークンは、BNBの様に200%以上の成長期待もできますが、法律による規制等にも影響を受けやすく投機的要因(未知のリスクや不確実性)も含んでいるので大量保有するときは動向注視するようにしましょう!

※取引所マイニングの通貨ではないため、一気に100倍成長!という風にはならなと思われますがゆっくりと確実に成長していく通貨になってほしいですね♪

Huobiの独自トークン「HT」が国内取り扱い開始しています!
Huobi Token(フォビトークン)国内初取り扱い開始!仮想通貨取引所のフォビ(Huobi)が国内で初めて独自の暗号通貨の「HT(フォビトークン)」を取扱う取引所として公開されることが報じられ...

 

LEO(Unus Sed Leo/レオ)仮想通貨チャートから見る今後の将来性

2018年価格推移110.81円~211.34円(1LEO)
2019年価格推移100.67円~188.41円(1LEO)
2020年価格推移87.88円~135.44円(1LEO)

LEO(Unus Sed Leo/レオ)仮想通貨の成長は、一定の水準を保ちながら現状維持の状態を現状は維持しています。

Bitfinexは、過去の歴史から見ても仮想通貨業界にデリバティブ取引を取り入れたり暗号資産の発展に貢献している取引所でもあり今後新たなサービス展開をする際は特に爆発的成長を見せる可能性を秘めています。

独自トークンの価値を上げるために、トークン購入の支払い方法をLEOに限定するなど多くの成功事例を活用するだけでも価値は上昇するものです。

仮想通貨市場のトレンドを先行するBTCの値動きを上回るパフォーマンスになるチャンスも有るので見落とさないように波に乗るようにしましょう♪

 

LEO(Unus Sed Leo/レオ)仮想通貨を取り扱いしている取引所 TOP2

LEO(Unus Sed Leo/レオ)取り扱い仮想通貨取引所①「OKEX」

名称OKEX取引所(オーケーイーエックス)
取引の種類現物取引・レバレッジ取引・先物・C2C取引・スポット取引
最大レバレッジ10倍
仮想通貨の種類144種類
通貨ペア390通貨ペア
手数料メーカー0.1%・テイカー0.15%
日本語対応
サポート
スマホアプリ
OKEX取引所の登録方法
OKEX仮想通貨取引所口座開設登録や使い方!取引・入出金方法・日本人評判OKEXは世界最大級の知名度や利用者・BTC流通量を誇り、他プラットフォーム支援による市場発掘や創出によりブロックチェーン業界の成長に寄...
取り扱いペア

LEO/BTC・LEO/USDT・LEO/USDK・LEO/ETH

 

LEO(Unus Sed Leo/レオ)取り扱い仮想通貨取引所②「Bitfinex」

名称Bitfinex取引所
取引の種類現物取引・OTC取引
仮想通貨の種類149種類
通貨ペア288通貨ペア
手数料0.2%
日本語対応
サポート
取り扱いペア

LEO/USD・LEO/USDT・LEO/BTC・LEO/EOS・LEO/ETH

 

LEO(Unus Sed Leo/レオ)仮想通貨の買い方(購入方法)

  1. 日本国内の仮想通貨取引所の登録「bitFlyer・GMOコイン」がおすすめ
  2. 日本国内の仮想通貨取引所で「BTC(ビットコイン)」購入
  3. LEO取り扱いしている海外仮想通貨取引所の登録
  4. 海外仮想通貨取引所のKYCや二段階認証設定などを完了させる
  5. 「日本国内の仮想通貨取引所」から「海外の仮想通貨取引所」へビットコインを送金する
  6. 「LEO/BTC」という組み合わせを探して「BTC→LEO」にかえる
  7. LEO購入完了
①~②国内の仮想通貨取引所の口座開設
bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録!使い方や入出金方法・口コミ評判bitFlyer(ビットフライヤー)は仮想通貨取引料も多く、初心者向けの板取引から上級者向けのBTC(ビットコイン)FX取引も可能な名実...
③~⑦国外の仮想通貨取引所の口座開設
OKEX仮想通貨取引所口座開設登録や使い方!取引・入出金方法・日本人評判OKEXは世界最大級の知名度や利用者・BTC流通量を誇り、他プラットフォーム支援による市場発掘や創出によりブロックチェーン業界の成長に寄...

 

LEO(Unus Sed Leo/レオ)仮想通貨の口コミ・評判

 

LEOトークン強い!

レオトークン上がっている可能性大!

レオコインこそ未来の通貨だ!

LEOに期待している

 

よくあるQ&A

 

ユーティリティトークンとは何ですか?

特定のサービスやシステムで利用されるトークンのことで、レオはBitfinex取引所での様々な用途に用いられる目的で開発されたユーティリティトークンです。

どんな活用方法がありますか?

Bitfinexでの手数料支払だけでなく同取引所の運営元であるifinrxが運営するethfinex Trustlessでも利用できます。

 

まとめ

 

今回は「LEO(Unus Sed Leo/レオ)仮想通貨の特徴や今後の将来性」などについてお伝えしてきました。

Bitfinexは仮想通貨取引所の中でも時代を先導してきたサービスを提供してきた取引所であるため、LEOトークンの今後の成長は「何かが起こしてくれる!」という期待がありますよね!

取引所トークンは、買い戻しバーンが採用されていても取引所の収益としては大きくないですがトレーダーにとってもメリットは「取引手数料割引の節約」という大きなメリットがあり需要は確実にあります。

そしてIEO案件の参加資格も独自トークンの保有量と相関性が有るのが一般的であるためBitfinexが今後どのような施策を出しながら成長せさせいくのか楽しみですね♪

 

少額資金の副業トレードで毎月1~5万円を稼ぐことを目的とした情報をお届け!

初心者トレーダーで仮想通貨取引に興味がある方や、勝率が低く利益を出すことが出来ていない投資家向けのLINEアカウントです。

凄くシンプルな内容ですが、資金をコツコツ積み上げていく感覚を養っていく事ができる内容も含めてお伝えしてきます。

過酷な相場世界で、不利なトレードを減らし勝率の高い取引のみを繰り返すことができるキッカケにして下さい♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です