暗号資産(仮想通貨)について

NFT仮想通貨の仕組みとは?アート銘柄や取引所売買のやり方や今後の将来性

NFT(ノン・ファンジブル・トークン)は、保有者がデジタル商品を公に販売することができる非代替トークンとして唯一無二の所有権を獲得できる暗号資産(仮想通貨)です。

コレクター商品の市場の効率的循環や所有権や担保などとしての活用も可能で、売り手と買い手のコミュニティとしても期待されています。

今回は、知的財産を技術的に保全できる「NFT暗号資産(仮想通貨)の特徴や仕組み」から「デジタル資産の売買方法・取引所でのトークン購入方法・口コミ評判までお伝えしていきます。

デジタルアイテムやキャラクター、音楽にアートなど業界の枠を超えて価値の保存や交換を可能にし、日本でも市場拡大が期待されているトークンの特徴を掴むキッカケにして下さい♪

 

取引所名コイン数手数料
BINANCE3580.02%~0.04%
FTX2510.02%~0.07%
MEXC8230.20%
Bitget590.04%~0.06%
OKEX2760.06%~0.100%
BITTREX4310.25%
HOTBIT16250.05%~0.1%
DigiFinex2640.2%
BYBIT20-0.025%~0.075%


NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄|Non Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)とは?特徴や仕組み

名称NFT(ノン・ファンジブル・トークン)
通貨単位NFT
仮想通貨ランキング691位(2021.3月現在)
プラットフォームEthereum
タイプERC-20(ERC-721)
発行日2020年
発行上限数
時価総額\2,820,568,498.89(2021.3.22現在)
ホワイトペーパー
ロードマップ
開発組織NFT Protocol
特徴
  • デジタル商品の取引
  • デジタル資産と物理資産の両方の所有権を表す非代替トークン
  • デジタル商品の循環分散型プラットフォーム

NFT「Non Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)」仮想通貨(暗号資産)とは、デジタル商品の効率的な市場循環を可能にする分散型プラットフォームです。

「唯一無二の証明価値証明と分割が不可能」という特徴を兼ね備えており、美術品の様にトークン毎の固有価値を生み出しブロックチェーンで所有権の管理や保全が可能になります。

「個別の識別子・発行日・追加メタデーター」など各NFTトークンに記載可能で贋作などの偽造も不可能で全てブロックチェーン上に記録される点も有用性があります。

NFTのデジタル商品は、代替可能な資産全てのデジタル資産化を可能にするプロトコルで、物理的な商品の効率的な価格設定や交換を可能にする大注目の暗号資産となっています。

教頭
教頭

現実世界での美術品や芸術品、会員権、金融証券や債権、抵当権や所有権、自動車やバイク、ゲームのアイテムなど資産性の高い資産は管理上も合理性がありブランド的にも付加価値が付けやすいです。

校長
校長

美術品や骨董品のような現物商品の全世界への循環が難しい商品なども世界には多数存在しています。

NFTトークン化することで換金性の高いバーチャル資産をして流通させることで有能クリエイターの発掘や業界活性化にも繋がり各業界において高い恩恵が受けられる可能性を秘めています。

 

【所有権追跡が可能な暗号資産】VeChain(ヴィチェーン)/VET仮想通貨の特徴や今後の将来性!
VeChain(ヴィチェーン)VET仮想通貨の取引所とウォレット・今後の将来性!多くのアルトコインが急成長を遂げている中でメジャー通貨の仲間入りを果たそうとしている「VET」に多くの投資家が注目していますよね! ...

 

NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄|チャート価格や今後の将来性

期間価格推移
2020年4.07384円~20.923524円(1 NFT)
2021年13.168351円~82.218155円(1 NFT)

NFT(ノン・ファンジブル・トークン)仮想通貨(暗号資産)の今後の将来性は、日本国内の「Coincheck(コインチェック)取引所」に上場を果した話題のトークンの一つです。

ブロックチェーン上に固有の非代替性の権利証を割り当て、暗号資産と交換できる現実が日本でも他影響され始めることで「美術品・固定資産・不動産」などの売買サービスもNFT担保のレンディングサービスも登場しています。

今後更に現物資産のNFTトークン化が進んでいくことは必然的と考えられ、世界規模で固有トークン化が進むことを想定するとNFTの資産価値上昇も納得できます。

教頭
教頭
Coincheck(コインチェック)マーケットプレイス事業に参画する企業の動向や、NFT関連株などの動向にも注目が集まっており、新たな暗号資産の流通が期待されています。

 

校長
校長

NFT(Non Fungible Token)仮想通貨(暗号資産)の投資対象としての評価は「ETH2.0」の進化の恩恵を受けることは間違いないでしょう。この影響だけでも凄いと思います。

また「資産のデジタル化による価値の保全」や「安全なP2P取引や管理」というデジタルに鈍感な芸術家やクリエイターの市場の改善にも貢献できることもあり期待性の高い金融商品です!

 

NFT(Non Fungible Token/ノン・ファンジブル・トークン)|仮想通貨(暗号資産)銘柄一覧

通貨銘柄シンボル
Chiliz(チリーズ)CHZ
Enjin Coin(エンジンコイン)ENJ
Decentraland(ディセントラランド)MANA
Flow(フロー)FLOW
SAND(サンド)SAND
WAX(ワックス)WAXP

 

NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄|日本の関連銘柄株

銘柄名/コード上場先
Shinwa Wise Holdings(シンワワイズ)/2437ジャスダック
ガーラ/4777ジャスダック
ギークス/7060東証一部

上記にもまとめている通り、NFT関連株の中でも特に有力候補となるのが「Shinwa Wise HD/2437」です。

実物資産に紐付けして権利所在を明確にし、アート作品を販売しデジタルコンテンツをNFT化して流通させる構想があり、美術品のデジタルコンテンツ化を現実化しています。

ブロックチェーンを活用した「グローバルアートプラットフォーム」の構築に向け経営資源を集中してアート業界の枠を超えた投資家にも注目され成長を期待されています。

ガーラーやギークスはNFT関連のゲーム銘柄です。その他にも多数のゲーム企業が多数有りますが、今回特筆すべき注目株としては「Shinwa Wise Holdings/2437」となっています。

 

NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄|Non Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)購入取引所ランキング一覧

※CoinMarketCapにおけるNFT市場をランキングを参考にしたランキング構成となっています。

NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄購入取引所①|高機能AI売買が可能なBIBOX

取引所名称BIBOX(ビボックス)
取引の種類現物取引・レバレッジ取引・先物取引
通貨ペア185種類
取引手数料
  • Taker:0.1%
  • Maker:0.1%
スプレッド1.1%
入金方法
  • 仮想通貨
日本語対応
スマホアプリ

 

BIBOX取引所の口座開設方法や使い方の解説!
日本人向け!BIBOX取引所の登録ログイン|使い方・入出金方法・口コミ評判中国のデジタル法定通貨が進む中、本国では厳しい規制を強いられるためエストニア拠点で急成長している中華系交易所がBIBOX(ビボックス)仮...

 

NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄購入取引所②|日本国内唯一のマーケットプレイス Coincheck(コインチェック)

取引所名称Coincheck(コインチェック)
取引の種類現物取引
通貨ペア15種類
取引手数料無料
スプレッド1.1%
入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金(pay-easy)
サービス
  • 仮想通貨売買
  • 貸仮想通貨
  • ビットコイン積立投資
日本語対応
スマホアプリ

 

コインチェックの口座開設方法や使い方の解説!
コインチェック/coincheck取引所口座開設キャンペーン登録!使い方や評判Coincheck(コインチェック)はビットコイン決済サービスの「Coincheck Payment」や、歴代のビットコイン支払いサービ...

 

NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄|取引所売買・ステーキング・クリプトアート購入方法

NFT仮想通貨(暗号資産)|取引所における売り方・買い方などの売買方法

NFT仮想通貨(暗号資産)の取引所における購入、売却方法は通常現物取引となるため多くの取引所同様の売買方法で取引を行うことが出来ます。

予め「NFT取引所のBIBOX」の「Market」でNFT現物資産取引画面に進目ておきましょう!

  1. 」から「NFT/USDT」の通貨ペアを選択
  2. 取引する銘柄名が表示(※今回はNFUSDTが表示されている状態)
  3. その他の取引銘柄
  4. チャート画面
  5. 買い注文画面
  6. 売り注文画面
  7. Odre Book(取引板)
  8. 注文履歴

取引所における画面構成は上記の通りです。実際の買い注文の流れ、売り注文方法を個別に解説していきます。

上記の取引画面に割り振りしている各項目を元に解説していくので参考にして下さい。

NFT暗号資産の買い方の流れ
  1. 買い注文画面で「指値注文」を選択
  2. 「Order Book」から直近の気配値を参考に購入したい価格を選択する
  3. NFT購入するUSDT数量を「25%~100%」の中から指定する
  4. 購入金額(USDT表記)を確認する
  5. 「購入 NFT」を選択
  6. NFT仮想通貨の購入注文完了

 

NFT暗号資産の売り方の流れ
  1. 売り注文画面で「指値注文」を選択
  2. 「Order Book」から直近の気配値を参考に売却したい価格を選択する
  3. 売却するNFT数量を「25%~100%」の中から指定する
  4. 売却金額(USDT表記)を確認する
  5. 「売出 NFT」を選択
  6. NFT仮想通貨の売却注文完了

 

NFT仮想通貨(暗号資産)|UNISWAP(ユニスワップ)売買方法

 

Uniswap(ユニスワップ)は、自動化された分散型取引所の代表格の一つでもあり手数料も安く1,500種類以上のトークン取引が可能だからDeFi投資家やイールドファーマーの間で得に人気です。

教頭
教頭

メタマスク(Meta Mask)やWallet Connect等のウォレットアプリを利用して取引することになりるため、専門的知識や経験も必要になるため初心者向きの取引所ではない点は予め留意しておきたい。

Ethereum(イーサリアム)のERC-20規格のトークンであれば取引であれば、その都度のレートで簡単に取引できる点においては初心者向きですが理解し難い部分も初心者にはおおいです。

本人確認のKYCなども不要で利用できる非中央集権の取引所(DEX)であるため、利点も多く存在しますがリスクも有るということになります。

「Uniswap」は「yearn.finance」や「Beefy Finance」「Pancake Swap」などと同じように、流動性提供することでガバナンストークンの「UNIトークン」を獲得できます。

Uniswapで「NFTトークン」を購入する方法は、以下の通りです。今回は「ETH→NFT」に交換する手順で解説していきますね♪

  1. 「Uniswap」で「Swap」の画面を開く
  2. 「From」交換前の通貨(ETH)指定をし数量指定する
  3. 「To」の「Select Token」から交換後の通貨(NFT)選択
  4. 「Approve」で承認許可を出す
  5. 「Swap」を選択し画面に従い「Confirm Swap」を選択
  6. NFT仮想通貨に交換完了

 

UNI(ユニ/Uniswap)仮想通貨とは?購入取引所やチャート価格・今後の将来性
UNI(ユニ/Uniswap)仮想通貨とは?購入取引所やチャート価格・今後の将来性Uniswap利用者に一律「400UNI」を配布したことで「UNIトークンが給付金」として先日話題となり、前日比+2000%を超える上昇...

 

NFT仮想通貨(暗号資産)|ステーキング方法

NFT Protocol|Staking」のステーキング方法は「Meta Mask」などのウォレットアプリが必須になります。通常は90日間のステーキング期間ですが、途中でUnstakingも可能です。

  1. ウォレットアプリに接続
  2. ステークするNFT通貨の数量を調整
  3. NFTステーキング数量を確認
  4. 「Stake NFT」を選択 → NFT仮想通貨のステーキング開始
  5. 「UnStake All NFT」でステーキング全解除

 

NFT仮想通貨(暗号資産)|CryptoArt(クリプトアート)マーケットプレイスでの購入方法

 

NFT CryptoArt(クリプトアート)を購入したり販売するマーケットプレイス(プラットフォーム)は世界中に数多くあります。代表的な場所は以下の通りです。

上記にもまとめている通り、数多く存在していますが国内の「Coincheck取引所」でもスタートしています。(2021.3.24~)

CryptoArt(クリプトアート)の購入方法はいずれのプラットフォームでも同様の流れとなっています。

  1. CryptoArt(クリプトアート)のプラットフォームでアカウント登録
  2. 接続するウォレットにETHを送付する
  3. アカウント登録したプラットフォームでETHを保有するウォレットアドレスでサインアップ
  4. 購入したいCryptoArt(クリプトアート)を選択
  5. 「Buy Now」または「希望価格で入札してアーティスト」からの受け入れを待つ
  6. CryptoArt(クリプトアート)の購入完了

CryptoArt(クリプトアート)は実際に唯一無二の存在として印刷ももちろん可能です。

NFTを流通させていくためにはDEX取引所のような場所で二次利用してファーミングしたりする未来も来るかもしれません。

NFTの面白いところは、売却したあともアーティストに2次売却、3次売却でも手数料報酬が入るため期待されています♪

校長
校長
イーサリアムが社会的で創造的な経済を構築している代表的な例でもあり、副産物的に世界中の人々が好きな仕事をして生活できる未来も実は近いのかもしれません。

 

NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄|SNSや2ちゃんねる等ネット上の口コミ評判

 

NFTは落ち着いたとはいえGoogle検索は上昇中

 

NFT活況!ゲーム株上昇率ランキング

 

NFT狂騒曲、金融イノベーションとしての未来は

 

 

NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄|よくあるQ&A

 

NFTトークンの価値証明は未来永劫担保されますか?

NFTは固有の価値証明が可能なため「代替不可能な価値」を生み出すことが可能です。ブロックチェーン上で所有権の管理ができるため、明確に「所有物」としてNFTトークンなどと交換可能です。

NFTトークンが存在する限り価値証明は担保されますが、NFTトークンが証明すると価値も消滅することなるため投機的な面も含まれています。

今後NFTはビジネス面での活用は拡大していくことになることが予想されます。その中で新たなイノベーションが生まれ、派生し新たな世界が生まれることを考えるとワクワクしますね♪

NFTの所有権は安全ですか?

NFTの所有権はブロックチェーンでアドレス管理されます。どのブロックチェーンアドレスに美術品などの資産が紐付いているか台帳に確実に記載されているので追跡も可能です。

悪意のあるユーザーがNFTトークンを盗難することは現実的には粗不可能となっています。もちろん偽造も不可能なのがNFTの特徴でもあるため安全に資産保全可能です。

 

NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄|まとめ

 

今回は、世界中から贋作を排除できる画期的なトークンでもある「NFT(ノン・ファンジブル・トークン)の特徴」や「購入方法・口コミ評判」なども含めてお伝えしてきました。

ブランド品や美術品、不動産や紙幣などにおいても偽造することが極めて困難な仕組みとなっており各分野にて広く普及していくことが期待されていることもあるため現物資産としての価値も期待できます。

世界中のクリエイターが自分の作品を100%管理可能で、先々の所有者の特定も把握できることなどを考慮しても今後NFT価格が爆発する大きな起爆剤となる出来事が起こることでしょう。

NFTトークン電子取引による売買も可能で、クロスチェーン技術による移譲など引き換えから交換・換金など様々な使い方ができます。

今後各分野で飛躍的な成長を見込める暗号資産であるため、今のうちにガチホしてみてはいかがでしょうか♪

 

NFT仮想通貨(暗号資産)銘柄|Non Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)購入取引所 TOP2」をチェック!

 

少額資金の副業トレードで毎月1~5万円を稼ぐことを目的とした情報をお届け!

初心者トレーダーで仮想通貨取引に興味がある方や、勝率が低く利益を出すことが出来ていない投資家向けのLINEアカウントです。

凄くシンプルな内容ですが、資金をコツコツ積み上げていく感覚を養っていく事ができる内容も含めてお伝えしてきます。

過酷な相場世界で、不利なトレードを減らし勝率の高い取引のみを繰り返すことができるキッカケにして下さい♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です