仮想(暗号)通貨について

CENNZ(Centrality/セントラリティー)仮想通貨の取扱取引所での購入方法!

ニュージーランド政府から返済不要の出資を受けているCentrality(CENNZ)って一体どの様な仮想通貨なのか気になりますよね!

仮想通貨下落の波によって低迷していたCentralityも2019年から上昇基調にあり今後のBITCOINの価格上昇にも後押しされながら上昇していく期待が高まっています。

今回は、2018年のICOで100億円の資金調達を僅か6分で達成した「CENNZ(Centrality/セントラリティー)仮想通貨の特徴」や「今後の将来性」などについてお伝えしていきます。

世界的なデジタル法定通貨の波や暗号通貨バブルに後押しされる有力候補の通貨の基本情報や将来性まで順に解説していくので参考にしてみてくださいね♪

 

CENNZ(Centrality/セントラリティー)仮想通貨とは?特徴まとめ

名称 Centrality/セントラリティー
通貨単位 CENNZ
仮想通貨ランキング 230位(2020.7月現在)
プラットフォーム Ethereum
タイプ ERC-20
発行日 2018年1月
発行上限数 12億枚(CENNZ)
ホワイトペーパー
開発組織
  • Centrality
特徴
  • 分散型アプリケーション(DApps)プラットフォーム
  • モジュールによって簡略化されたアプリ開発が可能
  • ユーザーは一つのアカウントでCentrality全てのアプリを利用できる
CENNZ(Centrality/セントラリティー)とは、ステーキングトークンであり参加することで独自手数料トークンのCPAYをブロック報酬として受け取りながらCENNZ自体の価値を高めることができる仮想通貨です。

CPAYはCENNZX取引所で取引可能となり、ウォレット間での直接送金も可能となっています。

ニュージランド政府からの返済不要の出資や明治大学からの出資、大手企業のAmazon AWSとの提携など期待の高いプロジェクトとしても認知されています。

Centralityには分散型DApp開発プラットフォームがありCENNZと相互連動しながら「データ・顧客だーた・ウォレット等」のデータ共有が行われています。

ブロックチェーン技術は世界で1%程度しか浸透していないと言われている中で注目を集めた理由が、EthereumのDApps構築は難易度高か目でCENNZが提供する「モジュール」によって簡単にDApps構築が可能になったことが理由となっています。

 

CENNZ(Centrality/セントラリティー)仮想通貨の6つのサービス
  1. Causality・・・ビッグデータの収集・処理のサービス
  2. Single Source・・・詐欺やマネーロンダリングによる漏洩を防止するサービス
  3. Centrapay・・・決済サービス
  4. CENNZnet・・・分散型アプリケーションのエコシステムをサポートするために「Centrality」が設計・構築したブロックチェーン
  5. Singular X・・・暗号通貨取引所サービス
  6. Sylo・・・メール送受信・電話・チャット機能のサービス

CENNZ(Centrality/セントラリティー)仮想通貨チャートから見る今後の将来性

2018年価格推移 3.45円~51.34円(1CENNZ)
2019年価格推移 1.67円~18.89円(1CENNZ)
2020年価格推移 4.23円~10.44円(1CENNZ)

CENNZ(Centrality/セントラリティー)仮想通貨の将来性は、ICOでの100億円の資金調達を僅か6分で達成した経緯もあり今後も伸び幅の大きいプロジェクトです。

ロードマップに従い着々とプロジェクト運営も行われながら企業提携も行われていますが仮想通貨価格の低迷によって価格上昇ができていない通貨という印象です。

暗号通貨取引所での上場を果たしながらプラットフォーム活用によるアプリ開発を行う企業が増加することが成長する上でのカギであり命運を分けるポイントになりそうです♪

10円前後の現在価格は、通貨価値以下の格安の市場価値となっておりもうすぐ起こるであろう仮想通貨バブルで大きく成長できるプロジェクトになる風潮の有る通貨となっています!

 

CENNZ(Centrality/セントラリティー)を取り扱いしている仮想通貨取引所「HitBTC」

名称 HitBTC(ヒットビーティーシー)取引所
取引の種類 現物取引
仮想通貨の種類 400種類
通貨ペア 899通貨ペア
取引手数料 0.01~0.1%
日本語サイト対応
日本語サポート
スマホアプリ

 

HitBTC取引所の口座開設と詳細はこちら
日本人登録再開?HitBTC仮想通貨取引所の入出送金・ログイン方法や使い方HitBTC取引所は、2019年11月に日本人利用者の利用制限を実施していましたが2020年6月現在は日本人登録は可能ですが取引は出来ま...
取り扱いペア

CENNZ/BTC・CENNZ/ETH

 

CENNZ(Centrality/セントラリティー)仮想通貨の買い方(購入方法)

  1. 日本国内の仮想通貨取引所の登録「bitFlyer・GMOコイン」がおすすめ
  2. 日本国内の仮想通貨取引所で「BTC(ビットコイン)」購入
  3. CENNZ取り扱いしている海外仮想通貨取引所の登録
  4. 海外仮想通貨取引所のKYCや二段階認証設定などを完了させる
  5. 「日本国内の仮想通貨取引所」から「海外の仮想通貨取引所」へビットコインを送金する
  6. 「CENNZ/BTC」という組み合わせを探して「BTC→CENNZ」にかえる
  7. CENNZ購入完了
①~②国内の仮想通貨取引所の口座開設
bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録・新規取引の使い方日本で一番仮想通貨の取引量が多く使いやすい取引所でもあるbitFlyer(ビットフライヤー)は初心者の方も簡単に利用できながら仮想通貨 ...
③~⑦国外の仮想通貨取引所の口座開設
日本人登録再開?HitBTC仮想通貨取引所の入出送金・ログイン方法や使い方HitBTC取引所は、2019年11月に日本人利用者の利用制限を実施していましたが2020年6月現在は日本人登録は可能ですが取引は出来ま...

 

CENNZ(Centrality/セントラリティー)仮想通貨の口コミ・評判

 

CENNZホルダーで良かったと思う瞬間

セントラリティの優位性に気づけた方は本当にラッキーです

仮想通貨プロジェクトの中で一番推せる!

よくあるQ&A

 

セントラリティが注目されるようになった理由は何ですか?

アプリケーション開発を簡単にするモジュールを提供することにより、DApps開発への参入障壁を低くすることに成功したことです。

DAppsとは何ですか?

非中央集権分散型アプリケーションのことでセキュリティが高いこと、取引に透明性があることなどの特徴を持ちます。

まとめ

 

今回は、日本でも注目度の高い「CENNZ(Centrality/セントラリティー)仮想通貨の特徴や今後の将来性」などについてお伝えしてきました。

Centralityは1アカウントですべてのアプリを利用することができるので面倒な手続きも少なくユーザビリティの高いプラットフォームになっています!

モジュールによってイーサリアムの難点を克服したことで分散型アプリケーション(DApps)の開発の参入障壁が低くなったことでの企業参入も今後増加していくことでしょう。

有名企業との提携により信頼性も厚いCentralityが切り開く未来に一部資金を投下し、将来に備えを作る賢明な選択肢を持ってみませんか?

コロナショックにより20代の女性のうち20%以上が資産運用を行うようになったそうです。

若年層の女性が成功するとき、あなたも同じ境遇を作るための種まきを実践シていくことをおすすめしますよ♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です