仮想(暗号)通貨について

【匿名通貨とは?】マネーロンダリング/資金洗浄に狙われる暗号通貨一覧

暗号通貨は良くも悪くも「通貨保有者のプライバシーを守る」ことを第一に考えられた通貨であるがために出てくる問題が「マネーロンダリング」です。

仮想通貨といえばブロックチェーンや暗号化などで情報は全く見えないと思われがちですが、暗号通貨とは「データベース」でありアドレスや送金数量は世界中の人がいつでも見ることができるようになっています。

「マネーロンダリング/資金洗浄」に関わらないためにも正しい知識や仕組みを理解しておきたいですよね!

今回は、怖くて関わりたくない「マネーロンダリング/資金洗浄に狙われる匿名通貨」や「仮想通貨を使ったマネーロンダリング/資金洗浄の仕組み」などについてお伝えしていきます。

大好きな暗号通貨を安全に利用するためにも「光」と「影」を早くして本質的な価値を見出すきっかけにしてくださいね♪

 

匿名通貨(プライベートコイン)とは

匿名通貨(プライベートコイン)とは、仮想通貨取引において本来公開されている「アドレス」や「送金数量」が分からない特殊技術を組み込んだ暗号通貨のことを指します。

アドレスから特定個人への紐付けができず、取引記録が明らかにできないので匿名性を保つことができる仕組みになっているのです!

日本ではマネーロンダリングに紐づく危険性もあるので以前は取り扱いされていた通貨も金融庁の指導により上場廃止となっています。

※海外の取引所では取り扱いがあるので現時点でも「匿名通貨」を購入することは当然可能です。

 

仮想通貨を使ったマネーロンダリングの仕組みや手口

「KYC」を必要としない海外仮想通貨取引所を利用し、個人とアドレスが紐づくことなく資金を動かすという手口が使われています。

匿名性の高いウォレットを大量に作り、通貨をスワップしながら送金を繰り返し匿名通貨を間に挟むことで流れを追えなくするという仕組みを繰り返し行うということです。

複雑化する暗号化技術に魅力を持ち利用するユーザーが増える中で、犯罪に使われることなく人々の役に立つ使い方や犯罪防止対策が世界的に急務と待っているのです!

このような難しい問題が出てくるので、多数決を重視する中央集権機関の意思決定となる政府機関では簡単に匿名通貨を認めることができない実情があります。

 

匿名通貨一覧(7種類)

通貨名 匿名技術 匿名強度
XSPEC
  • ゼロ知識証明
  • デュアルステルスアドレス
  • リング署名
Zcash
  • ゼロ知識証明
  • コインジョイン
Monero
  • リング署名
  • ステルスアドレス秘密取引
Verge ステルスアドレス
Dash コインジョイン
Beam Mimble/Wimble
Grin Mimble/Wimble

匿名通貨と呼ばれる代表的な通貨が「Zcash・Monero・Verge・Dash・Beam・Grin」の6種類となります。

特殊な匿名技術組み込んだ暗号通貨であるため特命強度に差はありますが「送金金額・受取人・送金者」などを明かすことなく取引できるのです!

冷静に考えると「怖いほど高い技術」でありますが「プライバシー重視」のこのご時世には時として必要な役割を出すことができる通貨と言えます。

 

匿名通貨技術 ゼロ知識証明

 

ゼロ知識証明とは

ある人が別のある人に対して与えられた情報が真実であること以外の情報を、相手に与えずその情報が実際に真実であることを証明する手法のことをです。

「正しい取引である」という情報以外、他の人に与えず正しいと証明できるという意味です。

 

匿名通貨技術 コインジョイン

 

コインジョインとは

同時期に送金しようとしている複数のトランザクションを一度プールしてから個別送金し、送金元と送金先を分かりにくくする技術です。

「ある一定の取引を一度ごちゃ混ぜ」にして取引を分かりにくくする方法と言えます。

 

匿名通貨技術 リング署名

 

リング署名とは

単独の電子署名ではなく複数人による電子署名を行う仕組みのことです。

通常取引では、署名は各自が持つ秘密鍵(プライベートキー)と公開鍵(パブリックキー)を用いて行われるため誰が行った署名か特定することができます。

リング署名では複数人の公開鍵を束ねて利用するので誰が署名したかを特定することができにくくなる仕組みとなっています。

 

匿名通貨技術 ステルスアドレス秘密取引

 

ステルスアドレス秘密取引とは

取引状況を暗号化しお互いに織り交ぜることで追跡不可能にする技術のことを指します。

トランザクション送受信者の正確なアドレスなどをリアルタイム追跡することができなくなる特殊技術です。

 

匿名通貨技術 Mimble/Wimble

 

Mimble/Wimbleとは

取引額・送信者受信者のアドレスなどの情報が公開されないようにするブロックチェーンのプライバシー機能を改善するために作られた匿名技術です。

「リクルート」が出資している「BEAM」にも導入提案されている技術で、有望な可能性を秘めているプロトコルとして認識が広まっています。

 

マネーロンダリング/資金洗浄の危険があるのに匿名通貨か求められる理由

匿名通貨は、マネーロンダリング、脱税、テロ資金供与、闇取引などの犯罪行為に使われる可能性があるので各国の当局が警戒している通貨でもあります。

それでも必要とされる理由は「プライバシー保護」という点に尽きるかと思います。

ビジネスなどを行っていると「顧客情報などの機密情報は絶対に情報を人に見られるわけにはいかない!」という実情も有り、確実にある一定層からのホワイトな支持が集まるのです。

プライバシー保護の観点から匿名花技術に対する関心や需要は高まっていくかと思いますが、日本の金融庁は「匿名通貨」もう危険視しているので現時点の日本では認められない通貨とも言えます。

 

まとめ

 

今回は「マネーロンダリングに狙われる匿名通貨」などについてお伝えてきました。

匿名化技術は、本来自分たちのプライバシー保護するために利用するものでありますが、逆手にとると闇取引に悪用することもできたりします。

このようなトラブルに巻き込まれたり、手を染めないためにも「匿名化技術はどのようなもの」で「どのような仕組み」であるかを知った上で利用する必要があります。

奥深い暗号通貨が社会実装されて行こうとしている昨今、デジタル法定通貨などにも組み込まれていくであろう特殊技術でもあるため注目となっています。

人々の役に立つために作られた「匿名通貨」の正しい知識を身につけてくださいね♪

 

POSTED COMMENT

  1. […] 【匿名通貨とは?】マネーロンダリング/資金洗浄に狙われる暗号通貨一覧暗号通貨は良くも悪くも「通貨保有者のプライバシーを守る」ことを第一に考えられた通貨であるがために出 […]

  2. […] 【匿名通貨とは?】マネーロンダリング/資金洗浄に狙われる暗号通貨一覧暗号通貨は良くも悪くも「通貨保有者のプライバシーを守る」ことを第一に考えられた通貨であるがために出 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です