仮想(暗号)通貨について

Spectrecoin(XSPEC)スペクター仮想通貨の取引所や買い方!今後の将来性予想

暗号通貨はセキュリティで匿名性が高いことで知られていますが、多くの通貨は「分散台帳」であるため「一国の大統領」の人脈を使っても取引を隠すことは出来ません。

XSPECやMoneroのように「匿名技術」を使って取引をすることで、誰からの送金か検証できないため高い匿名性を持って取引を行うことが出来るため使い方は無限に広がります!

今回は、通信も署名の匿名化し情報秘匿して取引可能な「XPEC(Spectrecoin)仮想通貨の特徴」から「購入取引所や今後の将来性予想」お伝えしていきます。

犯罪に使われる意外にも多様性の高い「匿名性」を重視して作られている暗号資産の最前線を行く通貨として注目を集めているので参考にしてみて下さいね♪

 

Spectrecoin(XSPEC)スペクター仮想通貨とは?特徴まとめ

名称 Spectrecoin(スペクター)
通貨単位 XSPEC
仮想通貨ランキング 844位(2020.8月現在)
プラットフォーム
タイプ
発行日 2016年11月
発行上限数 2000万枚(XSPEC)
ホワイトペーパー
開発組織
  • Spectrecoin Foundation CIC(開発)
  • Spectrecoin Development Fund(管理)
特徴
  • リングシグネチャー(リング署名)で送金元アドレスの特定を防ぐ
  • TorプロトコルでIPアドレスを非公開にできる
  • 取引承認アルゴリズムはPosv3を採用

Spectrecoin(XSPEC)スペクター仮想通貨の特徴は、最新の高度な匿名化技術を併せ持つプライバシーに重点を置いた暗号通貨です。

匿名通貨を利用することで、信頼できない仲介者や機関であっても安全に送金可能で偽造や強固なネットワークでいかなる時も不変性なく安全取引を保証してもらえます!

XSPEC暗号資産で使われている暗号化技術は「デュアルステルスアドレス、リング署名、ゼロ知識証明、Keyimage秘密鍵、ATXO UTXO、TOR(The Onion Router)、OBFS4レーヤー」などがありどの技術一つをとっても最新の匿名技術が用いられています。

匿名通貨というと、犯罪で使われる様なイメージもあるかと思いますがシステムの安全性も高既存通貨のPowシステムでの攻撃にも体制があり攻撃困難なシステムとなっています。

匿名性が高い反面、マネーロンダリングやテロ資金等に使われる可能性もあり政府機関や開発組織がどの様な対策をしていくのか、という点も注目されています。

匿名技術が高いことで、安全に資金をステーキング出来たりする点やウォレットなども同様の技術が使用されているため活用性も高く今後どの様な分野で活用されているのかも大きな分岐点となりそうです♪

【匿名通貨とは?】マネーロンダリング/資金洗浄に狙われる暗号通貨一覧
【匿名通貨とは?】マネーロンダリング/資金洗浄に狙われる暗号通貨一覧暗号通貨は良くも悪くも「通貨保有者のプライバシーを守る」ことを第一に考えられた通貨であるがために出てくる問題が「マネーロンダリング」です...

 

Spectrecoin(XSPEC)スペクター仮想通貨チャートから見る今後の将来性

2017年価格推移 1.23円~360.09円(1XSPEC)
2018年価格推移 10.59円~527.59円(1XSPEC)
2019年価格推移 7.96円~86.41円(1XSPEC)
2020年価格推移 5.88円~13.72円(1XSPEC)

Spectrecoin(XSPEC)スペクター仮想通貨の今後の将来性は、企業間取引や個々のプライバシー重視の国際情勢を踏まえるsと大きな可能性を秘めている通貨です。

「預金額・取引相手・取引額・残高・経済状況」など第三者に知られたくないと思う人は世界にどれくらいの人数だけでも計り知れず、その数だけの可能性を秘めていいます。

取引所上場などでも価格上昇は従来通貨同様にあるかと思いますが、暗号通貨規制をダイレクトに受ける通貨でも有り「世界的な法規制によっても価値が左右される・取り扱いが限定される」通貨でもあります。

政府機関や機密情報を扱う世界的な権力のある組織や企業との連携などによって大きく価値の振れ幅も違いがでます。

匿名化が必要不可欠な分野も数多く存在しているため成長指数としては未知数ではありますが、世界的に法定通貨のデジタル化が進行しています。

開発組織の「Spectrecoin Foundation CIC」は拠点が「イギリス」であり、英国法定通貨プロジェクトで注目や参画の可能性もあり「イギリス+法定通貨+暗号通貨」取り入れられるとLINK仮想通貨の様に爆発的な上昇が期待できます♪

技術や実用性などから総合判断すると、技術も実用性も兼ね備えた世界的に必要不可欠な分野のプロジェクトではあります。

リアル社会での実用化には規制対象になる可能性もあり障害もありますが、需要が「0」には絶対ならない分野でもあり大きな可能性を秘めていると言えます♪

匿名通貨「Monero(モネロ/XMR)」の特徴や今後の将来性!
XMR/Monero(モネロ)仮想通貨の買い方や購入取引所|換金価格とウォレット暗号通貨の代名詞とも言える「匿名技術」を採用しているMonero(モネロ)は特に匿名性が高いことが有名です。 匿名仮想通貨はハッキ...

 

Spectrecoin(XSPEC)スペクターを取り扱いしている匿名仮想通貨取引所

Spectrecoin(XSPEC)スペクター取り扱い匿名仮想通貨取引所「LIVECOIN」

名称 LIVECOIN(ライブコイン)取引所
取引の種類 現物取引
仮想通貨の種類 285種類
通貨ペア 414通貨ペア
取引手数料 0.18%
日本語サイト対応
日本語サポート

KYC不要でのメアドのみでの匿名取引可能で、コインを貰える点も魅力的です♪

取り扱いペア

XSPEC/BTC

 

Spectrecoin(XSPEC)スペクターの買い方(購入方法)

  1. 日本国内の仮想通貨取引所の登録「bitFlyer・GMOコイン」がおすすめ
  2. 日本国内の仮想通貨取引所で「BTC(ビットコイン)」購入
  3. XSPEC取り扱いしている海外仮想通貨取引所の登録
  4. 海外仮想通貨取引所のKYCや二段階認証設定などを完了させる
  5. 「日本国内の仮想通貨取引所」から「海外の仮想通貨取引所」へビットコインを送金する
  6. 「XSPEC/BTC」という組み合わせを探して「BTC→XSPEC」に換える
  7. XSPEC購入完了
①~② 国内の仮想通貨取引所の口座開設
bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録・新規取引の使い方日本で一番仮想通貨の取引量が多く使いやすい取引所でもあるbitFlyer(ビットフライヤー)は初心者の方も簡単に利用できながら仮想通貨 ...
③~⑦国外の仮想通貨取引所の口座開設
匿名取引!ライブコイン(LIVECOIN)仮想通貨取引所の口座開設方法と使い方仮想通貨市場が活発化している中で見逃せないのがとてつもない投資収益率を誇る「草コイン」の存在です。 ICOやIEO仮想通貨は特に加...

 

Spectrecoin(XSPEC)スペクター仮想通貨取引所の口コミ・評判

 

スペクターコイン(SSPEC) 24%↑↑

性能素晴らしい

買うべき仮想通貨は?

よくあるQ&A

 

なぜSpectrecoinはプライバシー保護の面で高い評価を受けているのですか?

オンライン上に置かれているデスクトップウォレットでもリングシグネチャーとTorプロトコルの技術が取引内容を外部に追跡されないステルス機能を持っているからです。

最新取引証明システムとは何ですか?

Spectrecoinの取引承認作業はユーザー全体が参加するPoSベースです。ただしバーション3を採用しているので従来よりもはるかに省エネ運用ができるようになりました。つまり購入した全てのユーザーに公平にリターンされる仮想通貨です。

 

まとめ

 

今回は、暗号資産の中でもTOPの匿名化技術を採用している「Spectrecoin(XSPEC)スペクター仮想通貨の特徴や今後の将来性」などについてお伝えしてきました。

匿名化技術の分野はグレーな側面もあり、まだまだ新興分野の未開拓地でもあることから今後の成長指数はまさに未知数であり世界の政府による規制に大きく左右される通貨でもあります。

マネーロンダリングなどの犯罪に使われる可能性もありますが、逆に「犯罪者が使っても安全性を確保できる通貨」でもあり「世界的犯罪者の個人情報までも守れる通貨」でもあり、世界中で平等にプライバシーが守られる点は誰の目から見ても明白な事実となるでしょう!

匿名化技術はどうしても闇社会を連想してしまいがちですが、表社会での活用性が成長のカギを握っているため「必要不可欠な政府機関との連携」も世界的に法定通貨デジタル化が進む中注目される通貨でもあるため目が離せませんね♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です