仮想(暗号)通貨について

ONT(Ontology/オントロジー)仮想通貨とは?取り扱い取引所や今後の将来性

ONT(Ontology/オントロジー)仮想通貨は「仮想通貨NEO」の創設者が管理運営を行っていることでも有名な通貨です。

現状ではONT(オントロジー)は独自ネットワーク稼動ですが、以前はNEOプラットフォームの「Nep5」を使用していた経緯もあり将来的に「NEO」と「ONT」は共に成長していく可能性が高いと思われる通貨でもあり注目度が高いですよね!

今回は「EthereumのERC-20」と同様のトークン制作を手助けする「NEOのNep5」を使って誕生したONT(Ontology/オントロジー)仮想通貨の特徴や取り扱い暗号通貨取引所」や「チャートから見る今後の将来性」などについてお伝えしていきます。

独自のオントロジーメインネットにも移行し、ブロックチェーンもウォレットも新しく生まれ変わったONTの評価参考にしてくださいね♪

 

2020年9月10日 19時~2020年9月25日 19時迄 BYBITキャンペーン実施中! BYBIT取引所の5BTC+ボーナス引換券プレゼントキャンペーン開催中♪
  1. BYIT取引所登録
  2. 得点センターページで「参加コード:5BTCDRAW(大文字)」入力
  3. 「引き換え」ボタンをクリック
  4. BYBIT取引所で1回以上の取引
世界一キャンペーン豊富でチャートも使いやすく約定力も高い取引所ですよ♪  

ONT(Ontology/オントロジー)仮想通貨とは?特徴まとめ

通貨単位 ONT
仮想通貨ランキング 30位(2020.8月現在)
プラットフォーム NEO「Nep5」 → Ontology MainNetに移行完了
(分散型協業プラットフォーム)
発行日 2017年11月27日
発行上限数 10億枚(ONT)
ホワイトペーパー
開発組織
  • オントロジー社
  • 日本上場企業gumiの連結子会社「gumi Cryptos」と戦略的パートナーシップ
特徴
  • XRP(リップル)同等の処理スピード
  • 「ONT」は「BTCとETH」は3仕様のパブリックチェーン代表各
  • 開発言語が多い
  • 企業や政府との連携が前提にあり将来性が高い
  • 個人のデーターを安全に守ることが出来る

ONT(Ontology/オントロジー)」は、EthereumやBitcoinなどの仮想通貨開発プラットフォームを提供し異なる「ONT ID」を使用して)異なる ID 認証サービスに接続したり人やお金ものなどに対する信頼の源を把握することが出来ます。

プライバシー保護においての最先端技術の「ゼロ知識証明」も使用され「分散型身元認証・分散型データ交換・分散型データ送信」などのビジネスで使用想定される誓約書などを電子的に完結させることができるようになります。

簡略的に解説すると、公共や事業で必要とされる証明証の発行や契約などがブロックチェーン上で信用情報を読み解き、契約や証明書発行まで完結させる事が出来るシステムです。

今後の行政事業の在り方を見直してもらいたいものです。

 

ONT(Ontology/オントロジー)の3つのエコシステムとは

  1. 技術エコシステムオントロジーのコアチームは、開発コミュニティおよびアプリケーションパートナーは分散アプリケーションの開発において相互依存のチーム組織を形成するために協力し、すべての当事者で安全で効果的な分散型システムを問題なく運用できるようにします。
  2. ガバナンスエコシステム「オントロジー」は提携企業の強みを重視し「オントロジーファミリー」は認証サービスプロバイダーアプリケーションサービスプロバイダーコミュニティそして個人などで形成され両方が横システムを形成し全体の技術的な開発や透明性のあるガバナンスセキュリティの調和を目指しています。
  3. アプリケーションエコシステム提携企業はオントロジーを使用してビジネスの分散型システムを提供できます。分散型アプリケーションが大規模なエコシステム内に接続されることで全ての取引間で信頼できる協力が可能になり優れた結果に導いてくれます。

 

上記にもまとめていますが、オントロジーのエコシステム(≒間接的な関係)には「技術エコシステム・ガバナンスエコシステム・アプリケーションエコシステム」の3種類が存在しています。

最近の分かりやすい話題で行くと「IOT」の進化によりAI家電が増えてAIスピーカーが同時に売れていくイメージです。

3つのエコシステムが相互運用性のあるオントロジー技術により提携事業の想定シナリオの実現可能性を最大化させることができるようになります!

 

ONT(Ontology/オントロジー)DeFiユーザー向けデジタルID(身元認証)ソリューションの開発

ONT(Ontology/オントロジー)は、2020年8月17日にDefi(分散型金融)のユーザーが既存金融機関と同様にユーザーの身元確認の信頼性が不可欠になることを想定し分散型ネットワークにおける身元認証の新たなソリューションを開発したことを発表しています。

主な内容が、データープライバシー保護を重要視しつつ「オープンバンキング(※1)」におけるオンライン決済とID ソリューション(身元認証)の信頼性を高める仕組みを構築するということです。

オープンバンキング(※1)とは

金融機関の情報をオープンデータ化顧客情報へのアクセスが顧客の同意のもと提供することが可能になる仕組みのことです。

本来金融機関が独占的に利用してきた顧客データを第三者機関と共有するで得られる経済効果は世界的に見ても計り知れないものがあります。

ONTが提供するウォレットの「ONTO」を使うと、保有する全ての仮想通貨の財務履歴を閲覧しながらユーザーの「OScore(信用スコアシステム)」を見ることも出来ます。

ユーザーが仮想通貨を借したい時には「OScore(信用スコアシステム)」活用することで借り主のウォレットを確認し共有する必要のある財務履歴のみを表示させ適切な判断を出す機械が提供されることで信頼性や透明性・リスクも軽減されるということです。

分散型ネットワーク構築には様々なモジュールの組み合わせが不可欠とのことで「仮想通貨WAVES(ウェーブス)」と「NEAR Protcol」との提携も同時に発表しています。(提携発表後、+30%程度の価格上昇が起こっています。)

仮想通貨WAVES(ウェーブス)とは?の解説ページ
仮想通貨WAVES(ウェーブス)とは?取り扱い取引所での買い方とチャート価格暗号資産が世間に浸透している昨今、個々人が独自のトークンを簡単に発行することができるプラットフォームのWAVESが注目されています! ...

 

ONT(Ontology/オントロジー)のチャートから見る今後の将来性

2018年価格推移 62.75円~1,203.32円(1 ONT)
2019年価格推移 56.33円~197.40円(1 ONT)
2020年価格推移 32.39円~118.49円(1 ONT)2020.8月現在価格

ONT(Ontology/オントロジー)の2020年8月18日現在の価格は「96.27円(1 ONT)」と過去2年間から見ても最安値に近い価格水準に位置しています。

他のアルトコイン同様にビットコインの価格に影響を受けるので市場価格としては低価格を維持していますが「ONT/オントロジー」だけの1日の取引量だけでも100億円以上のボリュームがあり膨大です。

時価総額も「429億1725万4039円」という市場規模であるためメジャー通貨に近づいているアルトコインと言えます!

 

ONT(Ontology/オントロジー)を売買(トレード)出来る仮想通貨取引所TOP6

ONT(Ontology/オントロジー)取り扱い仮想通貨取引所①「OKEX」

名称 OKEX取引所(オーケーイーエックス)
取引の種類 現物取引・レバレッジ取引・先物・C2C取引・スポット取引
最大レバレッジ 10倍
仮想通貨の種類 144種類
通貨ペア 390通貨ペア
手数料 メーカー0.1%・テイカー0.15%
日本語対応
サポート
スマホアプリ
OKEX取引所の登録方法
仮想通貨先物・レバレッジ取引!OKEX取引所の口座開設・登録方法・使い方OKEX取引所は、世界最大規模の知名度や利用ユーザーを書く年しながら「その他の仮想通貨取引所」を支援することで新たな市場で発掘できるプロ...

 

ONT(Ontology/オントロジー)取り扱い仮想通貨取引所②「HOTBIT」

ホットビット(Hotbit)取引所
取引の種類 現物取引
仮想通貨の種類 500種類
通貨ペア 938通貨ペア
手数料 0.2%
日本語対応
サポート
スマホアプリ
HOTBIT取引所の登録方法
日本人向け!ホットビット/hotbit取引所の開設登録や使い方・入出送金方法草コイン(マイナーコイン)に投資することができる取引所は希少性が高いですよね! ホットビット(hotbit)は、464種類の仮想通...

 

ONT(Ontology/オントロジー)取り扱い仮想通貨取引所③「Binance」

取引所名 バイナンス(Binance)
取り扱い通貨数 193通貨、取引通貨ペア577種類
取引方法 現物取引、レバレッジ取引
最大レバレッジ 最大125倍
取引手数料 0.1%
サポート
日本語対応
IEO通貨取引
Binance取引所の登録方法
日本語対応!バイナンス/binance取引所の新規登録&口座開設・買い方/使い方仮想通貨の種類も豊富で手数料も安く評判の良い取引所で取引したいですよね! バイナンス(binance)を使ってみたいけど日本語対応...

 

ONT(Ontology/オントロジー)取り扱い仮想通貨取引所④「Bittrex」

取引所名 ビットトレックス グローバル(BITTREX GLOBAL)
取り扱い通貨数 248通貨、365種類のマーケットペア
取引方法 現物取引
取引手数料 0.25%
サポート
日本語対応
Bittrex取引所の登録方法
【保存版】ビットトレックス(BITTREX)口座開設登録・ログイン方法ビットレックス(bittrex)のアカウント登録は利便性やセキュリティー等の観点からも1連の流れを把握してから登録したいですよね。 ...

 

ONT(Ontology/オントロジー)取り扱い仮想通貨取引所⑤「MXC」

取引所名称 MXC取引所
取引の種類 現物取引・レバレッジ取引
通貨ペア 242種類
取引手数料 0.2%
日本語対応
スマホアプリ

MXC取引所の登録方法
【仮想通貨授業】IEO草コイン購入可能なMXC取引所新規口座登録方法仮想通貨は少額投資で始められながら他のどんな投資よりも夢がある投資先でもあります。 その中でもIEO仮想通貨(一般に取引される前の...

 

ONT(Ontology/オントロジー)取り扱い仮想通貨取引所⑥「BKEX」

名称 BKEX取引所
取引の種類 現物取引・OTC取引
仮想通貨の種類 140種類
通貨ペア 193通貨ペア
手数料 メーカー0.15%・テイカー0.2%
日本語対応
サポート
スマホアプリ
BKEX取引所の登録方法
仮想通貨取引所BKEXの口座登録ログイン方法|BKKトークン保有で毎日配当!BKEX取引所は独自トークンの「BKKトークン」を保有しているだけで毎日配当を受け取ることが出来る事もあり話題になっている取引所です。 ...

 

ONT(Ontology/オントロジー)の買い方(購入方法)

 

  1. 日本国内の仮想通貨取引所の登録「bitFlyer・GMOコイン」が手数料安手おすすめ!
  2. 日本国内の仮想通貨取引所で「BTC(ビットコイン)」購入
  3. ONT取り扱いしている海外仮想通貨取引所の登録
  4. 海外仮想通貨取引所のKYCや二段階認証設定などを完了
  5. 「日本国内の仮想通貨取引所」から「海外の仮想通貨取引所」へBTC送金
  6. 「ONT/BTC」という組み合わせを探して「BTC→ONT」売買
  7. ONT購入完了
①~② 国内の仮想通貨取引所の口座開設
bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録・新規取引の使い方日本で一番仮想通貨の取引量が多く使いやすい取引所でもあるbitFlyer(ビットフライヤー)は初心者の方も簡単に利用できながら仮想通貨 ...
③~⑦国外の仮想通貨取引所の口座開設
仮想通貨先物・レバレッジ取引!OKEX取引所の口座開設・登録方法・使い方OKEX取引所は、世界最大規模の知名度や利用ユーザーを書く年しながら「その他の仮想通貨取引所」を支援することで新たな市場で発掘できるプロ...

取引所によっては「ONT/USDT・ONT/USDC・ONT/ETH」などの組み合わせも有るので合わせてチェックしてみてくださいね♪

 

ONT(Ontology/オントロジー)の口コミ・評判

 

中国発の有名プロジェクト、オントロジー

 

第二次AIブームは知識表現の時代

 

 

まとめ

 

今回は「ONT(Ontology/オントロジー)の特徴や仮想通貨取引所での暗号通貨購入の方法」などについてお伝えしてきました。

オントロジーは公共事業からその他のあらゆるビジネスに対応することが可能なプラットフォームであり当たり前を大きく変えるきっかけになる可能性を秘めたブロックチェーンです!

日本の地方自治体でも既存のデータベース脳処理能力の欠如や、ブロックチェーンの可能性に気付き取り入れようとする動きも現実的に出てきています。

公共やビジネスなどの用途を前提に開発されたオントロジーブロックチェーが世界で本当の神様を手に入れた時に問われる進化はとてつもなく大きなものになることでしょう!

今の生活の中の「当たり前」が過去のものとなり「地方自治体のデータ」と「企業のデータ」が共存できる未来が訪れればもっと快適で多くの人が豊かになるきっかけになることでしょう。

いつの時代も信用は勝ち取るものです!チャンスを自ら掴み取るきっかけにしてみてはいかがでしょうか♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です