仮想(暗号)通貨について

NXT&Ardor(ARDR)仮想通貨とは?取引所での買い方と今後将来性&チャート価格

評価の高い「Ardor」とマーケットプレイス機能を備えた「NXT」はボラティリティも高く価格変動も大きいため投資家に投機家にも人気です。

ほんの数ヶ月で30倍ほどの高騰を起こしたアドバンテージも有り今後の動向に注目が集まっていて「ハラハラ!」「ドキドキ!」しますよね♪

今回は、評価も高く価格変動も激しい「NXT&Ardor(ARDR/アーダー)の特徴」や「取り扱い取引所から今後の将来性・口コミ評判」までお伝えしていきます。

仮想通貨業界の動向を自分の目で正しく見定めて、失敗しても少ないダメージですぐやり直しできる堅実な投資をする一助として情報活用してみてくださいね♪

 

NXT/ネクスト仮想通貨とは?特徴まとめ

名称 ネクスト
通貨単位 NXT
仮想通貨ランキング 384位(2020.7月現在)
プラットフォーム NXT
タイプ
発行日 2013年12月
発行上限数 10億枚(NXT)
ホワイトペーパー
開発組織
  • Jelurida
特徴
  • ユーザー同士でのメッセージ機能
  • 投票機能
  • 独自通貨発行機能

「NXT/ネクスト」とは、次世代のビットコインとして開発されPoS(Proof of Stake)承認を採用した商品販売が可能なマーケットプレイス機能を備えた仮想通貨です。

NXTは、Ardor/ARDRの前型プラットフォームで保有量が多い歩道ブロック承認者として選ばれやすく報酬を得やすい仕組みになっています。

「PoS」は初期投資などのコストが不要で「PoW」は高い処理能力が必要なため初期投資がかかります。

コストがかからない「PoS」は魅力もありますが、資本力が大きいほど報酬も得られやすい構造である点も特徴のひとつです。

NXTプラットフォームで利用できる機能として「投票機能・独自通貨発行機能・商品販売機能・データクラウド管理機能」という様々な機能を利用することができるため人気となりました!

悪意のあるユーザーが大量保有した場合のリスクもありますがNXT側で51%の攻撃リスクへの対処強化を行っていますが攻撃リスクも有る点はデメリットとして把握しておく必要があります。

 

Ardor(ARDR/アーダー)仮想通貨とは?特徴まとめ

名称 アーダー
通貨単位 ARDR
仮想通貨ランキング 111位(2020.7月現在)
プラットフォーム Ardor
タイプ
発行日 2016年6月
発行上限数 10億枚(ARDR)
ホワイトペーパー
開発組織
  • Jelurida
特徴
  • 独自通貨発行
  • メッセージ送信
  • 投票機能
  • クラウドストレージ
  • マーケットプレイス
  • エイリアス機能

新たな決済手段としても魅力的な「Ardor」は、NXTの技術で作られたブロックチェーンを基盤にしサイドチェーン要素を盛り込んだ仮想通貨です!

サイドチェーンとは・・・ブロックチェーンの側鎖となる概念でブロックチェーン技術のない企業が自由に独自通貨を発行することができる機能です。

NXT機能を継承しているプラットフォームであるため成熟した環境であるため、独自通貨発行機能も子チェーンによって行われるので利便性が高くなっています。

小チェーンで独自通貨発行できるため、ブロックチェーン技術を有しない企業にとって恩恵の高いプラットフォームであるためArdorコミュニティーの活発化に期待がかかっています!

ARDRの最大の特徴となる「サイドチェーン」ですが、EthereumやLISKよりも知名度が低く、Bundlerにより非中央集権になりがちなため警戒されている通貨でもあります。

 

NXT/ネクスト仮想通貨チャートから見る今後の将来性

2014年価格推移 1.59円~7.66円(1NXT)
2015年価格推移 0.65円~1.77円(1NXT)
2016年価格推移 0.59円~3.29円(1NXT)
2017年価格推移 0.61円~199.01円(1NXT)
2018年価格推移 2.68円~66.34円(1NXT)
2019年価格推移 1.05円~4.41円(1NXT)
2020年価格推移 0.88円~1.64円(1NXT)「2020.7.18現在価格1.15円(1NXT)」

NXTは2017年頃から仮想通貨市場の拡大により価格高騰が起こりましたが現状は平常時の価格推移を維持しています。

今後のNXTの将来性としては、このままの価格推移を維持しながらデジタル法定通貨バブルで上昇して徐々に下がっていくのではないかと思われます。

NXTの新プラットフォームのArdorの存在があるので今後の飛躍的成長は「ARDR」が手に入れると思われますが、プラットフォーム統合なども考えられる点は加点ポイントになってくるかと思います。

 

Ardor(ARDR/アーダー)仮想通貨のチャートから見る今後の将来性

2016年価格推移 0.94円~3.79円(1ARDR)
2017年価格推移 1.07円~174.71円(1ARDR)
2018年価格推移 8.51円~219.03円(1ARDR)
2019年価格推移 4.18円~8.51円(1ARDR)
2020年価格推移 2.59円~7.90円(1ARDR)「2020.7.18現在価格6.01円(1ARDR)」

ARDRの価格推移は、NXTと同系の動きをしますが現状でも既に100倍の価格変動が起こっているため多くの投資家に利益をもたらしている通貨です。

現状価格からのROIは「+53%」ですが強気相場に移り変わろうとしている仮想通貨市場から見るとまだまだ伸びしろの大きい通貨と言えそうです。

企業がブロックチェーン事業に参入しやすいプラットフォームを提供しているため、Ardorプラットフォームの活用が拡大する機会も多いです。

それに伴い、これまでにない高騰を見る日が来ても何ら不思議ではないブロックチェーンであるため今後価格上昇の期待が高い通貨といえます♪

 

NXT/ネクストを取り扱いしている仮想通貨取引所

NXT/ネクスト取り扱い仮想通貨取引所「Bittrex」

取引所名 ビットトレックス グローバル(BITTREX GLOBAL)
取り扱い通貨数 248通貨、365種類のマーケットペア
取引方法 現物取引
取引手数料 0.25%
サポート
日本語対応
Bittrex取引所の登録方法
【保存版】ビットトレックス(BITTREX)口座開設登録・ログイン方法ビットレックス(bittrex)のアカウント登録は利便性やセキュリティー等の観点からも1連の流れを把握してから登録したいですよね。 ...
取り扱いペア

NXT/BTC

 

Ardor(ARDR/アーダー)を取り扱いしている仮想通貨取引所 TOP4

Ardor(ARDR/アーダー)を取り扱いしている仮想通貨取引所 ①Binance

取引所名 バイナンス(Binance)
取り扱い通貨数 193通貨、取引通貨ペア577種類
取引方法 現物取引、レバレッジ取引
最大レバレッジ 最大125倍
取引手数料 0.1%
サポート
日本語対応
IEO通貨取引
Binance取引所の登録方法
日本語対応!バイナンス/binance取引所の新規登録&口座開設・買い方/使い方仮想通貨の種類も豊富で手数料も安く評判の良い取引所で取引したいですよね! バイナンス(binance)を使ってみたいけど日本語対応...
取り扱いペア

ARDR/BTC・ARDRUSDT

 

Ardor(ARDR/アーダー)を取り扱いしている仮想通貨取引所 ②Bilaxy

名称 Bilaxy取引所
取引の種類 現物取引
仮想通貨の種類 174種類
通貨ペア 202通貨ペア
取引手数料 0.15%(業界最安値!)
日本語サイト対応
日本語サポート
スマホアプリ
取引所の登録方法
クジラが好む有望アルトコイン多数!Bilaxy取引所の使い方と登録方法解説各国が法定通貨のデジタル化への移行を計画しているニュースも多くなってきた中で世界的にBTC取引量の多い取引所にも注目が集まっています! ...
取り扱いペア

ARDR/BTC

 

Ardor(ARDR/アーダー)を取り扱いしている仮想通貨取引所 ③Bittrex

 

取引所名 ビットトレックス グローバル(BITTREX GLOBAL)
取り扱い通貨数 248通貨、365種類のマーケットペア
取引方法 現物取引
取引手数料 0.25%
サポート
日本語対応
Bittrex取引所の登録方法
【保存版】ビットトレックス(BITTREX)口座開設登録・ログイン方法ビットレックス(bittrex)のアカウント登録は利便性やセキュリティー等の観点からも1連の流れを把握してから登録したいですよね。 ...
取り扱いペア

ARDR/BTC

 

Ardor(ARDR/アーダー)を取り扱いしている仮想通貨取引所 ④OKEX

名称 OKEX取引所(オーケーイーエックス)
取引の種類 現物取引・レバレッジ取引・先物・C2C取引・スポット取引
最大レバレッジ 10倍
仮想通貨の種類 144種類
通貨ペア 390通貨ペア
手数料 メーカー0.1%・テイカー0.15%
日本語対応
サポート
スマホアプリ
OKEX取引所の登録方法
仮想通貨先物・レバレッジ取引!OKEX取引所の口座開設・登録方法・使い方OKEX取引所は、世界最大規模の知名度や利用ユーザーを書く年しながら「その他の仮想通貨取引所」を支援することで新たな市場で発掘できるプロ...
取り扱いペア

ARDR/BTC

 

Ardor(ARDR/アーダー)の買い方(購入方法)

  1. 日本国内の仮想通貨取引所の登録「bitFlyer・GMOコイン」がおすすめ
  2. 日本国内の仮想通貨取引所で「BTC(ビットコイン)」購入
  3. ARDR取り扱いしている海外仮想通貨取引所の登録
  4. 海外仮想通貨取引所のKYCや二段階認証設定などを完了させる
  5. 「日本国内の仮想通貨取引所」から「海外の仮想通貨取引所」へビットコインを送金する
  6. 「ARDR/BTC」という組み合わせを探して「BTC→ARDR」にかえる
  7. ARDR購入完了
①~②国内の仮想通貨取引所の口座開設
bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録・新規取引の使い方日本で一番仮想通貨の取引量が多く使いやすい取引所でもあるbitFlyer(ビットフライヤー)は初心者の方も簡単に利用できながら仮想通貨 ...
③~⑦国外の仮想通貨取引所の口座開設
【保存版】ビットトレックス(BITTREX)口座開設登録・ログイン方法ビットレックス(bittrex)のアカウント登録は利便性やセキュリティー等の観点からも1連の流れを把握してから登録したいですよね。 ...

 

NXT&Ardor(ARDR/アーダー)仮想通貨の口コミ・評判

 

NXT数万倍に!?

資産600万!おすすめの保有銘柄

NXT仮想通貨かなり期待されてる!

 

よくあるQ&A

 

NXTの承認方法は何ですか?

PoSといって保有NXT数が多ければ多いほどブロック承認者に選ばれやすくなるシステムになります。

NXTのメリットは何ですか?

PoWを導入している通貨と大きく異なってPoSを採用しているので高度なマシンがなくてもNXTを保有しているだけでフォージングに参入が可能です。

 

まとめ

 

今回は、独自プライベートチェーンやパブリックチェーンを簡単に作成することができる「NXT・Ardor(ARDR/アーダー)仮想通貨」についてお伝えしてきました。

メインチェーンと子チェーンの仕組みが巧妙で活用性の高いNXT・ARDRですが処理が高速でスケーラビリティの問題が起こらないという強みも併せ持っている優れものの通貨です。

世界中の企業の活用に期待がかかる暗号資産の一角ですが、大手企業との統合や合併という選択肢もあり今後の動きにも注目が集まっています。

仮想通貨市場ではSRDRのような突発的な価格高騰などが起こりやすく、安定した価格推移を維持していても突然高騰する可能性があります。

将来性が高い仮想通貨や評価が高い暗号資産は、時間をかけて投資家や市場に認知され関心を集めて行くのでタイミングを見極めた売買が必要となります。

価格変動の激しい仮想通貨をトレードという選択肢のみで活用するのも良し。長期的な高騰に向けて仕込むのも良し。

あなたの手腕が試される今、どのような決断をあなたは下しますか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です