仮想(暗号)通貨について

仮想通貨WAVES(ウェーブス)とは?取り扱い取引所での買い方とチャート価格

暗号資産が世間に浸透している昨今、個々人が独自のトークンを簡単に発行することができるプラットフォームのWAVESが注目されています!

WAVES分散型取引所では、BTCやETHだけではなく法定通貨の「USDやJPY」も取り扱い可能なため世界的企業や機関との提携を果たしています♪

今回は、独自の分散型取引所(DEX)が特徴で異なる通貨間の円滑な交換が可能な「仮想通貨WAVES(ウェーブス)の特徴や取引所での買い方」から「チャート価格から見る今後の将来性」などについてお伝えしていきます。

BTC/USDTといったWAVESを介さない通貨ペアでも取引可能な分散型取引所(DEX)の独自通貨発行機能に焦点を当てたプラットフォームの可能性を発掘してみてくださいね♪

 

WAVES(ウェーブス)仮想通貨とは?特徴まとめ

名称 WAVES(ウェーブス)
通貨単位 WAVES
仮想通貨ランキング 38位(2020.8月現在)
プラットフォーム WAVES
タイプ
発行日 2016年4月
発行上限数 1億枚(WAVES)
ホワイトペーパー
開発組織
  • Waves Labs
特徴
  • 独自トークンの発行機能
  • 分散型取引所(DEX)の基軸通貨
  • 「Waves NG]アルゴリズムによる高速送金

仮想通貨WAVES(ウェーブス)とは、「NXT仮想通貨」からハードフォークした仮想通貨で、ブロックチェーンのトークン化を中心とした分散型ブロックチェーンプラットフォームです。

「Microsoft Azusa・デトロイトCIS(世界的会計事務所)・NSD(ロシアの中央証券保管庫)・バーガーキング」がWAVESのプラットフォームで独自通貨の発行を行っており今後さらなる活発化が期待されています。

ONT仮想通貨との提携により大きな価格上昇が起こっていることもあり、今後のDefi市場の拡大に伴い飛躍的な成長が見込まれそうです。

USDやJPYなどの法定通貨から、BTC/USDTのようなWAVESを介さない通貨ペア間での取引も可能なため汎用性が高く今後の対応通貨ペアにも注目されています!

誰でも簡単に独自トークンの発行が可能で、即座に分散型プラットフォーム(DEX)での決済も可能でカスタムトークン(独自トークン)同士の取引も可能で幅広い選択肢を得ることができます。

専門知識がなくてもウォレットやインターフェイスも簡素化しシンプルイズベストのプラットフォームを構築しているため利便性も高く安心感がありますよ♪

2020年8月17日に「ONT(Ontology/オントロジー)仮想通貨」との業務提携の発表から驚異的な価格上昇を引き起こしており、今後オープンバンキングに向けた取り組みでその他の主要な仮想通貨との連携によるさらなる価格上昇に期待がかかっていますよ♪

ONT(Ontology/オントロジー)仮想通貨とは?の解説
ONT(Ontology/オントロジー)仮想通貨とは?取り扱い取引所や今後の将来性ONT(Ontology/オントロジー)仮想通貨は「仮想通貨NEO」の創設者が管理運営を行っていることでも有名な通貨です。 現状で...

 

WAVES(ウェーブス)仮想通貨チャートから見る今後の将来性

2016年価格推移 15.27円~168.01円(1WAVES)
2017年価格推移 25.27円~1,700.01円(1WAVES)
2018年価格推移 105.05円~1,398.34円(1WAVES)
2019年価格推移 61.67円~338.41円(1WAVES)
2020年価格推移 96.88円~165.44円(1WAVES)

仮想通貨WAVES(ウェーブス)のチャートから見る今後の将来性は、独自通貨発行機能やネットワーク環境・強固なセキュリティなど提供企業への満足度が鍵となります。

NXTからハードフォークした通貨でも有るため、類似通貨でもあるNXT仮想通貨の存在も有るため共存できるか否か?という側面もあり提携先の企業の名前が将来性を見るポイントになりそうです。

現状のWAVESの提携先は大手企業や大手機関との提携も果たしているため、通貨の代替えソリューションとしての機能も万全で、大量の独自通貨発行まで現実化できる準備が煮詰められています!

ブロックチェーン技術は、もともとは新しい形の通貨システムを構築するために作られたものであり先進国でも途上国でも変わらずアクセスできることが重要です。

今後の人々のテクノロジー移行を前に大きな可能性を秘めた通貨であるため目が離せませんよ!

類似仮想通貨のNXT/ネクストの将来性
NXT&Ardor(ARDR)仮想通貨とは?取引所での買い方と今後将来性&チャート価格評価の高い「Ardor」とマーケットプレイス機能を備えた「NXT」はボラティリティも高く価格変動も大きいため投資家に投機家にも人気です。...

 

WAVES(ウェーブス)を取り扱いしている仮想通貨取引所 TOP4

WAVES(ウェーブス)取り扱い仮想通貨取引所①「Binance」

取引所名 バイナンス(Binance)
取り扱い通貨数 193通貨、取引通貨ペア577種類
取引方法 現物取引、レバレッジ取引
最大レバレッジ 最大125倍
取引手数料 0.1%
サポート
日本語対応
IEO通貨取引
Binance取引所の登録方法
日本語対応!バイナンス/binance取引所の新規登録&口座開設・買い方/使い方仮想通貨の種類も豊富で手数料も安く評判の良い取引所で取引したいですよね! バイナンス(binance)を使ってみたいけど日本語対応...
取り扱いペア

WAVES/BTC・WAVES/USDT・WAVES/ETH・WAVES/BUSD・WAVES/BNB

 

WAVES(ウェーブス)取り扱い仮想通貨取引所②「OKEX」

名称 OKEX取引所(オーケーイーエックス)
取引の種類 現物取引・レバレッジ取引・先物・C2C取引・スポット取引
最大レバレッジ 10倍
仮想通貨の種類 144種類
通貨ペア 390通貨ペア
手数料 メーカー0.1%・テイカー0.15%
日本語対応
サポート
スマホアプリ
OKEX取引所の登録方法
仮想通貨先物・レバレッジ取引!OKEX取引所の口座開設・登録方法・使い方OKEX取引所は、世界最大規模の知名度や利用ユーザーを書く年しながら「その他の仮想通貨取引所」を支援することで新たな市場で発掘できるプロ...
取り扱いペア

WAVES/USDT・WAVES/BTC・WAVES/ETH

 

WAVES(ウェーブス)取り扱い仮想通貨取引所③「HOTBIT」

ホットビット(Hotbit)取引所
取引の種類 現物取引
仮想通貨の種類 500種類
通貨ペア 938通貨ペア
手数料 0.2%
日本語対応
サポート
スマホアプリ
HOTBIT取引所の登録方法
日本人向け!ホットビット/hotbit取引所の開設登録や使い方・入出送金方法草コイン(マイナーコイン)に投資することができる取引所は希少性が高いですよね! ホットビット(hotbit)は、464種類の仮想通...
取り扱いペア

WAVES/BTC・WAVES/ETH

 

WAVES(ウェーブス)取り扱い仮想通貨取引所④「Bittrex」

取引所名 ビットトレックス グローバル(BITTREX GLOBAL)
取り扱い通貨数 248通貨、365種類のマーケットペア
取引方法 現物取引
取引手数料 0.25%
サポート
日本語対応
Bittrex取引所の登録方法
【保存版】ビットトレックス(BITTREX)口座開設登録・ログイン方法ビットレックス(bittrex)のアカウント登録は利便性やセキュリティー等の観点からも1連の流れを把握してから登録したいですよね。 ...
取り扱いペア

WAVES/BTC・WAVES/ETH

 

WAVES(ウェーブス)の買い方(購入方法)

  1. 日本国内の仮想通貨取引所の登録「bitFlyer・GMOコイン」がおすすめ
  2. 日本国内の仮想通貨取引所で「BTC(ビットコイン)」購入
  3. WAVES取り扱いしている海外仮想通貨取引所の登録
  4. 海外仮想通貨取引所のKYCや二段階認証設定などを完了させる
  5. 「日本国内の仮想通貨取引所」から「海外の仮想通貨取引所」へビットコインを送金する
  6. 「WAVES/BTC」という組み合わせを探して「BTC→WAVES」にかえる
  7. WAVES購入完了
①~②国内の仮想通貨取引所の口座開設
bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録・新規取引の使い方日本で一番仮想通貨の取引量が多く使いやすい取引所でもあるbitFlyer(ビットフライヤー)は初心者の方も簡単に利用できながら仮想通貨 ...
③~⑦国外の仮想通貨取引所の口座開設
日本語対応!バイナンス/binance取引所の新規登録&口座開設・買い方/使い方仮想通貨の種類も豊富で手数料も安く評判の良い取引所で取引したいですよね! バイナンス(binance)を使ってみたいけど日本語対応...

 

WAVES(ウェーブス)仮想通貨の口コミ・評判

注目している仮想通貨一覧

与沢翼WAVESに1億6千万円投資!

最近WAVESがかなり上昇してます

よくあるQ&A

 

送金手数料はどのくらいかかる?

Waves Lite Clientを使って送金を行う時にかかる手数料は0.001WAVESと非常に安いです。

LPoS方式とは何ですか?

各ユーザーが信頼できるフルノードに自分の持っているウェーブスを貸し出すことのできるPoS(保有量が多ければ多いほど権利を獲得できる可能性が高くなる)方式です。

 

まとめ

 

今回は、通貨リスクをヘッジシ異なる通貨感の円滑な交換が可能な「仮想通貨WAVES(ウェーブス)の特徴や今後の将来性」などについてお伝えしてきました。

コロナショックによる経済打撃を受けている今、ビル・ゲイツ氏の発言でもあったように感染と回復、及びワクチン接種を追跡するためのデジタル証明書を導入することが効果的な感染防止対策となります。

このような場面にも活用高い「コロナウイルス追跡ツール」の開発も行われており、保存されたデーターはブロックチェーンに保存され感染拡大を関しっするための透明性確保も可能な時代となっています。

今後暗号資産の発展がどのような発展していくかは誰にもわかりませんが、人類にとって必要なシステムが残り活用されていくことだけは間違い有りません。

WAVESが今後切り開いていく新しい偏見のないプラットフォームを活用して収益化の仕組みを垣間見るのも良いかもしれませんよ♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です