仮想(暗号)通貨について

TRON(TRX)仮想通貨のチャートから見る今後の将来性|買い方や購入取引所

インターネットの発展により世界中の個人クリエイターが簡単に世界中に向けての情報発信が用意に可能な時代になりました。

アプリや YouTube などのプラットフォームを利用した「個人の発信」が年々加熱化している中で注目されているのがクリエイターの活躍をサポートする目的で作られた仮想通貨の「TRON(TRX)」です!

今回は、コンテンツクリエイターと消費者を直接結びつけるネットワークの「TRON(TRX)の今後の将来性」や「取り扱いしている仮想通貨取引所での購入方法」などについてお伝えしていきます。

現代の仕組みで言うクラウドファンティングの未来形でもある「TRON(TRX)」についての知見を深めるキッカケにして下さいね♪

 

TRON(TRX)仮想通貨の特徴

通貨単位 TRX
仮想通貨ランキング 17位(2020.6月現在)
プラットフォーム Ethereum(イーサリアム)→TRX独自ネットワーク
トークンタイプ ERC-20
発行日 2017年8月
発行上限数 1,000億枚
ホワイトペーパー
運営会社 TRON Foundation(トロン財団)
提携先
  • DLive「ストリーミングアプリ」
  • OBIKE「自転車シェアリング」
  • Baofeng「動画配信サービス」など
取り扱い取引所

TRONは、クリエイターの自由な表現をサポートすることを目的に作られた仮想通貨です。

既存の「動画プラットフォーム」などは(ニコ生・ユーチューブ等)、運営者がいて運営側による利用料の徴収や広告収入形のビジネスモデルとなっています。

TRONが提供する分散型ネットワークを利用することで視聴者から直接お気に入りのクリエイターに対して「TRON」を渡たせるプラットフォームを作れるということです。

消費者(閲覧者)とクリエイターを直接結びつける分散型ネットワークを構築できるのです!

「TRON」があると、これから生まれてくるクリエイターは幸せですね♪

 

TRON/TRXとは

 

TRON(TRX)は、2017年にシンガポールを拠点とする非営利団体Tron Foundation(トロン財団)を通じてJustin Sunが設立しました。

Tron Foundationの2017年の最初のコインオファリング(ICO)は1000億のTRXを生み出し、総額で7000万ドルの調達に成功しています。

TRONプロトコルは、開発者がスマートコントラクトと分散アプリケーション(DApp)を作成し、データやその他のコンテンツを自由に公開、所有、保存できるブロックチェーンテクノロジーに基づくオペレーティングシステムとなっているということです。

TRON/TRXの機能の要点まとめ

TRON(TRX)は、利用している個々のクリエイターが報酬などの金銭の受け渡しを想定して作られているため、分散型での資金管理の必要性があります。

そのためプライバシーやハイスペックなプロダクトが必要となる中で以下の5つの機能実装しています。

  1. 残高管理・・・UTXO(Unspent Transaction Output)ベースの取引モデル Bitcoin(ビットコイン)でも使われている残高管理方法で 送信者の追跡を困難とするプライバシー重視の機能。
  2. トロン仮想マシン・・・「Tron Virtual Machine: TVM」 Tronネットワーク内でのスマートコントラクトを安全に実行することを目的とし、仮想マシンを用いることにより高速に大量の処理が可能とする。
  3. Java→TVMへのコンパイル機能・・・ Tronは最も一般的に使われている言語のJavaを採用しています。仮想マシンへバイトコードを変換する機能を持つことで高い実行性を担保しています。
  4. ABCI(Application BlockChain Interface) ・・・外部アプリとTronを連携させる仕組み。このインターフェイスによりTronのコンセンサスアルゴリズムやブロックチェーン技術を外部アプリが利用することができ、Tronネットワークの拡大を可能にしています。
  5. 処理・・・毎秒1,000超のトランズアクション処理が可能 承認アルゴリズムはPoSを採用し、大量の情報処理を可能にしている。

TRONは当初、Ethereumに基づくトークンとして作られましたが、2018年に独自のネットワークに移行しました。ERC20TRXトークンの保有者は、TRONネットワーク上のTRXデジタル通貨と交換し、その後、Ethereumベースのトークンは破棄されました。

TRONの創設者、ジャスティンサンはソーシャルメディアで活躍していることで知られていますが、BitTorrentのCEOであり、2020年にSteemを買収したことでも話題になっています。

 

BTT仮想通貨(BitTorrent/ビットトレント)の特徴
BTT仮想通貨(BitTorrent/ビットトレント)の特徴と取扱取引所と今後の価格メジャーアルトコインとも言えるTRX(トロン)と根深い関係にあるBTT(BitTorrent)はクジラが好む通貨でも有りますよね。 ...

 

ハードフォークで話題になったSTEEM
【Binance取引所】STEEMからハードフォークしたHIVE上場STEEMからハードフォークしたHIVEがBinanceに14時に上場し「0.00005493」からスタートし最高値で「0.000163...

 

TRON仮想通貨のチャート|1TRXのUSD価格から見る今後の将来性

2018年の価格推移 0.011100~0.086999 (USD)
2019年の価格推移 0.012124~0.040839 (USD)
2020年の価格推移  0.007111~0.026800 (USD)

2018年の高値以来、底値付近となる価格帯のもみ合いが続いていますが、仮想通貨の時価総額ランキングでは「17位」という高順位を獲得しています。

仮想通貨自体がまだ発展途上であるため低迷期のままの価格水準を維持していることからも今後の価格上昇率も余力が有る通貨と言えそうです。

海外取引所では、レバレッジ取引(デリバティブ)が出来る通貨でも有り、トレーダーの中でも稼げる通貨という位置づけもある見込み高い通貨となっています。

2020年6月5日現在のTRON価格は「1TRX=1.84円」となっています。

 

レジャーナノ(Ledger Nano) Sを使ったTRXのコールドステーキングの方法
レジャーナノ/Ledger Nano S・XやLiveアプリの使い方と高利率ステーキング法BTC半減期を経て今後より一層の価格上昇の期待がかかっている暗号資産の保有者には必須の知識といえばコールドウォレットの存在です。 ...

 

TRON(TRX)を取り扱いしている仮想通貨取引所

TRON(TRX)取り扱い仮想通貨取引所①「OKEX」

名称 OKEX取引所(オーケーイーエックス)
取引の種類 現物取引・レバレッジ取引・先物・C2C取引・スポット取引
最大レバレッジ 10倍
仮想通貨の種類 144種類
通貨ペア 390通貨ペア
手数料 メーカー0.1%・テイカー0.15%
日本語対応
サポート
スマホアプリ
OKEX取引所の登録方法
仮想通貨先物・レバレッジ取引!OKEX取引所の口座開設・登録方法・使い方OKEX取引所は、世界最大規模の知名度や利用ユーザーを書く年しながら「その他の仮想通貨取引所」を支援することで新たな市場で発掘できるプロ...

 

TRON(TRX)取り扱い仮想通貨取引所②「HOTBIT」

ホットビット(Hotbit)取引所
取引の種類 現物取引
仮想通貨の種類 500種類
通貨ペア 938通貨ペア
手数料 0.2%
日本語対応
サポート
スマホアプリ
HOTBIT取引所の登録方法
日本人向け!ホットビット/hotbit取引所の開設登録や使い方・入出送金方法草コイン(マイナーコイン)に投資することができる取引所は希少性が高いですよね! ホットビット(hotbit)は、464種類の仮想通...

 

TRON(TRX)取り扱い仮想通貨取引所③「Binance」

取引所名 バイナンス(Binance)
取り扱い通貨数 193通貨、取引通貨ペア577種類
取引方法 現物取引、レバレッジ取引
最大レバレッジ 最大125倍
取引手数料 0.1%
サポート
日本語対応
IEO通貨取引
Binance取引所の登録方法
日本語対応!バイナンス/binance取引所の新規登録&口座開設・買い方/使い方仮想通貨の種類も豊富で手数料も安く評判の良い取引所で取引したいですよね! バイナンス(binance)を使ってみたいけど日本語対応...

 

TRON(TRX)取り扱い仮想通貨取引所④「Bittrex」

取引所名 ビットトレックス グローバル(BITTREX GLOBAL)
取り扱い通貨数 248通貨、365種類のマーケットペア
取引方法 現物取引
取引手数料 0.25%
サポート
日本語対応
Bittrex取引所の登録方法
【保存版】ビットトレックス(BITTREX)口座開設登録・ログイン方法ビットレックス(bittrex)のアカウント登録は利便性やセキュリティー等の観点からも1連の流れを把握してから登録したいですよね。 ...

 

TRON(TRX)取り扱い仮想通貨取引所⑤「MXC」

取引所名称 MXC取引所
取引の種類 現物取引・レバレッジ取引
通貨ペア 242種類
取引手数料 0.2%
日本語対応
スマホアプリ

MXC取引所の登録方法
【仮想通貨授業】IEO草コイン購入可能なMXC取引所新規口座登録方法仮想通貨は少額投資で始められながら他のどんな投資よりも夢がある投資先でもあります。 その中でもIEO仮想通貨(一般に取引される前の...

 

TRON(TRX)取り扱い仮想通貨取引所⑥「BKEX」

名称 BKEX取引所
取引の種類 現物取引・OTC取引
仮想通貨の種類 140種類
通貨ペア 193通貨ペア
手数料 メーカー0.15%・テイカー0.2%
日本語対応
サポート
スマホアプリ
BKEX取引所の登録方法
仮想通貨取引所BKEXの口座登録ログイン方法|BKKトークン保有で毎日配当!BKEX取引所は独自トークンの「BKKトークン」を保有しているだけで毎日配当を受け取ることが出来る事もあり話題になっている取引所です。 ...

 

TRON(TRX)取り扱い仮想通貨取引所⑦「Bitfinex」

名称 Bitfinex取引所
取引の種類 現物取引・OTC取引
仮想通貨の種類 149種類
通貨ペア 288通貨ペア
手数料 0.2%
日本語対応
サポート

 

TRON(TRX)の買い方(購入方法)

  1. 日本国内の仮想通貨取引所の登録「bitFlyer・GMOコイン」がおすすめ
  2. 日本国内の仮想通貨取引所で「BTC(ビットコイン)」購入
  3. TRX取り扱いしている海外仮想通貨取引所の登録
  4. 海外仮想通貨取引所のKYCや二段階認証設定などを完了させる
  5. 「日本国内の仮想通貨取引所」から「海外の仮想通貨取引所」へビットコインを送金する
  6. 「TRX/BTC」という組み合わせを探して「BTC→TRX」にかえる
  7. TRX購入完了
①~② 国内の仮想通貨取引所の口座開設
bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録・新規取引の使い方日本で一番仮想通貨の取引量が多く使いやすい取引所でもあるbitFlyer(ビットフライヤー)は初心者の方も簡単に利用できながら仮想通貨 ...
③~⑦国外の仮想通貨取引所の口座開設
仮想通貨先物・レバレッジ取引!OKEX取引所の口座開設・登録方法・使い方OKEX取引所は、世界最大規模の知名度や利用ユーザーを書く年しながら「その他の仮想通貨取引所」を支援することで新たな市場で発掘できるプロ...

 

TRON(TRX)の口コミ評判

 

ADA、XLM、NEM、TRXに資金が流れてる

 

XRPの出来高をTRXが超えた

 

 

まとめ

 

今回は「TRON(TRX)の今後の将来性や購入できる仮想通貨取引所での買い方」などについてお伝えしてきました。

TRXは人気のあるアルトコインの中でも現状では特に「低価格で購入できる」ので投資収益率が高くなる可能性が高い仮想通貨です!

ガチホ(買って保有して資産を増やす方法)で「購入後ホールドしておくのも良し」「売買で利益を積み重ねていくのも良し」の通貨なので高騰する前の今の段階で購入しておくことをおすすめします。

仮想通貨の今後の成長を計る上で「TRX仮想通貨の存在によりどれだけ多くの人が恩恵を受けることができるのか?」という部分に焦点を当てることで今後の成長率の参考になります。

動画プラットフォームが大きく成長している今、消費者と個人クリエイターが直接繋がることが将来的に見込める「TRON(TRX)」が生活の中に浸透する日は近いかもしれませんよ。

その時あなたは「TRON(TRX)」を保有している側に居ますか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です