トレンドニュース

子供も対象者の国から10万円給付金いつもらえる?使い道は投資かコロナ

国民一人当たり「10万円給付」という発表がなされました。

とりあえずこの一人10万円給付金を活用すれば、なんとか生活することができる!という意見も多く出ています。

あなたは「10万円もらえてラッキー!何買おうかな?」と思っていますか?

それとも「何が起こるかわからないから貯蓄!」

または「棚からぼたもちで手に入れた資金は投資!」でしょうか?

今後、各国で誕生してくるであろう「デジタル法定通貨」と、コロナの経済政策として政府が行う「給付金支給」の先にある「法定通貨の崩壊」という日本に住んでいる限り他人ごとにはならない問題についてもご紹介します!

今回は「国民1人当たり10万円給付」から始まる「ハイパーインフレに備えた対応策」についてお伝えしていきます♪

 

所得制限なしの10万円給付金の必要財源は12兆6000億円!

 

一人10万円という給付金を捻出するための「日本人口の1億2600万人」で換算すると「12兆6000億円」が必要となり「8兆円から9兆円の赤字国債の追加発行」が必要となります。

日本のみならず「赤字国債の追加発行」の先には必ず各国の「歯止めの効かないインフレの発生」が訪れることが約束されているとも言えるのです。

赤字国債のツケは

” 国民が責任をとる必要がある(増税による重負担の支払い) ”

という歴史が証明してきた事実に則り、今後日本は赤字国債の責任をとりながらハイパーインフレ経済と隣り合わせの状態で生活していくことになります。

「今苦しい!」と思っているご家庭も多いかと思いますが、さらに状況は確実に悪くなりますし、日本の紙幣が紙くずになりかねない事態に進んでいるという現実は念頭に置いておくようにしましょう!

「政府がどうしようもないから出血大サービスで紙幣をばらまく」

↓↓↓

「紙幣の価値が下がる」

↑このごく当たり前の自然な現象を今一度よく理解しておいてください。

 

大切なのでもう一度言っておきます。

「政府がどうしようもないから出血大サービスで紙幣をばらまく」

↓↓↓

「紙幣の価値が下がる」

↑このごく当たり前の自然な現象を今一度よく理解しておいてください。

 

ハイパーインフレが起こった時あなたは・・・?

「紙幣の価値が下がった時」に必要な対策は・・・何だと思いますか・・・?

 

10万円の給付金を仮想通貨に投資してみませんか?

最も信頼性が高いと信じられている「法定通貨」の価値がなくなる可能性すら出てきている今の世界経済で「法定通貨」に成り代わる資産となるのが「商品先物と暗号資産」です。

「商品先物」はわかりやすく「金」などの古来からの資産でありますが「暗号資産」は言わずと知れた「仮想通貨」で今回のコロナショックで大きく風向きが変わりつつあります。

「驚くほどセキュリティ性能が高く」「驚くほど早く・安く送金することができ」「驚くほど便利に利用することができる」という特徴を持つ仮想通貨が「法定通貨のデジタル化」に合わせて追い風となってきているのです。

「仮想通貨や現物先物」法定通貨がなくても機能する通貨であり云わば「世界中でハイパーインフレ」が発生しても「仮想通貨や現物先物」の価値は変わらないのです。(分かりやすく言うと)

米ドルのように「ハイパーインフレ」になる心配がほぼない通貨であれば、国民への現金給付などを行っても「アメリカ経済が崩壊することはない」という事実があるから大丈夫でしょう。(米ドルで世界経済は回っているから)

でも私たちの国は「日本」で、あなたの貯蓄は「すべて日本円」だけで「ハイパーインフレ」が起こってしまうとあなたの貯蓄全てが紙くずとなることを意味するのです。

本当に現実に的な話で「日本円の貯蓄」だけでは危険な時代になってきているということを念頭に置いていきましょう!

 

 

ビットコイン以外の仮想通貨の投資収益率をご存知ですか?

 

仮想通貨といえば「ビットコイン」をイメージすることが多いかもしれませんが「仮想通貨は世界で1500種類以上」存在しています。

最もメジャーな通貨が Bitcoin ですが、その他にも多くのマイナー通貨があり恐ろしいほどチャンスしかない世界になっているのが仮想通貨なのです!

マイナーコインの投資収益率を紹介しています
【2020年有望目利き一覧】取引所で今後爆上げ期待のおすすめ草コイン草コインの種類は世界で1500種類以上あると言われていますが毎日増え続けているのでどんなコインが出てきているのか把握しきれませんよね。 ...

こちらでも紹介していますが、投資収益率が6000%以上成長している仮想通貨もあるのです!これまで地球上で経験してきた投資の中でも「群を抜いて一番の投資先」であるにも関わらず「分からないから怖い」という理由で見て見ぬふりをしている人が多いのです・・・。

「投資収益率6000%」をわかりやすく解説すると

「分からないものなので手探りで1万円投資していたら6000万円になっていた」

ということです。

 

すごいと思いませんか?

【仮想通貨入門】仮想通貨の取引方法の解説
【入門編】仮想通貨の取引始める方法とおすすめの投資方法仮想通貨の話題を聞くたびにすごく興味があり、そそられてしまいますよね。でも、実際に投資を始める時間や資金がなかったり、怖くて手がつけられ...

こちらも参考に、仮想通貨の始め方などをマスターしておくことをおすすめします!

 

まとめ

 

今回は「国民一人につき10万円給付」から始まるハイパーインフレに備えた対応策についてお伝えしてきました。

今後世界各国で発行されてくる「デジタル法定通貨」を皮切りに史上最大規模のハイパーインフレが必ず起こってきます。

ハイパーインフレを逃れることはできませんが「ハイパーインフレから資産を守る」ことは可能なので今後の不確定な世界で生き残ることができる知恵を身につけていきましょうね♪

コロナショックの1日も早い終息と、あなたの家族とあなたにとって大切な人の健康と幸せを心から祈っています。

くれぐれも体には気をつけ「3密」を避けて乗り切りましょうね♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です