仮想(暗号)通貨ニュース

【中国のデジタル人民元】2020年で日本も変わる仮想暗号通貨の投資!

世界に26人以上のユーザーを持つ Facebook(フェイスブック) による「グローバルデジタル通貨・リブラ」の構想により世界の中央銀行を含め世界中が触発されています。

世界の基軸通貨の「米ドル」が「グローバルデジタル通貨のリブラ」構想の出現により「安い手数料で手軽に海外送金まで可能になる」という現実が突きつけられました。

「デジタル通貨・リブラ」を皮切りに、中国では2020年1月1日に「暗号法」が施行され、中国内でのトライアル運用が始まるのではないかと見られています。

2020年はデジタル通貨元年」と噂されるほど、過去十数年で一番チャンスあふれる時代なのでデジタル通貨の覇権争いが始まる前今の段階から「暗号通貨投資」を初めて今後資産に困ることがない状況を一緒に作っていきましょう♪

 

デジタル通貨の投資

ここで説明する「デジタル通貨」とは「法定通貨のデジタル化」を指し、具体的には「米ドルのデジタル通貨」「日本円のデジタル通貨」「人民元のデジタル通貨」などを事を指します。

フェイスブックのデジタル通貨であるリブラの出現により、世界のドルによる基軸通貨体制が揺らぐ可能性もあり、キャッシュレス決済の標準化の影響もあり世界的に各国での法定通貨のデジタル化が本格的に進んでいます。

特に中国では「偽造・人民元」に対する対策として、数年前から本格的に「デジタル法定通貨の人民元」の研究を全力で進めているのです。

言い換えると、今は過去経験したことがないほど簡単に「数1000倍もの資産を膨らます」ことができる時代なのです。

あなたはこの現実を見逃しますか?

それとも「全てを手に入れている系の人」の仲間入りをしますか?

 

【中国】人民元のデジタル通貨

今現在ではドルによる基軸通貨体制ではありますが、世界経済を流通している主要な通貨は「人民元」も大きく関わっているため「中国人民元のデジタル通貨」が本格的に稼働すると世界的に「デジタル通貨体勢」に変革していく流れになるのは明白な流れでもあります。

今がまさに「仕込み時」でもあります。

2020年の暗号通貨(仮想通貨)の取引量が最も多いのは「中国の仮想通貨取引所のMXC」で世界中の法定通貨を暗号通貨に交換して持つ人が爆発的に増えてきているという現実が有るのです。

【仮想通貨授業】IEO草コイン購入可能なMXC取引所新規口座登録方法仮想通貨は少額投資で始められながら他のどんな投資よりも夢がある投資先でもあります。 その中でもIEO仮想通貨(一般に取引される前の...

世界標準にしようと「中国人民元のデジタル通貨」を推し進める「世界経済への影響力を持つ中国マネー」が仮想通貨への積極的投資を行っているということなのです。

中国人口14億人が「デジタル通貨」に本格的に移動することで「グローバルに使える仮想通貨への投資」が始まれば「全ての仮想通貨でどれほどの資産価値が上がる」と思いますか?

そのタイミングが本当に今なのです…この真実を知ってもらいあなたにも情報が手に届くように当サイトを立ち上げ運営しているのです。

 

フェイスブックのデジタル通貨「リブラ(Libra)」とは?

2019年6月に Facebook が新たなデジタル通貨となる「リブラ(Libra)」の発行計画を発表したことで世界中で大きな話題へと広がっています。

まだまだ発展途上でもある仮想通貨であるが故に、仮想通貨指定論者が否定したり賛成したり「グローバルに使える世界で初めてのデジタル通貨」を規制の対象とし、政治家や金融当局などが拒絶反応を起こし現状では「リブラ計画が難航している」のです。

法定通貨を差し置いて「グローバルで利用できるデジタル通貨を発行する」ということは許さないから「国家が先にデジタル通貨を作る」という事への火付け役にもなったということなのです。

Facebook もリブラ計画をあきらめたわけではなく、法定デジタル通貨を含むデジタル通貨ネットワーク構築を全力で推し進めているので「法定通貨」は「デジタル法定通貨」へと変わるポイントに急速に進んでいると言えるのです。

 

中央銀行のデジタル通貨について

世界中央銀行は「リブラ計画の発表」によりデジタル法定通貨(CBDC)の発行に向けた取り組みを加速させているだけではなく、アメリカでも米国連邦準備制度も「法定通貨発行」に向けて準備を進めています。

中央銀行は仮想通貨(ビットコイン)が登場した時にはブロックチェーンの可能性を無視して暗号通貨の採用を阻止しようとさえしました。

それでも現在のBitcoin の成長率は1000%を超え、数年前は3000%ほどの投資収益率を誇っていました。

さらにデジタル法定通貨が世界中で発行されることで更なる暗号通貨の「資産価値」の上昇が始まり「追跡可能なデジタル法定通貨」でありながら、偽造不可能な通貨として今後世界に広がっていくものと見られています。

そしてコロナウイルスの影響で、さらに「デジタル法定通貨のプロセスが世界的にスピードアップして導入されることになる」と言われているのです!

将来的に個人や企業が確実にオンラインウォレットを所有する時代がもう目の前まで行ってきているのです。

 

日本のデジタル通貨(日本銀行)

中央銀行の当座預金という既にデジタル化されている中央銀行の債務を、新しい情報技術を使ってより便利にできないかという議論もあります。

多くの主要中央銀行では、新しい情報技術を深く理解する観点から、調査研究や実証実験などの取り組みを行っています。

日本銀行では、欧州中央銀行と共同で分散型台帳技術と呼ばれる新しい情報技術に関する調査(プロジェクト・ステラ)を実施しており、その結果を報告書として公表しています。

日本銀行より抜粋

日本銀行でさえもこの様に「調査研究や実証実験などの取り組みを行っている」ということを公表しています。

「全面的にデジタル法定通貨導入のために全力を尽くして取り組んでいます!」とは国家戦略もあるので表立っては言えないけど、時代の変化に備えた通貨体制の変革に備えた準備を進めていることを公表しているのです。

すなわち、ブロックチェーン「暗号通貨」の可能性を正当に評価してドル中心の現物の国際通貨体制が変わる(紙幣の価値が下がりデジタル通貨の価値が上がる)節目にすぐに対応することができるように準備しているのです!

まさに今世紀最大のビックチャンス到来なのです!

 

アメリカ(米国)のデジタル通貨

 

現段階ですでに、米国が発行している仮想通貨ではないですが「Tether/USDT(テザー)」と呼ばれるドルに価値を合わせた仮想通貨が存在しています。

テザー(Tether/USDT)仮想通貨取引所・購入方法やウォレットテザー(Tether/USDT)は米ドルと連動している仮想通貨であり、ビードルと同等の価値を持つ仮想通貨であるので多くの仮想通貨取引所で...

↑「Tether/USDT(テザー)」は民間企業が発行している暗号通貨ですが、世に出回るTetherとUSD(ドル)の量を等しくし、ドルと価値が同一になるようにしている暗号通貨となっています。

仮想通貨の中では「投資対象ではない」通貨で、暗号通貨の基軸通貨として対応に利用され、値動きの激しい暗号通貨の中で「価格変動リスクが少ない通貨」として多くの人に利用されているのです。

「デジタル法定通貨ではないUSD」にも関わらず、しっかりと世の中のためになっているブロックチェーンが既に存在している中で「国家が発行するデジタル法定通貨」が誕生するとその他の暗号通貨も必然的に価格上昇起こしてくるのです。

「世界基軸通貨でもあるドル」になり変わる「デジタル法定通貨」をアメリカがその他の国に「先を譲る」と思いますか?

これらの流れにより、世界中の国々で国家としての戦略で「デジタル法定通貨」のための技術革新を急速に進めデジタル化によるパワーバランスを掴み取ろうとしているのです。

スウェーデンのデジタル法定通貨動向
【デジタル法定通貨】スウェーデンのe-krona/イークローナの未来国民所得が高く福祉にも手厚い国として認知されているスウェーデンがデジタル法定通貨「e-krona/イークローナ」の実証実験の準備を行って...

 

よくあるQ&A

 

デジタル法定通貨の意味がよく理解できません

デジタル法定通貨とは、誰もが24時間365日利用することができる決済手段の日本円という紙幣をデジタル化したもののことを指します♪

中央銀行のデジタル通貨のメリットは何ですか

海外送金にかかる時間と手数料の削減、偽造紙幣対策や脱税防止などに役立つ事が想定されています。

一番の問題となっているのがサイバー攻撃にどのように対処していくのかと言う点が大きな課題となっていますよ♪

暗号通貨のメリットは何ですか

ブロックチェーン技術により匿名性を確保することができるのでプライバシーを重視しながら安全性を向上させた取引を行うことができるのが最大のメリットです♪

その他にも従来の銀行取引と比較しでも、より早く、より効率的に処理することが可能で海外送金に関しては驚くほど簡単に処理することができますよ♪

 

まとめ

 

今回は「世界のデジタル法定通貨」の最前線についてお伝えしてきました。

今後、紙幣に取って代わりデジタル法定通貨が当たり前になる時代が始まろうとしています。

「どんな時代よりも資産を作りやすく」

「誰でも経済的自由を手に入れるチャンスがあり」

「世界中の人々が平等に教育を受けられ」

「望む未来を手に入れることができる」

暗号通貨にはこのような輝かしいチャンスが秘められています。

あなたもたった今から、暗号通貨投資をはじめてみましょう!

あと数年で驚くほど世界が激変する時代がやってきます。

その時あなたはどっちの側にいますか?

「困窮する系」

「全てを手に入れている系」

今ならまだどちらかを選ぶことができますよ♪

億り人専門学校オンラインサロン計画をしています♪

気になる方はこちらにメールアドレスの登録を済ませておいてくださいね♪


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です