仮想(暗号)通貨について

LINEの独自仮想通貨「LINK/リンク」購入取引所の解説!

LINE 独自の仮想通貨「LINK」がプラットフォーム上で使えるようになると暗号通貨ユーザーも劇的に増えることでしょう♪

モバイル決済のLINEPAYとの連携ができる点においても新たな可能性を秘めていて、日本における電子決済という概念がこれまで以上に広がるかもしれませんね!

今回は、LINE のプラットフォームを使った独自通貨の「LINK仮想通貨の特徴や購入方法」などについてお伝えしていきます。

実用性の高いサービスを実装したLINKの取り扱いが開始される前に入念に準備をしておきましょう♪

 

LINEの独自通貨/LINKの特徴

名称 海外:LINK(リンク)
日本:LINK Point(リンクポイント)
通貨単位 LN
発行上限枚数 10億LINK
半減期 有り
運営会社 LVC株式会社
住所 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
登録番号 仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00017号
特徴

「LINK」はエコシステムサービス(分散型アプリケーションdApp)を使用することで利用ユーザーが使用頻度や利用時間なのに応じたインセンティブをもらうことができるトークンです。

LINE利用者は、コンテンツをただ受け取るだけではなくソーシャルメディアでやレビューサイトなどにおいてコンテンツを生み出す生産者となりサービスの発展や成長に貢献しています。

そういったユーザーの貢献に対してインセンティブを還元する仕組みを提供して「サービス提供者と利用ユーザー」が一緒に成長しながら経済循環を生み出すことが目的とされている仮想通貨ということです。

 

LINEの独自通貨 LINK(LN)取り扱い取引所

取引所名 BITMAX(ビットマックス)
運営会社 LVC株式会社
取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • (予定)LN(リンク)
登録番号 関東財務局長第00017号

「LINK」は現在、日本人が利用することができない「BITBOX取引所」「BITFRONT取引所」でのみ上場されています。

※2020年5月18日現在では日本人ユーザーの取引ができません。

2020年4月以降にLINEが運営する仮想通貨取引所の「BITMAX取引所」にて上場予定となっているのでもうすぐ取り扱いが始まると思われます。

 

LINK仮想通貨のチャート

2020.5.18現在の価格は「0.00094992BTC/LN=$9.11」となっています。

2018年10月16日上場後から約2倍の価格に上昇しています。

 

まとめ

 

今回は「LINK仮想通貨の特徴や購入方法」などについてお伝えしてきました。

残念ながら今現在まだ購入することはできないのですがもうそろそろ「BITMAX」に上場する予定になっているので要チェックです!

LINEの株価の様に跳ね上がる可能性を秘めているのでぜひ上場の暁には少額投資から始めてみてください♪

 

soyu へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です