【DX化!】非対面型の営業やビジネスサービスの導入やマーケティング支援

新柄コロナウイルスの感染拡大の長期化により、零細企業から大企業まで現状の経営課題として「販路拡大」や「デジタル化で生産性向上・コスト削減」などの課題が浮き彫りになっています。

テレワークが当たり前になりつつあり、企業のデジタル化が急務となっている昨今あなたの会社は「新規顧客を獲得できない…」などの懸念はありませんか?

当サイト運営元は「テレワーク環境でも社内の意思疎通をスムーズに変え、非対面営業の効率化やサービスの販路拡大の支援や併走型のマーケティング支援事業」も行っています。

非対面営業が当たり前になろうとしている中、企業のDX化の「成功・失敗」を分ける重要な事柄も多くあるのでお気軽にご相談下さい!

 

中小企業のIT活用|DX化推進時の注意点

デジタル化の必要性は把握しているけど「何から手を付ければよいのか分からない…」という企業も多く、最初の一歩を踏み出すためにも予め注意点を把握しておくことは重要です。

  • IT活用はなんだか難しそう…
  • 自社のデジタル化戦略が立てられない…
  • コロナ鍋だからこそ活用できるデジタルマーケティングはどう進めるべきなのかわからない…

など、多くの不安点や問題点を抱えている企業も多く、今後の課題が多い企業もまだまだ多いのが実情です。

そんなIT活用したい企業が絶対に注意しておきたい内容が以下の通りです。

 

  1. 自社だけでデジタル化を進めるのは危険
    (デジタル化戦略は導入から結果が見える時期まで専門家と併走する必要がある)
  2. 予算が限られているなら「小さく始めて大きく育てる」昔ながらのやり方が安全
  3. デジタル化して一気に社内環境が変わるため業務プロセスは段階的進める方が良い
  4. 従業員への負担も考慮したマニュアル作成などの必要性もある
  5. デジタル化への課題を明確にして運用していく必要がある

 

上記の要件は、DX推進企業において必ず必要になってくる内容です。また、成功するためにも失敗を最小に留める上でも大切な内容となるため今一度ご確認しておきましょう!

DX推進することで、LINEアプリの様に「営業工程の見える化」や「データーログの活用」などが出来るようになります。

LINEのチャット内容のように、あなたの会社の「顧客データ」や「顧客獲得状況」などありとあらゆるデーターの管理も容易になり業務効率化もすることでしょう。

ですが良い点ばかりではなく、注意点を踏まえた上の導入検討する必要があり社内の新たな技術力を強化する上では慎重に進めるべき内容も多いのが実情です。

注意して進めるようにしておきましょう!

 

非対面型ビジネスサービス導入やDX化支援の進め方

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、単にITを取り入れるだけではなくビジネスの根本的な部分までデジタル化にすることも可能です。

デジタル化の前の現状分析から、掛けられる予算・導入範囲から行うことになります。

また、DX推進には既存事業のDX化と新事業のDX化でも違いが有り、いずれにしても「企画→開発→管理→分析」までの一連のフローを行う計画が必要があり、一つ一つ確実に進めていくことになります。

弊社のDX化支援サービスは、DX化後に自社の強みとなる併走型のコンテンツ制作支援も行っており、自社メディアによる資産構築のアウトソースも可能となっています。

当サイトは1年で月間3万人が訪れるサイトであり、運営ノウハウをすべてお伝えできます。御社の事業のデジタルマーケティグノウハウも一緒に手に入れて下さい!

現在、事業発展をパートナーとして全面的にサポートできる環境が整っているため、この機会に検討して下さい。

 

導入検討のお問い合わせはこちら

 

お問い合わせは、以下のフォームよりお願いいたします。追ってご連絡させていただきます。